【新テーマ「ふわんだりぃず」と相性の良いカードを考える】ドローもメタ札も選び放題!?

期待の新テーマ「ふわんだりぃず」と相性の良いカードを考えてみました。

特殊召喚を一切行わないって時点で強そうな印象はありますが、ドロー札は選び放題だし、メタ札はメジャー所からニッチな所まで選び放題だし、このテーマ、想像以上にやばいかも!?

可愛いふりして実は超凶悪!?「ふわんだりぃず」の特集記事、はじまりはじまり!

スポンサーリンク

ふわんだりぃずってどんなテーマ?

ふわんだりぃずテーマカード効果参照

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。このカードを手札に加える。
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 700/守1100
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守1300
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
効果モンスター星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。
効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。
フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。その後、見せたモンスターを召喚する。
(2):相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。
永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。
通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、このカードを除外して発動できる。相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

ふわんだりぃずと相性の良いモンスターカード

妖精伝姫-カグヤ

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手はそのモンスターの同名カード1枚を
自身のデッキ・EXデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。
墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

余った召喚権を使う先としてチョイス。①②効果共に名称ターン1が無い為、増えた召喚権でカグヤ召喚、カグヤ召喚、カグヤ召喚で3妨害…なんて事も可能。最後のサーチ先として《シラユキ》や《ラチカ》を採用するのもありかもしれない?

ディメンション・アトラクター

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

《次元の裂け目》や《マクロコスモス》が使えるテーマかつ、テーマ内で自分の墓地を除外できるのがポイント。条件が満たし続けるのであれば、間違いなく最強の手札誘発の一つとして君臨できるポテンシャルを持っているので、安定採用できるなら強そう。

霞の谷の巨神鳥

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2700/守2000
このカードの効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの「ミスト・バレー」カード1枚を対象として発動できる。その自分の「ミスト・バレー」カードを持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。

自身をバウンスして1制圧。手札に戻る事でアドバンス召喚の弾を常に握れるのもナイスシナジーしています。

虚無魔人

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1200
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。

展開の締めとなる制圧役として指しておくのはありかも?サーチするルートがあると良いけど、「ふわんだりぃず」の想定展開に差し込めるサーチルートは流石になさそう。

烈風の結界像

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いは風属性モンスターしか特殊召喚できない。

《ふわんだりぃず×ろびーな》でサーチできるレベル4・鳥獣族。烈風だけ酷使され過ぎ問題。

烈風帝ライザー

効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

《ふわんだりぃず×いぐるん》でサーチ可能な最上級鳥獣族。【ふわんだりぃず】は【帝】サポートカードとも一部相性が良いので、このカードを軸としたデッキは結構面白そう。フィールド2枚バウンス&墓地カードデッキトップバウンスは強力です。

ダーク・シムルグ

効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードが手札に存在する場合、
自分の墓地から闇属性と風属性モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
手札から闇属性と風属性モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
(4):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードをセットできない。

《ふわんだりぃず×いぐるん》でサーチできる最上級鳥獣族。①②効果による特殊召喚は困難ですが、【ふわんだりぃず】なら普通にアドバンス召喚出来るので問題なさそう。

地縛神Asllapiscu(アスラピスク)

効果モンスター
星10/闇属性/鳥獣族/攻2500/守2500
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが、
このカードの効果以外の方法でフィールド上から離れた時、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの数×800ポイントダメージを相手ライフに与える。

《ふわんだりぃず×いぐるん》でサーチできる最上級鳥獣族。《ふわんだりぃずと謎の地図》がフィールド魔法なので第一関門はクリア。展開するだけならかなり容易。

地縛神Wiraqocha Rasca(ウィラコチャラスカ)

効果モンスター
星10/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):「地縛神」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが召喚に成功した場合、
相手の手札の数までこのカード以外の自分フィールドのカードを対象として発動する(最大3枚まで)。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、戻した数だけ相手の手札をランダムに選んで捨て、
このカードの攻撃力は捨てた数×1000アップする。
(3):このカードは直接攻撃できる。
(4):相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(5):フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合にこのカードは破壊される。

《ふわんだりぃず×いぐるん》でサーチできる最上級の鳥獣族モンスター!フィールド魔法も持ってるし、実は真面目に相性が良い。先行でハンデスしたい人に特にオススメ!

