【マスターデュエル】電脳堺(でんのうかい)の倒し方・対策札|VFD朱雀の恐怖!

『遊戯王マスターデュエル』向け(BO1)の【電脳堺|でんのうかい】対策・攻略法を徹底解説!

『遊戯王マスターデュエル』のランク戦環境で流行っている【電脳堺】の対策・攻略法を解説有効な対策札を、初心者でも分かり易いように要点だけを掻い摘んで解説しています。

今回は《灰流うらら》のあて所についても触れているので、そちらも併せてチェックしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

電脳堺(でんのうかい)の倒し方・対策

電脳堺(でんのうかい)の特徴を知る

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、
宣言した属性の相手モンスターは攻撃できず、効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

【電脳堺】と言えば、やはり《真竜皇V.F.D.|ザ・ビースト》!

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
除外されている自分の「電脳堺」カード2枚を選んでデッキに戻す(同名カードは1枚まで)。
その後、対象のカードを破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「電脳堺」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルまたはランクをターン終了時まで3つ上げる、または下げる。

フィールドのモンスター属性を支配し、モンスター効果の発動・攻撃を抑制し制圧する存在である《真竜皇V.F.D.》を安定供給し、後ろに恒久的に使える1妨害《電脳堺門-朱雀》を構える。

シンクロ・効果モンスター
星9/風属性/サイキック族/攻2800/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドから墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):自分のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
除外されている自分または相手のモンスター1体を選んで墓地に戻す。
(3):このカード以外の、元々の種族・属性が異なるモンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

脇を固めるモンスター群も強力で、中でもフィールド限定《マクロコスモス》を涼しい顔してやってくる《電脳堺狐-仙々》には要注意!

展開力・持久力・除去能力・制圧能力の全てを併せ持つ環境の覇王的存在だ!

【電脳堺(でんのうかい)の特徴】
・特殊召喚しまくる(増殖するGが刺さる)
・サーチ&ドローを多用する
・除外をうまく使いこなす(除外対策が刺さる)
・ただし要所を除外されるのは苦手(DDクロウなどが刺さる)
・幻竜族、サイキック族の2種族構成。エクストラデッキの種族も多種多様
・多彩なシンクロ・エクシーズで対応力も意外と広い
・「電脳堺」モンスターの効果にチェーンして対象を除去されるのが苦手(盤面を触れるフリーチェーンのモンスター・魔法・罠除去効果が苦手)。
・《真竜皇V.F.D.》を立ててくる
・《電脳堺門-朱雀》を維持する事で安定した表側限定の除去能力を獲得する

先攻でとれる対策

マクロコスモス

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、
手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

「電脳堺」モンスターの手札効果を阻害する有効な1手。
一応、《マクロコスモス》適用下でも「電脳堺」モンスターの効果を発動する事自体は出来るんですが、墓地にカードを送る事も特殊召喚する事も出来ない為、相手の動きを止める有効打になります。ただ、《電脳堺門-朱雀》で割られる可能性は十分にあるので過信は禁物!
詳しくは《マクロコスモス》のQ&Aにて

バージェストマ・ディノミスクス

通常罠
(1):フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のカードを除外する。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

「電脳堺」モンスターの手札効果は、対象にとったカードが処理時に存在しない場合、処理を行えないという虚弱性を持っています。
除外である《バージェストマ・ディノミスクス》なら、各種「電脳堺門」の墓地効果を素材する事も同時に出来るので良い事尽くめ!
【電脳堺】対面における基本として、「電脳堺」モンスターの効果にチェーンして対象としたカードを除去する・除去するなら除外が良いというのが挙げられる為、とにかく盤面に干渉(除去)できるカードが優先される傾向にあります。

群雄割拠

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の種族のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの種族が2種類以上の場合には
1種類になるように墓地へ送らなければならない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

【電脳堺】は、チューナー側は幻竜族、非チューナー側がサイキック族という性質を持つデッキであり、更にこの2体を使って別の種族を展開するルートも多用する為、①種族の枷を敷く《群雄割拠》はかなり刺さります。

サモンリミッター

永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのプレイヤーは1ターンに合計2回までしかモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

2回の展開では大した事が出来ないので、これはかなり効果的!
自分にも刺さるデッキには採用し辛いのが玉に瑕。

王宮の鉄壁

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにカードを除外できない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

「電脳堺門」効果、仙々、凰々等、除外できないのは【電脳堺】にとってはかなりの痛手です。ただし隙を見せると《電脳堺門-朱雀》で割られるので過信は禁物。

激流葬

通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

大量展開で気持ちよくなっている所にドカン!
発動タイミングの見極めは必要ですが、要所にあてる事が出来れば致命的な一撃をお見舞いできます。何度も対戦して一番嫌がる所を見極めましょう!

