《機関重連アンガー・ナックル》の使い方・効果考察:《スキドレ》強制遮断!《緊急ダイヤ》《臨時ダイヤ》をフィールドからコストにするのオシャンティー

公開日: : 最終更新日:2018/11/22 LVP2

『リンク・ヴレインズ・パック2』の特集記事第12弾は、「DP」に引き続き強化される「列車(れっしゃ)」待望のリンクモンスター《機関重連アンガー・ナックル》についてです。

本当ならもっと前にUPするはずだった記事ですが、ここ最近の怒涛の情報公開ラッシュで随分と後回しになってしまいました。

発売日まであと3日、残りの新規全ての特集記事を出し切る事が果たして出来るのでしょうか?(不安)

SPONSORED LINK

機関重連アンガー・ナックル

《機関重連アンガー・ナックル》
リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:右/下】
機械族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。このカードはリンク素材にできない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の機械族・レベル10モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。

 

《機関重連アンガー・ナックル》 のココが凄い
  • 自身を墓地に送る事で《スキドレ》下でも遂行可能な①効果
  • 手札・フィールドのカード1枚という緩々コストで発動できるセルフ蘇生
  • ①②効果はいずれか1つ!
  • ①②による墓地送りはコストです。

機械族・レベル10限定蘇生!専用色は強いが何かと便利!

深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト スーパーレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp013

蘇生範囲は限定的ではありますが、テーマ内のモンスターは基本的に該当(一部例外アリ)しているので安心。

融合やシンクロモンスターなども正規召喚していれば特殊召喚可能な為、《エルシャドール・シェキナーガ》や《超重荒神スサノ-O》等のテーマ外モンスターも蘇生する事が出来ます。

遊戯王/エルシャドール・シェキナーガ(レア)/LINK VRAINS PACK

特に《エルシャドール・シェキナーガ》は、列車+シャドールの「列車ドール」が存在するだけに影響は大きそうです。

※シャドールモンスター(メインに入る)は効果で墓地に送られないと駄目なので、アンガーナックルの①②効果で墓地に送っても効果は誘発しません!ご注意ください。

他にも《壊星壊獣ジズキエル》 、《サイバー・エンド・ドラゴン》等、意外な対応モンスターがいるので探してみると面白いのではないでしょうか?

また、①効果は自身をコストにして効果を発動する事も可能です。

《スキルドレイン》適用下でも効果遂行出来たり、相手の対象をとる効果にチェーンしてサクリファイスエスケープ発動したりと、器用なムーブが出来るのも素敵ポイントの一つですね!

②の蘇生効果はコストが非常に緩い!

緊急ダイヤ スーパーレア 遊戯王 デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編4 dp21-jp037

①のコストはモンスター限定ですが、②のセルフ蘇生効果はモンスター以外でもOK(何でもOK)。

手札だけでなくフィールドからもコストを供給できる為、フィールドにセットした《緊急ダイヤ》や《臨時ダイヤ》を墓地に送って②効果を狙う事も可能。

その他だと、ジャマになってしまった《スキルドレイン》、墓地効果狙いの《掃射特攻》等、相性の良いカードは結構多そうです。

1ターン中に発動できる効果はいずれか1つのみ!

セルフ蘇生したターンに更に蘇生効果ってのは流石に暴力的過ぎるので、それぞれの効果はいずれか1つのみ発動できるよう調節されています。

結構間違いやすいポイントだと思うので、ご使用の際や対戦のシーンで間違えが無いようにお気を付けください。

②効果で《スキドレ》剥して蘇生するのお洒落っすね

自身をコストにすれば《スキルドレイン》に阻害されないし、更に邪魔になったら②効果で強制OFFに出来るのが素晴らしいです。

状況に応じて《スキルドレイン》を巧みにコントロールするのお洒落だわ…。

LVP2収録テーマ(リンク)
カオソル サンダードラゴン パーシアス DD(ディーディー) エーリアン
ドラグニティ ハーピィ 魔弾 六武衆 列車
SR RR 堕天使 HERO 極星
スクラップ 蟲惑魔 PSYフレーム 幻影騎士団 炎星
遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK 2 BOX
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2018-11-23)
売り上げランキング: 4

 

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    惜しむらくはジャガーノートが当たらなかった事!買いに行ったけどどこにもなかった(泣)
    改めて列車とシャドールの相性の良さを見せつける一枚ですね
    自己蘇生しつつシャドール効果も狙えるし、リンク先を増やすのも列車よりシャドールにとって嬉しい事だと思いますし
    もしかしてシャドールネフィリムより便利?

