【《サイバース・アクセラレーター》効果考察】攻撃力2000アップと連続攻撃付与を使い分けろ!

『遊戯王.jp』にてVジャンプ9月号実施全員応募者サービスカードの内の一枚《サイバース・アクセラレーター》の効果が公開されました。

リンク先のサイバースモンスターの攻撃力を2000アップor連続攻撃付与ですか・・・

システム系のモンスターにしてはリンク3と重めなのが少し気になりますが、使い方によっては殺意高めのコンボを見せつけてくれそうな逸材。

サイバース族とのシナジーが重要になってくる一枚だと思うので、そちらのカードをも併せて見て行きましょう。

スポンサーリンク

サイバース・アクセラレーター

カード効果・詳細画像はソース元でご確認下さい。

効果発動は自分・相手のバトルフェイズなので要注意

効果を発動した後にリンク4に繋げば攻撃できなくなるデメリット無視できる。と考えた人がいるかもしれませんが、発動タイミングがバトルフェイズなので残念ながらできません。

リンク召喚用の《緊急同調》的なカードが来れば可能になりますが、そこまでするかと聞かれると・・・

また、効果を付与できるのもサイバース族オンリーなので要注意です。

攻撃できなくなるデメリットがかなり気になります

この効果なら自身が攻撃できなくなるのは確かに妥当。しかし、『ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-』に収録されたリンクモンスター達と共闘させたいと考えるのも、また必然。

《エンコード・トーカー》+《トライゲート・ウィザード》+《サイバース・アクセラレーター》すれば強いんじゃね?と一瞬考えたのですが、《サイバース・アクセラレーター》が持つ”この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。”の文字が非常にネックです。(超ド級のシナジーパンチならず…)

だが、付録カード《サイバース・コンバーター》との相性は抜群!

効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻1000/守1000
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみの場合、 このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚に成功した時、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの種族はターン終了時までサイバース族になる。

《サイバース・アクセラレーター》の効果はサイバース族限定。

種族の壁を越えるのはそう簡単な事ではありませんが、サイバースなら大丈夫!

だって、同じジャンプに種族変更効果を持つモンスターが付いているんですもの(ビックリ)

《サイバース・コンバーター》の効果を使えばありとあらゆるモンスターに攻撃力2000アップor二連撃を付与する事が可能です。

攻撃力4000のモンスターの二連撃でワンショットキル狙っちゃうぞ(∩´∀`)∩

サイバースデッキ成長の暁にはブイブイ言わせてくれるかも?

打点上昇中の《デコード・トーカー》に連撃を付与するだけでも結構な殺意だと思いますが、《サイバース・アクセラレーター》単体ではマーカーの関係上そこまではできないのが少し残念です。

将来的に高打点のサイバース族モンスターが増えてくれば連撃の旨味も増々まして行きますし、2000アップ目的の運用でも一定以上の強さは見せてくれるでしょう。

まぁ、3枚は必要ないカードでしょうけど、サイバースに興味ある人は1.2枚は確保しておいてもいいのではないでしょうか?

他の3枚の効果も楽しみです(´・ω・`)v

コメント

  1. 緊急リンクはありませんが、リンク3のサイバースだからリコーデッド・アライブのコストにできますね

  2. 2000アップか連撃かの選択が出来るなら多少混ぜ物があってもいけますね

タイトルとURLをコピーしました