【Vジャンプ12月号付録《始原竜プライマル・ドラゴン》の効果について】万物創世龍サポートカード!2連撃付与大好き!もしかしてメガリスも意識されてる?

公開日: : モンスターカード

《始原竜プライマル・ドラゴン》の効果が正式公開されたので、ちょっと過去記事を引っ張り出してきました。

10月12日発売『イグニッション・アサルト』に収録される《万物創世龍(テンサウザンド・ドラゴン)》サポートを強く意識した効果ですが、それ以外の使い方も模索し甲斐がありそうなカードです。

ドラゴン族除外やリリースがガッツリハマるテーマ・カードは何だろう?

※エクリプスが禁止されたりしたので、全体的に内容をいじってます。

SPONSORED LINK

始原竜プライマル・ドラゴン

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻2000/守2000
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
②:自分の墓地からドラゴン族モンスター1体を除外して発動できる。このカードの攻撃力・守備力は次のターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。
③:このカードがリリースされた場合、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

墓地のドラゴン族を除外して攻守をアップさせる自己強化と、リリースされた場合に自分フィールドのモンスターに二連撃を付与する効果の二本立て!

相手に与える全ての戦闘ダメージが0になるデメリットを抱えているのでダメージ要員には向きませんが、戦闘における処理役としては超一流と言った印象です。

②効果は、攻撃力と守備力の両方がアップするってのがポイントですね。

万物創世龍(テンサウザンド・ドラゴン)サポート

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻 ?/守 ?
このカードは通常召喚できない。
攻撃力の合計と守備力の合計が、合わせて10000以上になるように自分フィールドのモンスターをリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):この方法で特殊召喚したこのカードの攻撃力・守備力は10000になる。

 

《始原竜プライマル・ドラゴン》は、全身マルっと《万物創世龍(テンサウザンド・ドラゴン)》サポート!

攻守両方がアップする事で《万物創世龍》の展開難易度を下げ、リリースされる事で攻撃力10000×2連撃を自然と達成させる設計になっています。

攻撃力3000のドラゴン族モンスターが墓地に落ちていれば、《始原竜プライマル・ドラゴン》《万物創世龍》の2枚だけでそれが達成できるって訳ですな!

これをどう判断するかは人それぞれですが、個人的にこういうシンプルなコンボは好きなので浪漫は感じられます。

《エクリプス・ワイバーン》との兼ね合いについて

墓地のドラゴン族を除外するという事で、《エクリプス・ワイバーン》との兼ね合いには注目です。

…注目だったんですが、発売日を前にして《エクリプス・ワイバーン》が禁止されてしまいました。

まぁ、禁止されていなくても、墓地のドラゴン族を除外するカードは既に豊富でしたし、《始原竜プライマル・ドラゴン》がガンガン採用されたって訳では無いと思いますが、共闘の夢が消えたのは少し残念ですね。

規制が白黒側のみだったら…除外要員で併用されてたかな?…そんな妄想。

リリースして2連撃付与は結構侮れない?

リリースされる場所も問われてないし、ダイレクトアタック可能な2連撃は結構侮れません。

ドラゴン族でリリースって言うと「聖刻」ですけど、「シユウ」や「ネフテ」でリリースできないからそこまで相性は良くなさそう。

そうなって来ると展開しなくても効果を使える儀式運用が一番しっくり来る!?

儀式運用だったらドラゴン族にこだわる必要も無くなりますが、出来れば②効果もうまく使いたいですね。

ドラゴン族がそれなりに入ってる儀式テーマ……うーん。

メガリスと相性良さそう

あの頃はまだ「メガリス」という存在を知る余地が無かった訳ですが、儀式召喚によるリリース、それに伴う連撃。

「メガリス」はややパンチ力不足なイメージもありますし、お手軽に連撃を付与できる《プライマル・ドラゴン》との相性は結構良さそう。

プライマル入りのメガリスとかどうだろうね?

評価が難しいカードです

「実践投入間違いなし!」の太鼓判とは言えませんが、何かひょんなタイミングで化ける可能性が無い訳では無さそうっていう絶妙さ…。

まぁ、イラストカッコイイし一枚は持ってて損はないと思います。

【追記】

《エクリプス・ワイバーン》が禁止になった事で、結果的に更に役割は狭まった訳ですが、それでもこのカードからは何かを感じます。

レベル4モンスターとしては相当高スペックなカードですし、これ以上を望むのは正直欲張りの領域かも?

素でインスペクトボーダーと相討ち出来ておまけつき…これで十分優秀な気もしてきました。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    墓地にブルーアイズがいるときにこのモンスターを出すだけで1万竜を出せるのは良いですね

  2. 匿名 より:

    ドラゴン族なら何でも良いのでドラゴン族主体じゃなくても使えるのは良いですね、エネアードのような効果が優秀で採用されている3000打点のドラゴンって結構いますし、その辺りを除外する前提なら結構ありかなと思います。
    使えたら使う程度の気持ちで万物創世龍と一緒にピン刺ししても良いかも

  3. DZ より:

    光属性の攻撃力2000ということで、ギャラクシーに挿すと面白いかな…?
    エアネードや銀河眼の光子竜でリリース。
    どのドラゴン族デッキにしろ、優秀なカードが多すぎて枠がない感が否めないですね

  4. 匿名 より:

    ガンドラXが禁止されていなければ絶対に許されなかったカードですね…

  5. 匿名 より:

    ガーゼットの素材にすれば4000の二回攻撃でフィニッシュ!

  6. 匿名 より:

    これとマンジュリリースして2回攻撃カオスMAXが降臨する?!

  7. 匿名 より:

    《始原竜プライマル・ドラゴン》は良いカードですね。ただ、付録というのではなく、『イグニッション・アサルト』に入れて欲しかった。
    Vジャンプの付録は、できれば過去テーマの救済を優先してほしいかな。
    正直、遊戯王のシングルも最近は安い印象を受けるので、Vジャンプでなくパックならシングル価格の方が安かったのではないか、と思ってしまいます。

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード効果考察】HERO相手に超融合しよう(提案)!【エクストラ・ブースト&連撃を再現した効果です】

『プレミアムパック2020』に収録される《鋼鉄の魔導騎士-ギルティ

【@イグニスター】Ai-コンタクト、Ai-Qの効果について考える:パッと見強そうだけど本当に強いのか否か

2020年1月11日発売『エターニティ・コード』に収録される「Ai

【ジ・アライバル・サイバース@イグニスター効果考察】ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルードとどっちを優先すべき?

2020/1/11日発売『エターニティ・コード』に収録される新カー

【デュエルリンクス】未OCGカード「カイトロイド」実装:そのままの効果でキタ!

遊戯王デュエルリンクスで現在開催中の『ビンゴミッション』にて、

【LVP3】昨日公開された新規リンクモンスター効果まとめ・一口解説:未判明枠は残り1枚となりました!

ここ連日の情報解禁ラッシュはマジで加減知らずでしたね…(;^ω

【LVP3速報】「まやかし」リンク《零氷の魔妖-雪女》収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

【LVP3速報】「シムルグ」リンク《王神鳥シムルグ》収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

【LVP3速報】「デクレアラー」リンク《虚光の宣告者》(ミラージュ・デクレアラー)収録決定!

現在放送中の「発売直前!LVP3 ほぼほぼ公開 緊急生放送!」

→もっと見る

PAGE TOP ↑