【ブラッド・ローズ・ドラゴン効果考察】汎用レベル10シンクロ革命!

ブラッドローズ超強ぇ!超カッケェ!超尊い!

大幅な強化を得て遂に大輪の華を咲かせんとする【ローズドラゴンデッキ】の新エース《ブラッド・ローズ・ドラゴン》の効果考察記事です。

遊戯王の墓地は第二の手札!そんな大事な部分を1回のシンクロで全除外されるとか怖すぎるッ!

テーマエースとしての貫禄を見せつつ、汎用レベル10シンクロという幅広い可能性も示す1枚です。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

スポンサーリンク

ブラッド・ローズ・ドラゴン効果考察・使い方

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/ドラゴン族/攻3200/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。お互いの墓地のカードを全て除外する。このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族Sモンスターを素材としてS召喚していた場合、さらにこのカード以外のお互いのフィールドのカードを全て破壊できる。
(2):カードを破壊する効果を相手が発動した時、このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にする。その後、自分のEXデッキ・墓地から「ブラック・ローズ・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚できる。

収録:【ライトニング・オーバードライブ】

墓地を全て除外するだけでも強烈

今の遊戯王は、墓地を第二の手札と言っても過言では無い程に、墓地を活用するデッキがとにかく多く、墓地を全除外されただけで機能不全を起こすテーマはごまんとあります。

環境的に見ても、「エルドリッチ」「幻影騎士団」等、《ブラッド・ローズ・ドラゴン》の一撃が致命傷になりかねないテーマが結構存在します。

要するに、《ブラッド・ローズ・ドラゴン》は滅茶苦茶強い!

勿論、レベル10シンクロなので全てのデッキで出せるモンスターではありませんが、それでもEXのモンスターで比較的簡単に墓地全除外を狙いに行けるのは革命的と言えるはずです。

なお、ボーナス効果も狙おうとすれば全然狙える模様

「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族Sモンスターを素材としてS召喚していた場合…

フィールドを吹き飛ばすボーナス効果の条件もこれまた緩い!

《ブラック・ローズ・ドラゴン》自体が汎用レベル7シンクロである事、同時収録された《ガーデン・ローズ・フローラ》がアクセルシンクロ効果持ちの植物族Sチューナーである事等、このボーナス効果を後押しするような要素が詰まりに詰まっています。

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/植物族/攻 800/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのフィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、そのコントローラーのフィールドに
「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
このターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。

特に《ガーデン・ローズ・フローラ》は、相手ターン《ブラッド・ローズ・ドラゴン》を成功させる重要なカギとなる存在です。これは《シューティング・ライザー・ドラゴン》では為せない動きなので、相手ターン《ブラッド・ローズ・ドラゴン》を狙いたい人は意識すべき1枚です。

スタダっぽい②効果も素晴らしい!

②効果を見てピンときた人も多いのでは?

相手が発動した破壊する効果に直接チェーンしてリリースし、その発動を無効にする効果!

破壊しない点・フィールド以外にも対応できる点等々、細かい部分は異なりますが、これは正しく《スターダスト・ドラゴン》を意識した効果です。

まぁ、アキさんは《スターダスト・ドラゴン》を使った事もありますし、アキさんと遊星の関係なら寄せて来るのは当然と言えば当然ですよね!うーん、尊いぜ!

自分の墓地への被害は考える必要がある

あと、忘れてはいけないのが自分の墓地への被害。

相手への被害以上に自分が被害を被っているのでは意味が無いので、そこは差し引きしてしっかりとリスク管理していきたい所です。

一番いいのは除外をメリットに変える事です。墓地の「サンダードラゴン」や「不知火」を巻き込んで滅茶苦茶する……みたいなギミックは結構面白そうですよね。※「不知火」はデメリットの方が大きくなる可能性も全然ありますが……(笑)。

相性の良いデッキ・オススメコンボ

Sinデッキで簡単に出る

《Sinパラレルギア》で簡単に出せるのでちょっと注目しています。

レベル8シンクロモンスターを巻き込むことが出来れば、《Sinパラダイムドラゴン》の効果で特殊召喚を狙う事も出来るので、ギミック的にはかなり面白いかも?

ただ、《Sin Selector》で墓地リソースを使う事を考えると、墓地を不用意に吹っ飛ばすのはあんまり望ましくはないですね。

ムラクモノオロチとホップイヤー飛行隊で0ターンブラッドローズ

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2450/守2450
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分のデッキの上からカード8枚を裏側表示で除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分のEXデッキからカード3枚を裏側表示で除外し、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
チューナー・効果モンスター
星2/風属性/獣族/攻 300/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。

一発芸感はありますが、0ターンブラッドアクションも可能だったりします。

ムラクモを出してホップイヤー!超簡単!!

相手の先攻展開にぶちかましてやりてぇぇぇぇ……。

汎用シンクロの定番になりそうなカードです

墓地利用の流れは今後益々加速していくと思うので、汎用シンクロの定番になるのはまず間違いないでしょう。かと言って規制されるタイプのカードでもないですし、これは長い付き合いになりそう。

個人的に初動が一番安いタイプのカードだと思っているので、まだ持っていない人は安いうちに1枚確保しておく事をオススメしますぜ!

追伸.プリシクを買うか追い箱するか悩み中。

0

コメント

  1. 0tブラッドローズはひどすぎるww

    0
  2. × スタダっぽい②効果
    〇 ブラックローズの破壊効果をメタるスターダストの①効果をメタる効果
    破壊しない・フィールド外に逃げても無効化・効果の適用に失敗したスターダストが帰還できない
    でもSとかMとか言われるアキと遊星の関係と言えなくもないか…
    同じレベル10のスターダストクロニクルなら効果を受けないで耐えて
    破壊されると除外されたSモンスターを蘇生して対抗してくるあたり複雑な関係…

    0
タイトルとURLをコピーしました