《復活の福音》需要上昇中!理由はオルタナティブ再録による「ブルーアイズ」?「レッドアイズ」?

公開日: : 雑談

少し前に《強欲で金満な壺》の記事をUPしましたが、それと同時に《復活の福音》についてもご要望があったのでお伝えします。

最近やたら需要が上昇しまくっていると噂の《復活の福音》。しかし、こちらに関しては《強欲で金満な壺》ほど明確な理由が見当たらない…(困った)。

でも、たぶん「そうなんじゃない?」って候補はいくつかあるので、分からないなりにいくつかピックアップしてみました(苦肉の策)。

SPONSORED LINK

復活の福音

《復活の福音/Return of the Dragon Lords》 
通常魔法
(1):自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

収録:【SD-巨神竜復活】

理由1.オルタナティブ再録による需要アップ

「青眼」デッキ最大の障壁である《青眼の亜白竜》が再録されたのは大きな理由の一つではないでしょうか?

レジェコレで《青眼の亜白竜》ゲット⇒デッキ組みたい⇒復活の福音が無い……の流れ(妄想)。

あとはパーツが入手しやすくなった事で通常軸とMAX軸の両方を同時所持する青眼使いが増えたとか?…でしょうか?

理由2.亜黒竜の登場による「レッドアイズ」需要

もう一つ考えられるのが、《真紅眼の亜黒竜》の登場による「レッドアイズ」需要です。

……うーんでも、「レッドアイズ」って元々蘇生札が多いテーマですし、ガッツリ《復活の福音》を採用するイメージってあんまりないですね。

青眼程ではないにせよ、一応理由の一端ではある気がします。

最大の理由は再録が無い事!

「巨神竜復活」ってまだまだ最近のストラクってイメージですが、実はもう3年も経ってるんですよね…(白目)。

そろそろ再録しても良い頃合いだと思うんですが………(/ω・\)チラッ

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    福音もそうだけど強金も再録してくれ〜たぶん再録されるの2020年

  2. 匿名 より:

    昔は銀河眼に巨神竜混ぜてたけどフォトン新規が来たおかげで抜けていった福音を売る時が来たか

  3. ロマン派アクアアクトレス より:

    福音強いですよね…
    ただ、実戦で自分のハンドに来たことないんですよね…(((

    使われたらわかる

  4. H.T より:

    青眼や真紅眼もそうですが、正規召喚後の《Sin 青眼の白龍》などを蘇生できるのもあるのでは? 破壊も防げますし。
    正直、【20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION】でサイクロンとかを再録するなら、こういったカードを再録してほしかったです。

  5. 匿名 より:

    福音はリボルバーストラクで再録ありそう

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

「サイキック・リフレクター」ってホント強い!シンクロギミックで迷ったらとりあえずコレ!

【デッキの種】第6回は、シンクロ界の便利集団「バスター」ギミックに

リモートデュエルオペラ「孔雀舞役 七緒はるひ VS 城之内克也役 高橋広樹」開演!

https://youtu.be/nSJqh-IiBc4 待ちに

ホログラフィックレア「ラーの翼神竜」の詳細が公開!これは格好良い【冥闇のデュエリスト編】

https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO

隠れてるけど優秀な男「教導の天啓アディン」について|彼は実質ヒグルミですからねぇ(語り口調)

実は密かに使用者が増えているという陰の実力者《教導の天啓アディン》

【ロボッピの夢「機塊」カード効果考察】機械複製術等、クリマクス等の強力サポート併用可!相性の良い機械族テーマの選考が楽しい

『コレクションパック2020』に収録される「機塊」のカード情報が公

【遊戯王OCGイベント順次再開のお知らせ】6/1日から順次イベントが再開されるようです

新型コロナウイルスの影響で中止されていた遊戯王OCG関連イベント・

【ラーデッキの強みを考える】ラーの翼神竜-球体形(スフィアモード)が自然と収まる所に注目!蘇生連打も良いよね・・・

理想と現実の間で長年揺れ続けて来た《ラーの翼神竜》が、遂に飛翔する

「禁じられた一滴」の信頼感は異常!使ってみて実感する本当の強さ!前回の記事で紹介しきれなかった小ネタをご紹介

元々評価の高いカードではありましたが、使えば使うほどマジで強い事を

→もっと見る

PAGE TOP ↑