【獣族汎用サポート】聖騎士の盾持ちを出張目線で評価|ホップイヤーサーチ良いぞ

2021年6月12日発売『ANIMATION CHRONICLE 2021』に収録される新カード《聖騎士の盾持ち》の特集記事です。

本来ならシェリーのテーマカードとして紹介するのが筋ですが、個人的に汎用面での活用方法に興味をそそられたので、今回は出張目線での評価をメインとして記事を作成してみました。

手札から除外するだけでレベル6以下の風属性獣族をサーチできるのは流石に凄ぜぇ…。

スポンサーリンク

聖騎士の盾持ちの使い方・効果考察


▲こちらはデュエルリンクス版

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地から光属性モンスター1体を除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(2):手札・フィールドのこのカードを除外して発動できる。デッキからレベル6以下の獣族・風属性モンスター1体を手札に加える。

収録:【ANIMATION CHRONICLE 2021】

●手札・フィールドから除外する事でレベル6以下の獣族・風属性モンスターをサーチ可能!このカード自体は《増援》,《聖騎士の継承》に対応しているので安定感抜群!
●場に出してもドロー効果が可能な為、とにかく腐り辛い!

増援、聖杯の継承に対応!サーチ手段多すぎ!

下級・戦士族で《増援》に対応しているだけでなく、「聖騎士」モンスターなので《聖杯の継承》にまで対応しています。

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分のデッキ・墓地から「聖騎士」モンスター1体または「聖剣」カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在し、
「聖剣」装備魔法カードを装備した自分の「聖騎士」モンスターが
戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このカードを手札に加える。

《増援》1枚、《聖杯の継承》3枚で既に7枚体制な訳ですが、ここに光属性の「聖騎士」モンスターをサーチできる《花騎士団の駿馬》を加える事で、計10枚体制まで伸ばす事も可能です。

《花騎士団の駿馬》まで採用するかどうかは要検討ですが、《増援》と《聖杯の継承》の4枚補助は採用し易い出張サポートになりそうです。

聖騎士の盾持ちオススメサーチ先9選

ここからは《聖騎士の盾持ち》でサーチ可能なオススメモンスターをご紹介。絞り切れなくて9体もピックアップしてしまいましたが、いずれも見所十分なラインナップになっています。

ホップ・イヤー飛行隊

チューナー・効果モンスター
星2/風属性/獣族/攻 300/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。

相手ターン中に手札から飛び出してフィールドのモンスターとシンクロ召喚を行う滅茶苦茶面白い1枚。モンスターを展開し、このカードをサーチしておくだけでビックリドッキリ展開を仕掛けられるのが魅力的。強さはシンクロ先のモンスターに依存しますが、期待値は高め。

花騎士団の駿馬

効果モンスター
星3/風属性/獣族/攻 400/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから光属性の「聖騎士」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

テーマ内のモンスター同士なので相性が良いのは当たり前!
相互サーチ関係は安定感の証!厚めに出張させる選択も考慮すると汎用性も十分か?

俊足なカバ バリキテリウム

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1600/守 600
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合に発動する。相手は、自分または相手の墓地からレベル4モンスター1体を選び、自身のフィールドに特殊召喚できる。

フィールド状況に左右されない特殊召喚要員。先攻1ターン目で使えばデメリットも発生し辛い。このカード目的でランク4デッキに採用するのもワンチャンありかも?

精霊獣 ラムペンタ

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1600/守 400
自分は「精霊獣 ラムペンタ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
エクストラデッキから「霊獣」モンスター1体を除外し、
そのモンスターと同じ種族の「霊獣」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

サーチできるのは魅力的ですが、サーチ候補がテーマ内にラムペンタしかいない事が気になります。こればっかりは【霊獣】有識者に話を聞いてみないと判断できないですね。

飛行エレファント

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1850/守1300
(1):このカードは相手ターンに1度だけ、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードの(1)の効果を適用した相手ターンのエンドフェイズに発動する。
次の自分ターン中、以下を適用する。
●このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時、自分はデュエルに勝利する。

デッキの顔をサーチできるようになるのは素晴らしい!
展開してから勝つまでのプランはまた別の問題。

宝玉獣 サファイア・ペガサス

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1800/守1200
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」モンスター1体を選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

【宝玉獣】と言えばペガサス!ペガサスと言えば【宝玉獣】!
召喚するバリューがとにかく高いモンスターなので、このカードへのアクセス先増えるのは純粋に喜ばしい事です…が、そもそもサーチ過多な印象もあるし、カテゴリ外のカードを採用する事自体が【宝玉獣】的にどうなんだろう?という印象はあります。

急き兎馬

効果モンスター
星5/風属性/獣族/攻2000/守1800
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):カードが存在しない縦列がある場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):このカードと同じ縦列に他のカードが置かれた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このターン、このカードの元々の攻撃力は半分になり、直接攻撃できる。

簡単に特殊召喚できるレベル5要員。
②効果ですぐ自壊してしまうので、手早くシンクロ・エクシーズ・リンク・アドバンス召喚リリースなどに当てたい所。上級であることを活かすならシンクロ・エクシーズを積極的に狙いに行きたいですね。

獣族の「妖仙獣」モンスター

  • 《妖仙獣 凶旋嵐》
  • 《妖仙獣 大幽谷響》
  • 《妖仙獣 閻魔巳裂》
上記の獣族の「妖仙獣」モンスターをサーチできます。
個人的に《妖仙獣 凶旋嵐》,《妖仙獣 閻魔巳裂》の2枚が好きなので、これらカードを活かす構築にもチャレンジしてみたいですね。

獣族「空牙団」モンスター(リコン、ドンパ)

  • 《空牙団の撃手 ドンパ》
  • 《空牙団の飛哨 リコン》
【空牙団】からは《ドンパ》と《リコン》の2枚がサーチ範囲になっています。
下級2体はデッキの要所なので、安定するのは良い事ですね。サーチ先が2種あるのも良いと思います。

獣族が絡むデッキに革命を起こす1枚かも?

サーチ範囲が広大なので、色々考えるだけで楽しい1枚ですね。

個人的には、普段からローレベル獣で愛用している《ホップイヤー飛行隊》、ランク4デッキの友達《俊足なカバ バリキテリウム》、【妖仙獣】のお兄さんチームサーチに使いたいと考えています。

コメント

  1. うーん、【宝玉獣】では採用しないかな。ペガサスはサーチもあるし、7種モンスターを採用していたら、枠自体がきつい。

タイトルとURLをコピーしました