ミラーフォース系

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

盤面への干渉能力が《電脳堺門-朱雀》に若干依存している為、表側表示以外のカードを除去するのが意外と苦手な一面を持っています。EXデッキ側のカードで処理される可能性は高いですが、良い感じに隙を突けばワンチャンある事は意外と多いです。

メンタルドレイン

永続罠
1000LPを払ってこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに手札のモンスターの効果を発動できない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

手札のモンスター効果を発動できない=全員黙る!
かなり先攻に寄せたメタカードではありますが、かなり効果的な1手です。エルドリッチの除去効果や鉄獣戦線の一部効果も同時に見れるので、環境的にマッチしているメタ札かもしれません。

王家の眠る谷-ネクロバレー

フィールド魔法
(1):フィールドの「墓守」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いに墓地のカードを除外できず、墓地のカードへ及ぶ効果は無効化され、適用されない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

「電脳堺門」の墓地効果、老々の動きを阻害できる。役割としては《王宮の鉄壁》に近い印象。噛み合うとマジで何も出来ない刺さりっぷり。

後攻からの対策

増殖するG

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

特殊召喚しまくるテーマなのでぶっ刺さります。このドローで展開妨害や盤面突破ができる有効札をしっかりと引き込みたい所(願望)。お祈りしながら投げましょう!

オススメ度(高)

灰流うらら

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

うらら一枚で安心できるようなデッキでは無いですが、当たり所が良いと黙ってくれることもそこそこあります。《増殖するG》で引き込むカードとしてはそこそこ悪くないので、当て所を覚えておきましょう!

灰流うららの投げ所:対電脳堺(でんのうかい)編
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1600/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる
「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
その後、対象のカード及び墓地へ送ったカードとは種類が異なる
「電脳堺媛-瑞々」以外の「電脳堺」カード1枚をデッキから手札に加える事ができる。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。
チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 500/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。
《電脳堺媛-瑞々》
展開・墓地肥やし・サーチを同時に行う怪物。とりあえずここに撃っておけば問題ない!と断言してもいい位に強いカードです。
【裏目】
フィールドにモンスターがいない状態で使ってくることが多い為、常に《psyフレームギア・γ》の存在がチラつく。ここに投げたうららにγを当てられると流石にキツイ!

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「電脳堺門」カード1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
その後、自分フィールドの「電脳堺門」カードの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2枚以上:このターン、自分フィールドの「電脳堺」モンスターの攻撃力は200アップする。
●3枚以上:自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
●4枚:EXデッキから「電脳堺」モンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守1500
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。
《電脳堺都-九竜|ヂウロン》
3枚以上の効果が《灰流うらら》の効果範囲に該当する為、実は①効果の発動に《灰流うらら》を発動する事が出来ます。初動の安定・朱雀の供給に寄与するカードなので、ここに思い切って投げてしまうのもあり。
【裏目】
相手のハンド次第では何事も無かったかの如く動かれます。祈れ!
この通り、何処に投げてもある程度裏目があるので、相手の動き等を見て一番投げられたくない所を見極める他ありません

屋敷わらし

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《電脳堺門-玄武》墓地効果、《電脳堺姫-娘々》、《電脳堺悟-老々》《電脳堺狐-仙々》等の効果を無効にすることができます。《増殖するG》に対する《墓穴の指名者》等を弾く事も出来るので、少量採用すると良い仕事してくれます。

スカル・マイスター

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

各種「電脳堺門」の墓地効果、《電脳堺姫-娘々》効果、《電脳堺狐-仙々》等をまとめて見れるナイスガイ!ややマイナー寄りな手札誘発ですが、彼はかなりやれる男です。

ドロール&ロックバード

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

【ドライトロン】程ではありませんが、【電脳堺】もサーチ・ドローを重ねがちなので刺さりは良いです。
自分の《増殖するG》も取り締まるので、そこには要注意!

オススメ度(高)

原始生命態ニビル

効果モンスター
星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が5体以上のモンスターを召喚・特殊召喚したターンのメインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドの表側表示モンスターを可能な限りリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

昔はおかわりVFD(VFDでニビルをチェックし、ニビルされた所から再度VFDを立てるトンデモないムーブ)とかも出来たんですが、『マスターデュエル』環境ではVFDが制限なので効果的。VFDが出てくるまでじっくり待って投下しましょう!

