【デュアルストラクR:収録カード新規・再録効果まとめ】昇華騎士-エクスパラディン効果判明!手札・デッキから炎属性・戦士族orデュアルモンスターを装備!【ウォリアーズ・ストライク】

公開日: : カードパック収録まとめ

本記事は、9月28日発売『ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク-』の収録カードリスト・効果詳細についてまとめた記事です。

発売日までの間、新カード情報が公開され次第随時追記していきます。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク- 商品概要

発売日 2019年9月28日 (土) 
価格 1,000円(税抜)
収録総枚数 構築済みデッキ(カード40枚):1個
特典カード:2枚
公式HP ウォリアーズ・ストライク

新規カード効果詳細

ゴッドフェニックス・ギア・フリード

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》 
効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守2200
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

レアリティ:【ウルトラレア】

フィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外するだけで特殊召喚出来てしまう凄い奴。

②効果でフィールドの表側表示モンスターを装備カード扱いで装備する事で疑似除去する事が可能で、それをコストにモンスター効果の発動を無効にすることも出来ます。

破壊を介さない対象を取らない除去というだけで強力ですが、相手の場だけでなく自分の場のモンスターも装備できる等、柔軟性も非常に高い。ダメージを与えたい場合は攻撃対象以外を吸収するようにしましょう。

昇華騎士-エクスパラディン

《昇華騎士-エクスパラディン》 
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1300/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):デュアルモンスターを装備したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。その装備していたデュアルモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

レアリティ:【】

ローランを装備してサーチするか、デュアルを装備して②効果に繋げるか?って感じでしょうか?

①効果で装備できる範囲は広大なので、装備できるモンスターのプール次第で評価が大きく変わりそうな効果です。

①効果で装備できるユニオン(または類似効果)がいれば展開に繋げられそうですが、何かいたっけ?

焔聖騎士-ローラン

《焔聖騎士-ローラン》 
効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「焔聖騎士-ローラン」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を手札に加える。

レアリティ:【】

相手ターンにも発動できる装備効果!

②のサーチ効果は多少のタイムラグこそありますが、サーチ範囲がかなり広いので結構便利です。

装備魔法カードサーチは構築範囲を広げてくれていいなぁ…。

あと、何気に焔”聖騎士”なんすね。

武装鍛錬(ギア・ブリード)

永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分ドローフェイズに通常ドローを行う代わりに発動できる。自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。
②:自分フィールドに装備魔法カードが存在する場合、自分の墓地から戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体をデッキの一番下に戻して発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

レアリティ:【】

ドローを放棄する代わりに装備魔法をゲット!

デッキ・墓地から手札に加える効果なので、デッキ内に枯渇して機能不全…なんてことが起こらないのがナイス!

①で放棄したドローは②効果で補えるので、うまく機能させて得しちゃいましょう!

ラプテノスの超魔剣

装備魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:装備モンスターは相手の効果の対象にならない。
●守備表示:装備モンスターは戦闘では破壊されない。
②:自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。装備モンスターの表示形式を変更し、モンスター1体を召喚する。

レアリティ:【】

耐性系の器用装備品かと思いきや、オマケみたいに追加召喚効果が付いててワロタ。

タイミングが限定的なので少し難しいですが、うまく活用できれば面白いカードだと思います。

ラプテノスの名を冠している剣ってのも良いですね。

クロス・オーバー

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体と自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。その相手の表側表示モンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備し、ターン終了時までその自分のモンスターの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこの効果で装備したモンスターを(破壊する事が出来る?)。

レアリティ:【】

ポスターの画像で判明した効果なのでテキストの一部が見切れた状態になってます。

文脈から考えて普通の身代わり効果って感じなんでしょうね。

戦士族限定とは言え、相手のモンスターを装備化してしまう通常魔法が出てしまうとは…(恐ろしい)。

ダメージカットは気になりますが、モンスター除去・装備確保・身代わりを1枚でこなすなら相当なパワーカードだと思います。

デュアル・アブレーション

《デュアル・アブレーション》 
永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、手札を1枚捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからデュアルモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。
●自分フィールドのデュアルモンスター1体をリリースし、手札・デッキから戦士族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。もう1度召喚された状態のデュアルモンスターをリリースした場合、さらにフィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