  2. 通りすがり より:

    シャドール発動?
    融合体を墓地に送って蘇生するのは流石に重すぎるのでは?
    機械族×2の縛りを考慮しつつ、シャドール混ぜるのはキツイ印象があるので列車ドールより純列車の方が警戒度高いと思ってます

    • のー より:

      手札のシャドールを墓地に送って、蘇生してシャドールの効果を発動させるってことじゃないですかねー。

      しかし、新規入れて妨害入れるとシャドール枠がしんどいですね、列車は純で組めるようになったから、純でいいかなーと個人的には。

      デッキ融合は魅力的ですけどね!決まれば強いが事故にもなるしうーん。
      回してみて探りたいですね!

  3. 匿名 より:

    手札に来てしまったシャドールを使うんじゃないですかね

  4. cast より:

    シャドールモンスター(メインに入る)は効果で墓地に送られないと駄目なので、アンガーナックルの①②効果で墓地に送っても効果は誘発しません!ご注意ください。

    • 匿名 より:

      融合素材=コスト=コストでもシャドール効果発動可能という認識でした
      普段、融合をしないが故に間違って覚えてました

  5. 匿名 より:

    シャドールは効果で墓地に送ることとコストで墓地に送るの違いを学ぶ良い機会
    関係ないけど最近は彩雛が名称制限無い効果コストの墓地送りで悪さしてますね

  6. H.T より:

    大量の新規リンクモンスターの記事の作成、お疲れ様です。
    今回、「古代の機械」テーマが結局なかったので、他のリンクモンスターを使いたいのですが、「機関重連アンガー・ナックル」だと、レベル10限定の効果なので、融合後の《古代の機械究極巨人》や《古代の機械混沌巨人》では融合召喚しか特殊召喚できないため、使えないのが厳しいですね。
    やはり、今回のパックはテーマ限定の効果に絞ったみたいですね。
    まぁ、悪さしないのが一番ですしね。少し物足りない気もしますが…。

    • 匿名 より:

      アンティークギアならVジャンプ付録のプラチナガジェットが相性いいかと
      飛竜や素体を展開したり、熱核竜や巨竜のリリースに自身やリクルートした各種ガジェットを使ったりできますよ

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

《ルドラの魔導書》再録!再録です!魔法使い族デッキ汎用ドロー札【リンクヴレインズパック3】

11/23日発売『リンク・ヴレインズ・パック3』にて、「魔導書

【リンクヴレインズパック3新カード効果一口解説】ユニオン・キャリアーに大注目!ギャラクシーや破壊剣で使えるね!

2019年11月23日(土)発売『リンク・ヴレインズ・パック3

【シャドールストラク新情報】新カード《聖なる影ケイウス》《影霊の翼ウェンディ》《影光の聖選士》の効果が公開されました!

2019年12月7日(土)発売『ストラクチャーデッキ リバース・オ

【今一番再録してほしい汎用カードは何?】もう一度《無限泡影》を再録してくれないでしょうか?

定期的にやってくる願望垂れ流し記事! 今回は、「今、一番再録

【シャドールストラク収録カード新規・再録効果まとめ】闇属性以外のシャドールモンスターカモン!【リバース・オブ・シャドール】

本記事は、12月7日発売『ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シ

【E・HEROリキッドマン】と「D-HERO」は相性抜群!フュージョン・デステニーから入れば初動に使えます!

《E・HEROリキッドマン》の登場で手持ちの「D-HERO」を少し

【超魔導師-ブラック・マジシャンズのドロー効果処理について】「魂のしもべ」や「黒の魔導陣」でトップ操作してからドローできるよ!

《超魔導師-ブラック・マジシャンズ》の効果処理で押さえておいた

【デュエルリンクス】新パック「エアリアル・アサルト」注目カード:このBF強化はマジもんですわ

リンクス最新パック『エアリアル・アサルト』の注目カード記事です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