ふわんだりぃずと相性の良い魔法カード

強欲で金満な壺

通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの
裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。
除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

エクストラに依存しないしドローできないデメリットも痛くない。《金満で謙虚な壺》も悪くない。

強欲で謙虚な壺

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中から1枚を選んで手札に加え、
その後残りのカードをデッキに戻す。

特殊召喚しないので文句なしの相性。

封印の黄金櫃

通常魔法
(1):デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、
この効果で除外したカードを手札に加える。

「ふわんだりぃず」下級モンスターを除外して回収に繋げたりできる。初動に噛む事ができるので腐り辛くてかなり優秀。《とっかん》で回収する下準備役としてもGOOD!

帝(みかど)魔法・罠

《帝王の烈旋》や《進撃の帝王》等、流用できるカードが結構豊富。『ふわんだりぃ帝』みたいなデッキがもしかしたら生まれる可能性もワンチャン!?

抹殺の指名者

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

《増殖するG》に対しては潜在的に強いテーマですが、《エフェクト・ヴェーラー》《無限泡影》《灰流うらら》は普通に苦手なので採用したい。腐りそうなら《ふわんだりぃず》魔法・罠カードを宣言して《ふわんだりぃず×とっかん》で回収するのもアリ。

サモンチェーン

速攻魔法
(1):同一チェーン上で複数回同名カードの効果が発動していない場合、
そのチェーン3以降に発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。

「ふわんだりぃず」最上級モンスターをアドバンス召喚する際に妨害を貰うと自然とチェーン3以降が巡ってくるので相性が良い。貫通札として補助的に採用するのは良いかも?

神鳥の霊峰エルブルズ

フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの鳥獣族・風属性モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):手札のレベル5以上の鳥獣族・風属性モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このターン、自分は鳥獣族モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。
(3):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
鳥獣族モンスター1体を召喚する。

専用フィールド《ふわんだりぃずと謎の地図》が相当強いので、リリースを1体少なくする部分に相当な魅力を感じないと採用自体が厳しいと思われる1枚。案として一応選出。

ワンチャン!?

通常魔法
(1):自分フィールドにレベル1モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキからレベル1モンスター1体を手札に加える。
発動後、このターン中に自分がこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しなかった場合、
エンドフェイズに自分は2000ダメージを受ける。

レベルの噛み合いは良いですが、召喚を連鎖していくデッキなのが悩みの種。
《ふわんだりぃずと謎の地図》でサポートしてあげるとかなりうまく使えるが、やはり最初動では使えないのがちょっと気になる。それでも全然採用圏内ではあると思います。

ジャック・イン・ザ・ハンド

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからカード名が異なるレベル1モンスター3体を相手に見せ、相手はその中から1体を選んで自身の手札に加える。自分は残りのカードの中から1体を選んで手札に加え、残りをデッキに戻す。

《ふわんだりぃず×ろびーな》を選ぶ相手はいないと思うので、第二候補以下のカードが手に入るカードと見た方が良さげ。手札状況次第で当たりが変わる1枚。

スローライフ

永続魔法
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分メインフェイズ1開始時にこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。
●モンスターを通常召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを特殊召喚できない。
●モンスターを特殊召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを通常召喚できない。

基本的に通常召喚しかしないので相手だけが困る。環境次第ではありますが、このカードで困らないデッキはそうそういません。

次元の裂け目

永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いの墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。

相手に対する強烈なメタを貼りながら自分たちの動きを円滑にできる超相性。苦手な《エフェクト・ヴェーラー》にも強く出れるのが嬉しい!

