【マスターデュエル】ダイヤ1達成『イビルツイン』デッキレシピ紹介

『マスターデュエル』のランク戦でダイヤモンドTier1を達成したデッキをご紹介!

今回ご紹介するのは、《Evil★twinsトラブル・サニー》で強化された【イビルツイン】デッキ!

《Evil★twinsトラブル・サニー》の追加によって、【イビルツイン】最大の課題であった打点不足を一気に解決!ついでに対象をとらない墓地送り効果までゲット!こいつはマジで強いぜ!

スポンサーリンク

ダイヤモンドTier1達成『イビルツイン』デッキレシピ

メインデッキ
1枚:エフェクト・ヴェーラー
2枚:増殖するG
3枚:Live☆Twinキスキル
3枚:Live☆Twinリイラ
1枚:Live☆Twinリイラ・トリート
1枚:Live☆Twinキスキル・フロスト
3枚:灰流うらら
1枚:アーティファクト・ロンギヌス
1枚:Evil★twinsキスキル・リイラ
1枚:原始生命態ニビル
1枚:ハーピィの羽根箒
3枚:強欲で貪欲な壺
1枚:ライトニングストーム
3枚:シークレット・パスフレーズ
3枚:Live☆Twinトラブルサン
2枚:墓穴の指名者
3枚:抹殺の指名者
3枚:禁じられた一滴
1枚:Live☆Twinエントランス
3枚:無限泡影
EXデッキ
1枚:神騎セイントレア
1枚:ダウナード・マジシャン
1枚:アーゼウス
1枚:スプラッシュメイジ
3枚:Evil★Twinキスキル
2枚:Evil★Twinリィラ
1枚:トロイメア・ユニコーン
1枚:トランスコード・トーカー
1枚:アクセスコード・トーカー
3枚:Evil★Twinsトラブル・サニー
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

はい。オーソドックスな【イビルツイン】って感じですね。別段特筆することもあんまりないんですが、各カードの採用枚数・採用理由などについてちょこちょこと語ってみようと思います。

メインデッキについ

エフェクト・ヴェーラー、無限泡影
【ふわんだりぃず】【勇者】の台頭を想定し、それぞれ1,3で採用しています。ヴェーラーはもう少し厚く積んでも良い印象もありますが、今回はデッキを40枚に収める為に1枚となってます。無限泡影なら自分ターンの開幕に使っていくこともできるので、採用枚数自体は泡影優先ですね。
増殖するG
【ふわんだりぃず】があまりにも多かったので採用枚数を減らしています。《抹殺の指名者》で指名する用に最低1枚はデッキに残しておきたいので、削るとしても2枚が最低ラインだと思います。
効果モンスター
星2/光属性/水族/攻 500/守 0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドに「イビルツイン」モンスターが存在し、
相手がカードの効果でデッキからカードを手札に加えた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
リィラトリートとキスキルフロスト
フロストの枚数って人によって本当にまちまちなんですが、初手事故を回避する為に今回は1枚に抑えました。でも、2枚あった方が良いなーってシーンは極めて多いので、ここは好みですね。トリートは特別な理由がない限りは1枚で良いと思います。あと、プレイング面での捕捉になりますが、初動でリンク展開ができるなら極力フロストを墓地へ、それ自体が怪しい場合は本体をリクルートするようにした方が良さげ。トリートとフロストはヴェーラーや泡を食らった際の貫通用で使うので大切に運用しましょう。
Evil★twinsキスキル・リイラの採用について
不採用の人も多いカードですが、トラブルサニーの墓地効果をフィールドレスで使えるのは本当に魅力的。これを採用していることでデスフェニを安全に処理できた試合は数知れず。本来なら詰みかねない《スキルドレイン》の突破などにも一役買ってくれるので、コストとして本当に頼りになってくれます。場に展開すること自体はあまりありませんが、個人的には採用派。
効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):相手ターンに、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。
アーティファクト・ロンギヌス
環境的にめちゃくちゃ強い1枚。【ふわんだりぃず】や【勇者】(水遣い)に対する抑制になる他、各種壺、イビルツイン側が苦手とする《墓穴の指名者》等々、ありとあらゆるものに刺さります。刺さるかどうかは相手次第ですが、ドローフェイズまたはスタンバイフェイズの先撃ちオススメ!
墓穴と抹殺
《増殖するG》がとにかく重いデッキなので、何としても通してはならない!とにかく《墓穴の指名者》と《抹殺の指名者》を常に握っておきたい。

エクストラデッキについて

セイントレアダウナードアーゼウス
キスキルとリィラで《神騎セイントレア》をエクシーズ召喚し、そのまま戦闘破壊耐性を武器にバトル!メインフェイズ2に《ダウナード・マジシャン》を重ね、更に《アーゼウス》を重ねる事で4素材アーゼウスの出来上がり!制圧系・罠大盛り系デッキを穿つ為の一撃で、【イビルツイン】側の構造でどうにもならないときに使います。あるとないとでは勝率に大きな差が出るセットです。
スプラッシュメイジトランスコードトーカー
枠が余ったので採用したギミック。手数を抑えながらリーサル打点を出したいときに使うことが多い。必須枠ではないので他のEXを採用しても問題なし!
トラブルサニーは最低2枚・出来れば3枚欲しい所
1ターンに1枚、多いときには1ターン中に2枚消費することもザラにある為、ここはできれば3枚欲しい所。2枚でも回せないことはないですが、個人的には3枚推奨。

苦手なデッキ・カード

墓穴の指名者
リリース発動した《Evil★twinsトラブル・サニー》に直撃を食らうと大惨事。《アーティファクト・ロンギヌス》や《抹殺の指名者》でしっかりとケアしていきたい。
増殖するG
通してしまう=展開の終わり。絶対に食らってはいけない1枚。《墓穴の指名者》《灰流うらら》《抹殺の指名者》の計8枚体制でしっかりとケアしていこう!
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「イビルツイン」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
▲ニビルを投げられた際の立て直しに重宝します
原始生命態ニビル
展開に手数を有するデッキなので、ニビルは天敵中の天敵。《抹殺の指名者》で宣言したり、《Live☆tiwnエントランス》で貫通したりできることが結構重要。今回は不採用ですが、罠カードの《Evil★twinチャレンジ》もケア手段として優秀なのでオススメ!
あと、これは細かいプレイングの話になりますが、先攻展開で《Evil★twinキスキル》から展開した場合、5手目がちょうど《Evil★twinリイラ》の展開になるので、そのタイミングでチェーン確認をONにしておくことを推奨。こうする事で相手がニビルを持っていたとしてもキスキルのドローまではちゃんと通せるようになるので超重要。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

今期環境は【ふわんだりぃず】と【勇者】の2つが中心なので、基本的には【イビルツイン】はチャレンジャーといった立ち位置です。この二つにどうしても勝てない場合は、《アーティファクト・ロンギヌス》や《ライトニングストーム》の枚数などを調整してみてください。

動画もよろしくお願いします!

【遊戯王マスターデュエル】イビルツイン(トラブルサニー入り)デッキの紹介解説!勝率UPのためのプレイングや構築のポイント【ゆっくり解説】
実際にランク戦で対戦している状況を動画にまとめているので、そちらもチェックよろしくお願いします。面白かったらグッドボタン&チャンネル登録もよろしく( `ー´)ノ
+2

コメント

タイトルとURLをコピーしました