【鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード効果考察】HERO相手に超融合しよう(提案)!【エクストラ・ブースト&連撃を再現した効果です】

公開日: : pp2020

『プレミアムパック2020』に収録される《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》の有用性・強さ・弱さについて考えた記事です。

漫画『遊戯王R』で城之内が使用したカードが十数年の時を経てついにOCG化ッ!

素材指定(漫画では《鉄の騎士 ギア・フリード》と《魔導騎士ギルティア》の融合体)等は原作と大きく異なる形となりましたが、その分、展開し易く活躍し易い存在に仕上がっていると思います。

効果の一部に漫画で使用された《エクストラ・ブースト》と《連撃》が投影されている点も良いですよね!

(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
(C)Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード

《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》
融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2700/守1600
属性が異なる戦士族モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果を無効にし、フィールドのカードを1枚を選んで破壊する。
(2):フィールドのモンスターのみを素材として融合召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、自分の墓地から魔法カード1枚を除外して発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、このカードの守備力の半分アップする。

①効果は自分の効果を無効にしてもOK!

効果こそ無効にはなってしまいますが、あえて自分でこのカードを対象にとって破壊効果に繋げるのもアリ。速攻魔法や罠で対象にとれば相手ターンに機能する除去効果に早変わりする点も魅力的です。

ただし、効果を発動する為に1枚消費するのは基本的に勿体ないと思うので、対象にとっても使い減りしないものが理想です。

wiki曰く、《焔聖騎士-ローラン》がフリチェで対象に取れて、無効になるから手札に残って消費しないから相性が良いとの事でした。ローラン自体が戦士族なのも良いですよね。

展開に使用した「融合」を除外すれば③は綺麗につながりそう

平時に使っても2700+800の3500打点と頼もしく、別の要因で守備力が上がっていると更に高みを目指せるのもポイントです。

展開に使用した融合札(魔法カード)や、①効果を発動する為に使用したカードをコストにすると綺麗に③効果に繋がると思います。

《プロキシー・F・マジシャン》を採用すればあらゆる戦士族デッキで出せる

《プロキシー・F・マジシャン》
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードのリンク先に融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。手札から攻撃力1000以下のモンスター1体を特殊召喚する。

 

『エターニティ・コード』に収録される《プロキシー・F・マジシャン》を使えば、わざわざ融合を採用しなくても《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》を展開できるようになります。

《プロキシー・F・マジシャン》は自己完結型の強力なリンクモンスターではありますが、採用する際はよりシナジーを濃くする為に《簡易融合》(カルボナーラ戦士)とか採用してみても良さそうです。

例:《プロキシー・F・マジシャン》のリンク先に《カルボナーラ戦士》を特殊召喚(簡易融合)。②効果で地属性以外の攻撃力1000以下の戦士族モンスターを特殊召喚すれば《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》の展開準備完了。

③効果込みで3500の2連撃。そこにプロキシーの1400を加算すれば合計8400ダメージ達成。結構なパンチ力ですね。

「HERO」デッキなら自然と融合出来そうな素材指定

「ファリス」や「クロスガイ」等、展開に制約が伴う「HERO」カードとの兼ね合いは良くありませんが、それ抜きなら「HERO」デッキで簡単に達成できる素材指定です。

「HERO」でわざわざ《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》を展開する必要はないかもしれませんが、選択肢は多いに越した事はありません。

「HERO」なら《プロキシー・F・マジシャン》も同時に採用してってプランもアリっちゃアリかな?

「HERO」相手に《超融合》で出せそう

《E・HEROソリッドマン》《E・HEROリキッドマン》等、効果的に属性違いのモンスターが2体並びやすい「HERO」のアクションは結構狙い目です。

後攻の盤面突破札としても悪くはありませんが、最近の「HERO」はやたら闇属性が並ぶので、決まらない時は案外決まらないかもしれませんね…。

やはり、先攻で伏せておいて相手のソリッドorリキッドに投げるのが一番気持ちよさそうです。

全体的に良い塩梅!1枚は持っておきたいカードです

対象をとるカードに強く、2連撃&打点アップで殺意も高いッ!

戦士族メタとしてもワンチャンあるので、とりあえず1枚は確保しておきたいカードだと思います。

ギア・フリードの派生カードもかなり増えて来たし、そろそろ【ギア・フリードの軌跡】とかやろうかな~

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ウォリアーズ・ストライク-
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-09-28)
売り上げランキング: 674
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ギルティアのデザイン地味に好きなのに全然スポットライト当たってなかったから嬉しい!

  2. ルーシー より:

    これはいい効果
    普通に使いたいw

  3. 破れたトゥーン より:

    勝鬨君もこれにはにっこり

  4. 匿名 より:

    いつかいつかと願って、ようやく来ました!
    効果もいい感じ!

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【2020年1月改訂・最新「リミットレギュレーション」禁止制限予想】ハリファイバーは今回も大丈夫なはず…

『リミットレギュレーション改訂』の更新時期が迫って参りました。

第11期第1弾「RISE OF THE DUELIST/ライズ・オブ・ザ・デュエリスト」発売決定!20thシクの代わりに新レアリティ収録!ウルトラ枠は6種から8種へ

第11期第1弾「RISE OF THE DUELIST/ライズ・オ

『デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ』収録テーマイラスト公開!新規テーマ3種の第一印象・感想

2020年3月7日(土)発売予定『デッキビルドパック シークレット

【レジェンダリーゴールドボックス】残りの6枚は誰が来るんだろう?ライバル枠も合体エースなのかな?

既に各所で語られまくっている話題だとは思いますが、『レジェンダリー

【エルシャドール・アプカローネ効果裁定】融合・リンクシャドールモンスターを③効果で選ぶとどうなる?

『SD-リバース・オブ・シャドール』に収録された《エルシャドール・

【シャドールデッキと相性抜群】グラビティ・コントローラーを使おう!属性融合デッキの強み!

タイトルに『シャドールデッキと相性抜群』とありますが、そもそもこの

【ストラクチャーデッキに望むものって何だ?】管理人、シャドールストラクを斬る!

「喜ぶ人がいる反面、不満に思う人がいるのには何かしら理由がある!」

【新規入りシャドール仮組み】ウェンディと緊急テレポートを追加した新型※自分用ではありません

どうも、何故か友人の代わりに「シャドール」デッキを仮組みしていた管

→もっと見る

PAGE TOP ↑