レアリティ:【】

デッキからデュアルモンスター1体を再召喚下状態で特殊召喚する禁断の一枚。

コストの有無、罠特有の遅さはありますが、それを差し引いても余りあるスペックの高さが感じられます。

2つ目の●効果でリクルートできるのが戦士族・炎属性モンスター表記である為、非デュアルである《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》を特殊召喚する事も出来る。

《フェニックス・ギア・フリード》をデッキからリクルートし、次ターンに《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》にシフトすると「ギア・フリード」のパワーアップを演出できる。

エヴォルテクター エヴェック

《エヴォルテクター エヴェック》 
デュアル・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1500/守1000
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「エヴォルテクター エヴェック」以外の自分の墓地の、戦士族・炎属性モンスターまたはデュアルモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

レアリティ:【ウルトラレア】※特典カード

デュアルなのに特殊召喚誘発のテキストを持つという不可解な存在でしたが、《デュアル・アブレーション》の登場でマルっと納得。

これなら相手ターンに《デュアル・アブレーション》で特殊召喚しても、しっかりと効果を活かす事が出来て安心です。

デュアルの他、戦士族・炎属性モンスターも特殊召喚可能なのが素敵。

再録カード情報

フェニックス・ギア・フリード

《フェニックス・ギア・フリード/Phoenix Gearfried》 
デュアル・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2200
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●相手が魔法カードを発動した場合、自分の墓地のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●フィールドのモンスターを対象とする魔法・罠カードが発動した時、
自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》を見た後だと物足りないかも知れませんが、こちらは《デュアル・アブレーション》でデッキから特殊召喚可能という強みもあります。

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》が非デュアルである事を悲しむ声もありますが、《フェニックス・ギア・フリード》の事を考えるとこれで良かった気もします。

ダークストーム・ドラゴン

《ダークストーム・ドラゴン/Darkstorm Dragon》 
デュアル・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 

《デュアル・アブレーション》で特殊召喚し、それをコストに疑似「大嵐」を放てって事かと。

相手ターンに再召喚状態で特殊召喚する恩恵が薄いのが玉に瑕ですが、オフェンス時に出せたり相手エンドフェイズに着地できると頼もしい存在です…(デュアル・アブレーションはメイン限定なのでエンド展開できませんでした)。

エヴォルテクター シュバリエ

《エヴォルテクター シュバリエ/Evocator Chevalier》 
デュアル・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1900/守 900
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを破壊する。

 

第二の《神剣-フェニックスブレード》が欲しい今日この頃。

リサイクル可能な装備魔法カードがあると滅茶苦茶強いカードなんですが、とりあえずは《スーペルヴィス》を使ってね!って事なんでしょうね。

妖精伝姫-シンデレラ

《妖精伝姫-シンデレラ/Fairy Tail – Rella》 
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。その装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 

相性の良い装備魔法が同梱されるかどうかでデッキとの親和性が上下する一枚。

単体性能も高く、純粋に遊べるカードなので持ってない人はこの機会にゲットしておこう!

増殖するG

《増殖するG/Maxx “C”》 
効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

 

最強の手札誘発と言っても過言ではない奴の再録が決定しました。

デッキが増える度に欲しくなるカードなので、この機会に全力でチャージしていきたい…!

増G再録のインパクト半端ねぇ!!!

化合電界

《化合電界/スパーク・フィールド/Catalyst Field》 
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。
(3):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。自分フィールドのもう1度召喚した状態のデュアルモンスター1体を
相手のエンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。

 

上級デュアルモンスターと相性抜群な一枚。

オフェンス時に輝く効果3種詰め合わせって感じなので、強さにムラがあるのは事実ですが、ハマればとても強力なデュアルサポートです。

新規上級デュアルモンスターが隠れているなら採用も視野。

スーペルヴィス

《スーペルヴィス/Supervise》 
装備魔法
デュアルモンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターはもう1度召喚された状態として扱う。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを特殊召喚する。

 

デュアルサポートの決定版と言えばコチラ!

