【Sinデッキ】オーバーテイク&バロネス採用型最新レシピ紹介|パラレルギアからバロネスが雑に出てくるの強い!

『DP-疾風のデュエリスト編』に収録された新カード《フルール・ド・バロネス》を採用した最新型の「Sin」デッキのレシピをご紹介!

「Sin」デッキ待望のエクストラから出せる妨害効果持ちが遂に登場!
これで心細かった先行展開に革命を起こす!

同時採用してみた《シンクロ・オーバーテイク》が存外良かったので、そこら辺にも注目して読んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク

シンクロ・オーバーテイク採用型|バロネス入りSinデッキレシピ

メインデッキ(41枚)
3枚:Sinパラドクスギア
3枚:Sinパラレルギア
3枚:Sinスターダスト・ドラゴン
3枚:Sinサイバー・エンド・ドラゴン
3枚:Sinパラダイム・ドラゴン
1枚:Sinトゥルース・ドラゴン
3枚:Sin Territory(シンテリトリー)
3枚:Sin Selector(シンセレクター)
1枚:Sin  Cross(シンクロス)
3枚:Sin World(シンワールド)
3枚:シンクロ・オーバーテイク
2枚:墓穴の指名者
1枚:Sin Tune(シンチューン)
3枚:スキルドレイン
3枚:神の宣告
2枚:神風のバリア-エア・フォース-
エクストラデッキ
3枚:サイバー・エンド・ドラゴン
3枚:スターダスト・ドラゴン
1枚:時械神祖ヴルガータ
3枚:Sinパラドクス・ドラゴン
1枚:溟界濁龍ドラゴキュートス
2枚:炎斬機ファイナルシグマ
1枚:フルール・ド・バロネス
1枚:神樹の守護獣-牙王
メイン構築自体はシンプルなスキドレ型Sinでまとめています。特徴としては、デッキ・墓地から《Sinパラレルギア》を展開できる《シンクロ・オーバーテイク》を採用している事で、ここからレベル10or12シンクロを安定させられるようにしています。
《フルール・ド・バロネス》を活躍させる事を意識している為、メインデッキのモンスターはかなりすっきりする形になりました(他のSinを採用すると更にバリエーションは出る)

シンクロ・オーバーテイクの強み

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキのSモンスター1体を相手に見せ、
そのモンスターにカード名が記されているS素材モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。このカードを発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

シンクロ・オーバーテイクの強み①
《シンクロ・オーバーテイク》から動く事で墓地の「Sin」の数を加速させ、無理やり《Sin Selector》の発動をサポートする事も出来ます。
シンクロ・オーバーテイクの強み②
シンクロ・オーバーテイクは墓地からの特殊召喚・回収にも対応しているので、デッキ内の《Sinパラレルギア》枯渇も防げます。
「Sin」は《Sinパラダイムギア》⇒《Sinパラレルギア》の流れが重要なので、デッキ内の《Sinパラレルギア》の数を減らさずに機能する《オーバーテイク》は優秀。

フルール・ド・バロネスはマジで強い

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/戦士族/攻3000/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(3):お互いのスタンバイフェイズに、自分の墓地のレベル9以下のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを持ち主のEXデッキに戻し、そのモンスターを特殊召喚する。

立てるだけで1枚破壊&1妨害の布陣を作れる神カード!
「Sin」はメインデッキに外部ギミックを採用すればするほど事故るデッキなので、エクストラだけで妨害力を底上げできる《フルール・ド・バロネス》はマジで神でした。このカードの登場で先行のプランを立てやすくなったので、罠の選択なども全体的に洗練出来て、マジで良いこと尽くめです。
一つ問題点を挙げるとすれば、③効果で特殊召喚するモンスターの選択が弱い事でしょうか?ここに省スペースで機能する蘇生対象がいれば最高なんですけどねぇ…(今の所思い付いていない)。
あと、《フルール・ド・バロネス》はシンクロモンスターなので、《Sinパラドクスドラゴン》で蘇生する事も可能です。
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
「Sin パラレルギア」+チューナー以外の「Sin」モンスター1体
(1):「Sin パラドクス・ドラゴン」はフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがS召喚に成功した時、
自分または相手の墓地のSモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
(3):フィールドに「Sin World」が存在しない場合にこのカードは破壊される。

《Sinパラドクスドラゴン》から簡単に出てくる《フルール・ド・バロネス》ヤベェ…(;^ω^)

Sinパラレルギアのポン出しが強い

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 0/守 0
このカードをS素材とする場合、
他のS素材モンスターは手札の「Sin」モンスター1体でなければならない。

