《アースゴーレム@イグニスター》の強さは本物!超融合戦術で相手のリンクやサイバース族を処理するのにも便利です!

公開日: : モンスターカード(融合)

イグニス界の優しさ担当、「アース」をイメージした《アースゴーレム@イグニスター》の特集です。

緩々な素材設定から繰り出される強力無比な3つの効果!

【@イグニスターデッキ】での活躍は勿論、ありとあらゆるデッキへの出張可能性を持つ逸材です。《超融合》戦術も含めて再チェックしてみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

アースゴーレム@イグニスターの効果

《アースゴーレム@イグニスター》 
融合・効果モンスター
星7/地属性/サイバース族/攻2300/守2000
サイバース族モンスター+リンクモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功したターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。
(2):EXデッキから特殊召喚されたモンスターをこのカードが攻撃するダメージステップの間、このカードの攻撃力は元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊された時、「アースゴーレム@イグニスター」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

収録:【イグニッション・アサルト】

EXデッキに入る「@イグニスター」は汎用性の高さが特徴ですが、融合モンスターである《アースゴーレム@イグニスター》も例外ではありません。

融合モンスターで汎用性が高い=《簡易融合》対応or素材指定が緩い(超融合)需要の二択が大体の相場ですが、今回は後者の《超融合》需要でございます!

サイバース族+リンクモンスターという緩い素材指定:超融合上等

まずは『サイバース族モンスター+リンクモンスター』という素材指定について見て行きましょう。

この指定の凄い所は、いずれの素材も自前のエクストラデッキから簡単に用意できてしまう上に、相手の使用頻度も非常に高い所にあります。

相手がサイバース族を使わないデッキだった場合も、自前でサイバース族を用意して相手のリンクモンスターを拝借。仮にサイバース族デッキだった場合は、相手のフィールドのみで《超融合》する事も視野です。

《超融合》需要カードは他にも強いカードがごまんとありますが、このカードもそれに引けを取らない逸材ではないでしょうか?

自分が受ける全てのダメージを0にする絶対防御!

「@イグニスター」デッキだと相手ターンに融合召喚する事は困難ですが、上記で紹介した《超融合》展開なら相手ターンダメージカットも割とある話。

戦闘・効果を含む全てのダメージが0になるってのは結構な防御性能ですし、②効果(打点アップ)が適用されない相手モンスター相手に自爆特攻(③効果に繋ぐ為)を仕掛ける際にも重宝します。

最近は甘い妨害を余裕で踏み越えて来るハードパンチャーデッキも多いですし、雑にダメージを完全カットできるのは正直ありがたいです。

攻撃的にもなれる打点アップ効果!

打点アップはチェーンブロックを作らない効果なのがとっても優秀!

これなら発動にチェーンして無効される心配もありませんし、ダメステに勝手に適用されるので安定感は凄まじいものがあります。

ターン1制限も無いので連撃とか付与できるとガンガン打ち込みに行けるのが素敵ですね。

元々の攻撃力分アップと言う事は、元々の攻撃力を変動させるようなカードと併用すると面白い事になるなぁ…。

自爆特攻上等!サイバース族汎用蘇生で死角無し!

《双穹の騎士アストラム/Mekk-Knight Crusadia Avramax》 
リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
EXデッキから特殊召喚されたモンスター2体以上
(1):リンク召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力分アップする。
(3):リンク召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 

墓地のサイバース族モンスターを完全蘇生できるのも素敵!

効果も無効にならない為、色んなサイバース族が蘇生候補として想定できます。

リンクモンスターもOKってのがとにかく便利!アストラムの場合は①効果だけがちょっとかみ合わない感じになります。

「@イグニスター」デッキだと各種「@イグニスター」の特殊召喚誘発に繋げて便利なのよね。

「@イグニスター」での活躍も素晴らしい!

《Ai融合》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、サイバース族の融合モンスターによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。自分の「@イグニスター」モンスターを融合素材とする場合、相手フィールドのリンクモンスターも1体まで融合素材とする事ができる。

 

「@イグニスター」だとこのカードがあるのが滅茶苦茶デカイ!

サーチも《ドシン@イグニスター》で簡単にできますし、融合モンスターを展開する事で先手役の要である《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》の出力向上にも繋げて良い事尽くめ!

《超融合》の様に相手の場だけで融合は出来ませんが、サーチ可能なカードで相手フィールドをリソース化できる融合札はかなりのやり手だと思います。

融合先の選択肢自体はそこまで多くありませんが、一体一体がそれぞれ粒揃いと言った印象です。

サイバース・クロック・ドラゴン

「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上

転生炎獣ヴァイオレットキマイラ

「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスター

ダイプレクサ・キマイラ

サイバース族モンスター×2

 

こうやって見比べると《アースゴーレム@イグニスター》の素材指定が如何に緩いかが分かりますね。

「@イグニスター」以外でも活躍できる逸材です

一番使われるのはやっぱり「@イグニスター」でしょうけど、それ以外のデッキでの採用にも耐えうるカードではないでしょうか?

レアリティやビジュアルだけで見ると結構地味めなカードだと思うので、ノーマークだった人はこの機会に是非チェックしてみて下さいまし!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ファイアウォールドラゴン@イグニスター
    遊作とAiの絆のカードですかな

  2. cast より:

    ダークフルードの名前が謎の新モンスターの名前になっていたので修正しました(;^ω^)

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード効果考察】HERO相手に超融合しよう(提案)!【エクストラ・ブースト&連撃を再現した効果です】

『プレミアムパック2020』に収録される《鋼鉄の魔導騎士-ギルティ

【@イグニスター】Ai-コンタクト、Ai-Qの効果について考える:パッと見強そうだけど本当に強いのか否か

2020年1月11日発売『エターニティ・コード』に収録される「Ai

【ジ・アライバル・サイバース@イグニスター効果考察】ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードとどっちを優先すべき?

2020/1/11日発売『エターニティ・コード』に収録される新カー

【デュエルリンクス】未OCGカード「カイトロイド」実装:そのままの効果でキタ!

遊戯王デュエルリンクスで現在開催中の『ビンゴミッション』にて、

【LVP3】昨日公開された新規リンクモンスター効果まとめ・一口解説:未判明枠は残り1枚となりました!

ここ連日の情報解禁ラッシュはマジで加減知らずでしたね…(;^ω

【LVP3速報】「まやかし」リンク《零氷の魔妖-雪女》収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

【LVP3速報】「シムルグ」リンク《王神鳥シムルグ》収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

【LVP3速報】「デクレアラー」リンク《虚光の宣告者》(ミラージュ・デクレアラー)収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

→もっと見る

PAGE TOP ↑