ふわんだりぃずと相性の良い罠カード

一回休み

永続罠
特殊召喚されたモンスターが自分フィールドに存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、特殊召喚されたモンスターは、
そのターン終了時まで効果が無効化される。
(2):効果モンスターが攻撃表示で特殊召喚された場合にこの効果を発動する。
そのモンスターを守備表示にする。

自分は一切特殊召喚しないので①②共に問題なし。守備化する事で《ふわんだりぃず×すのーる》による貫通も活きる!実際かなり強いと思うオススメの1枚。

マクロコスモス

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、
手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

自分たちの動きを阻害しない超強メタ札。使うと大体の相手が頭を抱えてくれるのでオススメ!《ふわんだりぃずと夢の町》が除外されるのが嫌なら《次元の裂け目》で!

虚無空間

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(2):デッキまたはフィールドから自分の墓地へカードが送られた場合に発動する。
このカードを破壊する。

「ふわんだりぃず」下級モンスターは勝手に除外される為、アドバンス召喚しても《虚無空間》が自壊する事がないという驚異の噛み合いを見せてくれます。最強最悪のコンボである「虚無マクロ」をするのも良いし、特別な理由がない限りは大体入る1枚でしょう。

魍魎跋扈

通常罠
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。モンスター1体を通常召喚する。

テーマの動きの補助用としてチョイス。実際に必要かどうかは怪しいですが、あって助かるシーンは割とありそう。テーマ外のモンスターを多めに採用するならバリューは更に上がりそう。

トラップトリック

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、
その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

《ふわんだりぃずと夢の町》を安定させるために採用が出来る。除外した分は《ふわんだりぃず×とっかん》で回収する事も出来るので無駄がありません。あと、《ゴッドバードアタック》や《ドラグマパニッシュメント》を採用するならそちらもアリ。

ドラグマパニッシュメント

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、対象のモンスターを破壊する。このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

盤面除去をしながら《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》の②効果に繋げる超絶シナジー!サーチ先はレベル1なので除外の数が足りないって事もほとんどないので安心。
リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/鳥獣族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで除外する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
除外されている自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数以下のレベルを持つ
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから手札に加える。

ゴッドバードアタック

通常罠
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

除去手段のかさ増しとして注目。展開によっては盤面に下級が残りがちだと思うので、除去手段として注目。《ドラグマパニッシュメント》とは選択になるかも?両方採用して《トラップトリック》するのもありかな?

発売日が楽しみになる新規テーマです

戦う前から滅茶苦茶うざそう(誉め言葉)なテーマですよねぇ…(;^ω^)

相性の良いカードを羅列するだけでこのヤバさなので、実際に対峙したら想像以上だろうなぁw

豊富なドロソ選択があって、両手に余るほどメタ札が豊富で、潜在的にGに強いって凄いなぁ…。

0

コメント

  1. 翼の恩返しとスワローで強謙と強金……これならエグゾ狙えるかね?

    0
    • スワローだけはふわん下級の効果外テキストと相性があんまし良くないですが
      ほか3枚は相性いいし面白い案だと思います
      …エクゾ側からするとそれでもちょっと不純物の量が気になりますねえ

      +1
  2. (スローライフ中)
    あらあら、特殊召喚が無効化されましたね。代わりに3回通常召喚権をくれてやろう、できないけどなw

    0
    • キングボンビーかな?

      0
  3. こういうテーマを見ると冥界の宝札使いたくなるけどわざわざ入れる必要はなさそうかな〜

    +1
  4. これ×の部分なんて読むんだろうか
    振り仮名も振ってないですし
    名称指定系カード面倒くさそう

    0
  5. 世の中のテーマは二種類…ふわんだりぃずと、ふわんだりぃず以外だ。
    ミラー戦は地獄を見そう笑

    0
タイトルとURLをコピーしました