【DDD赦俿王デス・マキナの登場でダリウス&テル再評価?】デスガイドから2妨害《デッキの種》

本日のデッキの種は、新カード《DDD赦俿王デス・マキナ》によって再評価の流れが来ているホットな2枚!《DDD盤石王ダリウス》と《DDD狙撃王テル》に注目してみました!

《魔界発現世行きデスガイド》1枚から《DDD赦俿王デス・マキナ》を展開可能な《DDD盤石王ダリウス》と、汎用ランク5が2妨害になる《DDD狙撃王テル》!

「DD」の中でも影の薄かった2体が、新社長のおかげで輝く……!?

スポンサーリンク

デス・マキナでダリウスとテルが救われた!?

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク10/闇属性/悪魔族/攻3000/守3000
【Pスケール:青10/赤10】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合、
自分のフィールド・墓地のPモンスター1体を対象として発動できる。
もう片方の自分のPゾーンのカードを特殊召喚し、対象のPモンスターを自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
悪魔族レベル10モンスター×2
このカードは自分フィールドの「DDD」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):「DDD赦俿王デス・マキナ」は自分のモンスターゾーンに1体しか表側表示で存在できない。
(2):相手フィールドのモンスターカードが効果を発動した時に発動できる(同一チェーン上では1度まで)。このカードのX素材を2つ取り除くか自分フィールドの「契約書」カード1枚を破壊し、その相手のカードをこのカードのX素材とする。
(3):自分スタンバイフェイズに発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。

「DD」での強さはDD有識者の皆様が既に沢山研究してくれているので、本記事では《デス・マキナ》の出張性について考えていきます。効果を無効にしてないとは言え、デスガイド1枚が2枚分の破壊になるってスゲェ事ですよねぇ……(;^ω^)

DDD盤石王ダリウスはデスガイドから出せるDDDモンスター

DDD磐石王ダリウス
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/悪魔族/攻1900/守1000
悪魔族レベル3モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分フィールドの「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードはその戦闘では破壊されず、
ダメージ計算後にその相手モンスターを破壊し、
相手に500ダメージを与える。

《DDD盤石王ダリウス》は、悪魔族レベル3モンスター2体で展開できる「DDD」モンスターなので、《魔界発現世行きデスガイド》1枚で展開可能する事が可能です。

《DDD盤石王ダリウス》に《DDD赦俿王デス・マキナ》を重ねた場合、素材3枚の《DDD赦俿王デス・マキナ》が展開可能なので、1回効果を通して素材を補充した場合、計2妨害が可能になります。

また、《DDD盤石王ダリウス》の②効果で無理やり戦闘を通しに行く事も効果なので、2素材《天霆號アーゼウス》を立てる手段としてもそこそこのやり手です。

更に、リクルート先を《トリック・デーモン》や《魔サイの戦士》にする事で、更なるアドを生み出す事が出来るので、色々とお得なコンボ!

DDD狙撃王テルは唯一の汎用素材DDDモンスター

DDD狙撃王テル
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/悪魔族/攻2300/守2000
レベル5モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク4の
「DDD」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):自分が効果ダメージを受けたターンに1度、
このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力を1000ダウンし、
相手に1000ダメージを与える。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。

《DDD狙撃王テル》は、唯一素材に縛りを持たない「DDD」エクシーズなので、《DDD赦俿王デス・マキナ》込みでランク5エクシーズが立つデッキにワンチャン出張が可能という事実。

《DDD狙撃王テル》に《DDD赦俿王デス・マキナ》を重ねた場合も、素材3枚の《DDD赦俿王デス・マキナ》を展開し、1回効果を通して素材を補充して計2妨害が可能になります。

エクストラデッキの枠が許すのであれば、汎用ランク5から実質2妨害生える事になります。

ダリウスとテルがここに来て再評価されるのは面白い!

重ねてエクシーズが来た事で《ダリウス》と《テル》が再評価されるの本当に面白い!

特に《DDD盤石王ダリウス》は、デスガイドという名の最強展開ルートも持っているし、真面目に出張可能な雰囲気が漂っているのが良いですねぇ……(∩´∀`)∩

管理人のダリウス(secret)が火を噴くぜぇぇ!(なぜか3枚持っている)。

+3

コメント

  1. 遂にテルの時代が!
    昔EMemでプトレテルしてた身としては嬉しい限り

    +3
  2. 軟弱王と言われてたダリウスにとうとう日の目が当たるときが?

    +3
  3. 今までパッとしなかったバイスレクイエムも活躍できそう?

    0
  4. 生き残る前提なら往年のモンキーボード的なペンデュラム召喚出張もできるんだよね。
    まあどんなに早くても先行二ターン目にしか使えないペンデュラム召喚なんて出張する価値があるかは怪しい物だけども。
    手札から2~9を召喚可能…なんか相性良いのあるかね?

    +1
  5. 怒涛王シーザーを出せば、テルを経由して3妨害立てられる?

    +1
  6. 地獄門でサーチ→門破壊してPゾーンからSS→社長を重ねて付与効果で墓地の地獄門戻して1枚破壊&1000回復出来る出張要員になったレクイエムが下敷きとして高騰してますね。
    社長は闇3000なのでダリウスやテル中継で闇ウィルスを撒き散らせるデッキが格段に増えたのも大きいです。

    0
タイトルとURLをコピーしました