オススメ度(高)

psyフレームギア・γ

特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

基本的にどこにぶちかましても効果的。相手の軽率な《真竜皇V.F.D.》効果にヒットするとかなり有利になります。採用する場合は、γとドライバーで展開できるレベル8シンクロも併用すると更に良いです。

オススメ度(高)

D.D.クロウ

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):このカードを手札から墓地へ捨て、相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

墓地の「電脳堺門」や《電脳堺姫-娘々》にぶちかますと強い!
環境に刺さるテーマが多い為、今は結構入れ得な1枚。※エルドやドライトロンにも刺さります。

ディメンション・アトラクター

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

後攻から間に合う時間制限付きの《マクロコスモス》。
これをやられると「電脳堺」モンスターが一気に機能不全に陥るので、ぶち当てられたらニコニコものです。まぁ、採用できるデッキがかなり限られているのが最大の課題ですね。

アーティファクト-ロンギヌス

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):相手ターンに、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

除外されるのもきついけど除外できないのもきついのが【電脳堺】。これが通ると墓地の「電脳堺門」効果が軒並みストップする為、かなり動き辛くなるはずです。後は、《増殖するG》ケアの《墓穴の指名者》,《抹殺の指名者》,《強欲で貪欲な壺》辺りにも影響が出ます。

禁じられた一滴

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。
このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと
元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《真竜皇V.F.D.》対策なんですが、罠をコストに出来ないと後ろの《電脳堺門-朱雀》でケアされてしまう(VFD効果チェーン一滴にチェーンして朱雀、朱雀の効果でV.F.D.を破壊されて逃がされる)ので、コストで罠が切れるデッキが前提となります。

コズミック・サイクロン

速攻魔法
(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

先攻時はセットして相手の展開妨害(電脳モンスターの効果の対象になった電脳堺門を狙い撃ち)!後攻時は《電脳堺門-朱雀》の処理!
【電脳堺】対面において1,2を争う程の信頼度!先攻後攻問わず強い!

オススメ度(高)
《サイクロン》《ツインツイスター》等も展開妨害として使用する事が出来ますが、【電脳堺】対面において魔法・罠を除外出来るか否かは非常に大きい為、基本的には《コズミック・サイクロン》を推奨。

ハーピィの羽根帚

通常魔法(制限カード)
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

後攻からの《電脳堺門-朱雀》除去として有効な1枚。
ただ、先攻後攻問わず機能してくれる《コズミック・サイクロン》等の方が優先度は高いです。しかし、《電脳堺門-朱雀》の1妨害が恐ろしい程重いデッキも多い為、持っていたいシーンは多く、他のデッキへの有効性・汎用性の高さなどを考慮しても、有効札としてカウントして問題はないでしょう。※《ライトニング・ストーム》等も同クラスの評価。

落ち着いて冷静に対処しよう!

滅茶苦茶支配的な盤面を敷いてくる相手ではありますが、1枚初動が無かったり、展開の起点が意外と脆い等、しっかり虚弱性も持っているデッキです。

対策札を採用し、冷静にボトルネックを見極める事さえできれば、勝利をもぎ取る事も可能な相手なので、ご自身のデッキにあった対策札をじっくり検討していただければ幸いです。

中でも、先攻後攻の裏目が少ない《コズミック・サイクロン》,《真竜皇V.F.D.》に有効な《psyフレームギア・γ》は特にオススメなので、SRポイントに余裕がある方は是非試してみてください!

+3

コメント

  1. 匿名 より:

    VFDと《電脳堺狐-仙々》にやられました。
    電脳堺自体、対戦したことがなかったし、OCGではVFDいないので、カジュアルかなと思っていたら、とんでもなかった。マスターデュエルはOCGとは異なる制限・禁止なんだよね。

    +3
  2. 匿名 より:

    なんで当時の環境でダメだと判断されたVFD残したんでしょうねw
    魔鍾洞はしっかり消してくれてるのにw

    +2
  3. 匿名 より:

    俺はADSでいいや派だからこんなゲームでKONAMIにお金落とさないけど、ぶっちゃけ今流行のサレンダーチートでも使えばいいんじゃないですか?

    +1
  4. 匿名 より:

    言いたい事は分かるが、非公式のアプリを使って楽しんでるアピールはケチ臭いしカッコ悪いぞ、後違法行為を進めるのは辞めた方がいいよ、見ていて凄く幼稚に見える。

    +6
  5. 匿名 より:

    電脳堺のページなのにトップ画面が真竜皇VFDなのは流石に違くない?全く知らない初心者さんが見たら「まるで意味が分からんぞ」状態になるぞ
    個人的にはカニの画像にウニ(Tako)って書いてある画像を彷彿とさせるわ

    0
タイトルとURLをコピーしました