手札にレベル8の「Sin」モンスターを持っている状態で《Sinパラレルギア》をPON出しするだけで《フルール・ド・バロネス》が成立するの頼もしすぎる…。

《Sinパラドクスギア》に《灰流うらら》されるだけで負ける可能性があるデッキなので、状況次第では《Sinパラレルギア》PON出しからの《バロネス》狙った方が良い事も多いでしょうねぇ…。

お試しで入れたけど抜いたカード《機巧鳥-常世宇受賣長鳴》

機巧鳥-常世宇受賣長鳴|トコヨウズメノナガナキ
効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 950/守 950
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体をリリースして発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じで、リリースしたモンスターより低いレベルを持つ
機械族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
裏側表示で除外されている自分のカードの中から、
攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んで手札に加える。

効果で《Sinパラドクスギア》をリクルート出来るシナジーに着目して《機巧鳥-常世宇受賣長鳴》もお試しで採用してみましたが、②効果がうまく使えないのと後半腐るのが気になったので結局不採用にしました。ただ、初動で《Sinパラドクスギア》が安定するのは魅力的なので、チョイ採用位で調整してみるのはありだと思います。

おまけ:セイヴァーも出るタイプ

メインデッキ(43枚)
3枚:Sinパラドクスギア
3枚:Sinパラレルギア
3枚:Sinスターダスト・ドラゴン
3枚:Sinサイバー・エンド・ドラゴン
3枚:Sinパラダイム・ドラゴン
1枚:Sinトゥルース・ドラゴン
1枚:想い集いし竜
1枚:急世竜セイヴァー・ドラゴン
3枚:Sin Territory(シンテリトリー)
3枚:Sin Selector(シンセレクター)
1枚:Sin  Cross(シンクロス)
3枚:Sin World(シンワールド)
3枚:シンクロ・オーバーテイク
2枚:墓穴の指名者
1枚:Sin Tune(シンチューン)
3枚:スキルドレイン
3枚:神の宣告
2枚:神風のバリア-エア・フォース-
エクストラデッキ
3枚:サイバー・エンド・ドラゴン
3枚:スターダスト・ドラゴン
1枚:時械神祖ヴルガータ
2枚:Sinパラドクス・ドラゴン
1枚:溟界濁龍ドラゴキュートス
2枚:炎斬機ファイナルシグマ
1枚:フルール・ド・バロネス
1枚:神樹の守護獣-牙王
1枚:シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン

最後におまけのレシピをご紹介!

コチラは《救世竜セイヴァー・ドラゴン》と《想い集いし竜》を採用した《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》入りの構築です。この構築なら《シンクロ・オーバーテイク》からの特殊召喚先が《パラレルギア》,《救世竜》,《想い集いし竜》の3択になるのが魅力的!

《想い集いし竜》は墓地だと《救世竜セイヴァー・ドラゴン》扱いなので、これで継続的に供給する事も出来ます。

惜しむらくは《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》が《スキルドレイン》と相性悪い事ですかねぇ……(この子コストじゃなくて効果で自身を除外するんだなぁ…)。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
0

コメント

  1. sinスタダの為と知りつつもこんだけスタダが入ってるとスタロ入れたくなる。
    現在のスタロってどうなんだ?

    0
    • 決まれば超つよいしsinと高相性なのは間違いないんだけど相手が掛かるまで死に札だからなスタロは…
      ただバック守るだけなら絶対腐らない神宣で十分じゃねってなるのは致し方ないかも

      0
    • 破壊にしか対応出来ないし、今時スタダ一体が出てもついでで除去されても可笑しくない程に全体のカードパワーが上がっていること、そして最大の問題として、サーチできるカードがスターダストシンクロン位しかなくて、それを入れてもデッキが回るのか?を考えないといけないってこと。
      というのも、今の強い罠っていうと、エルドリッチみたいな強い罠やサポートが沢山あって、初動で大体引くことが出来るか、罠型コードトーカーみたいな強い罠を確実にサーチできるってのが基準になっちゃっている。

      もちろん、初手に手札にあれば、ライトニングストームとかの牽制になるけれど、デッキ内に罠に割けるのが一枚、二枚だとして、同じ引かないと機能しないカードのなかで、複数破壊にしか対応出来ないカードより、万能に無効に出来る神宣でいいし、他のカードを入れるスペースもないよねっていうカード

      0
  2. 良い構築ですね~
    シェリーとパラドックスにはかなり深い関係があるのでシナジーするのは中々にエモい…

    0
タイトルとURLをコピーしました