【コレクターズパック運命の決闘者編・コピーキャットもカード化決定デース】何でも相手の墓地から奪えるのデース!

DSCF3316

「コミックハンド」に続き「コピーキャット」もカード化が決定。これは完全に追い風きてますぞ!

しかも想像以上に効果が強力だ!

昨日の時点で判明していたのに、なぜ、今になって記事にしたかって?
単純に見逃していたからなのだ!デデーン…。

コピーキャット

copy

通常魔法
「コピーキャット」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「トゥーン・ワールド」及びトゥーンモンスターが存在する場合、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。そのカードがモンスターだった場合、そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。そのカードが魔法・罠カードだった場合、そのカードを自分フィールドにセットする。

効果①:相手墓地のカードをコピーする(奪う)!

自分フィールドに「トゥーン・ワールド」及びトゥーンモンスターが存在する必要がありますが、相手墓地のカードを種類を問わずに奪取できるのは間違いなく強力!モンスターはそれこそそのまま問題なく利用できますし、汎用性の高い魔法・罠に関しても同様ですね。

また、専用サポート魔法や罠などの類も最近では簡単に回収されたり墓地からの発動される危険性もあります。利用せずとも幽閉目的で自分フィールドにセットするってのも一つの手だと思います。

ボスキャラらしいデッキになりつつある!

world

「トゥーン・キングダム」、「トゥーン・サイバー・ドラゴン」、「コピーハンド」、そして今回判明した「コピーキャット」などの新規カードの登場で、間違いなく《トゥーン》デッキは強化されるはずです。

ペガサスは「デース」や「マース」などの独特なしゃべり方の影響でネタキャラという印象が強い部分もありますが、主人公達の前に立ちはだかるボスキャラであった事は紛れもない事実です。(独特なしゃべりも人気の理由ですけどね。)

やはり、一原作ファンとしては「ボスキャラのテーマはそれなりの実力を持っていてほしい」ってのが本音です。(サウサクみたいに使えなくなるのも駄目だけども…。)

これをきっかけに《トゥーン》がどこまで上り詰める事が楽しみです。

Amazon:トゥーン

コメント

  1. 大昔に発売したSDペガサス編3つ買っといて良かったぁ!と心の奥から喜んでいる私です。
    トゥーンを使うにあたってやはり課題になってくるのは召喚酔いですよね。
    やっぱりトゥーンモンスターが増えても最終的アタッカーはトゥーンBMGになりそうな予感です。

    • トゥーンBMGはやっぱり優秀ですからねェ~
      サプライズで何かトゥーン化されないかしら…

  2. サウサクもエラッタ釈放かトゥーン・サウザントアイズとして登場してほしいところです
    コミカルで分りやすい効果だけどえげつないという原作のペガサスのカリスマ性が良く出てるテーマになりそう

    • 「コミカルでわかりやすい効果だけどえげつない」とても的確だと思います。
      ペガサスは人気キャラだし、テーマも活躍してほしいです。

  3. 2~3年前ぐらいだったら産廃効果だった。
    マジで原作再現は今の時期が一番いい!(シザーベアとライズファルコンに目を背けながら)

    • 確かに最近のアニメ系カードは再現度が高いうえに強力なものが多いですよね。
      いい時代になったものです。

  4. 英語版ではCopycatがものマネ幻想師に取られているので、どんな名前になるのでしょうね
    ちょっと気になります

    • そういえばそうでしたね。
      どうなるんだろう…

  5. サクリファイスといいペガサスは相手のカード奪っておちょくるのが好きなようですね

    • そういえば相手のカードを封印したり奪取したりするカードが多いですね。性格的にも無邪気だけど冷徹という二面性を持っているキャラクターでちょっと掴み所がないっですからねぇ~、トリッキーな戦略がピッタリハマッているとは思います。

  6. トゥーン·アンティーク·ギアゴーレム「···」

    • 忘れていたわけではないノーネ!
      「トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム」にもガッツリ期待してますよ!

タイトルとURLをコピーしました