トーナメントパックでの再録経験はありますが、一般販売されるパックやデッキでの再録は今回が初めてです。

 二重の落とし穴

《二重の落とし穴/デュアル・ホール/Gemini Trap Hole》 
通常罠
(1):もう1度召喚された状態のデュアルモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 

《デュアル・アブレーション》でリクルートしたモンスターをトリガーにしろって事なんでしょうけど、流石に悠長過ぎる気もします。効果自体は強力なんですけどねぇ…。

デュアルデッキ新時代来るか!?

《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》の単体性能がとにかくヤベェ!

《デュアル・アブレーション》も良いカードですし、デュアルデッキ新時代の幕開けに一役買ってもらいたいですね。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ウォリアーズ・ストライク-
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment) (2019-09-28)
売り上げランキング: 463

 

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    ABCの時のユニオンばりに強くなって欲しい

  2. 匿名 より:

    ダークストーム・ドラゴンの所の解説ですが、デュアル・アブレーションはお互いのメインフェイズでしか出せないので、エンドフェイズには出せませんよ

  3. 匿名 より:

    今のところデュアル新規ではまだ初動が弱いのが残念
    スーペルヴィス的なカードで、シンデレラに装備可能なのが登場しそうな予感(というか来てくれ)

  4. 名無しの装備カード より:

    デュアルスパークは入らないのだろうか…?

  5. 匿名 より:

    クロスオーバーはのダメージカットは対象になった自分モンスターにしか適用せず、そのあとの特殊召喚制約もないので、普通にモンスター除去したあと対象モンスターを素材にして別のモンスターを召喚すればいいのでは?

    • cast より:

      展開に使ってしまうなら何の問題もないですねー ゴッドフェニックスと併用してパンチみたいなのが出来ないのが少し気になった次第です(*’ω’*)

      • 匿名 より:

        例えばデユアル状態のエヴォルテクターの騎士さんに使えば疑似2枚除去になる

  6. 匿名 より:

    タイムラグがあるカードが多いな…先攻取らないとデッキが回らないかも…

  7. 匿名 より:

    ローランは聖騎士デッキに出張してゴッフェサーチするパーツとして採用できそう
    問題はタイムラグのせいでイゾルデでゴッフェサーチするのと何ら変わらないってとこですね

  8. 匿名 より:

    ローランを素材にイゾルデを召喚してゴッドフェニクスと装備魔法を加えろということかな?

  9. 匿名 より:

    ローランはもう初めから装備カードなら
    ゴッフェニサーチから墓地で特殊召喚コストになったりイゾルデのコストにしたりで無駄なかったのに

  10. 通りすがり より:

    ローラン、即時で使える装備罠?
    地味にダメステに対応してると思われるのが強い
    一応割られる可能性があるとはいえ、300アップ止まりだったガミルと違って500アップなんですよね
    別枠で装備魔法か炎戦士が必要ですが奇襲勢のあるダメステ打点変動にアド回復効果が付くとはなあ

  11. 匿名 より:

    正直なところ遅い、弱い。
    今までのストラクRと比べるとあまりにカードパワーが低い。ゲーム速度を落とす新ルールでも来るのかと疑ってしまう。

  12. 匿名 より:

    wiki先生曰く自身の効果以外で装備できるのは
    相手フィールドのデュアルをクロスオーバーするか
    種族変更してピコファレーナで装備させるしかないらしい

    流石になんか別カードでサポートされる気もするけど
    新たにデュアルをわざわざ装備カード化する新規カードなんて来られても上で言われてる通りどうあがいても遅いですね

コメントを残す

【好きなカードやデッキ傾向は偏る?】テーマ構造・アーキタイプに関する話

好きなカード・組むに至ったデッキの傾向は結構偏るってお話。

『LEGENDARY GOLD BOX』12月21日発売決定:歴代主人公・ライバルデッキを強化する新規・再録カードってのが気になる

12月12日発売予定『LEGENDARY GOLD BOX』の一部

【@イグニスターと相性の良いカードまとめ】サイバース族縛りをうまくやり過ごす構築が鍵!【ベイルリンクス追記】

『イグニッション・アサルト』の発売に向けて、「@イグニスター」

【ワルキューレシグルーン付録「Vジャンプ11月号」購入感想・レビュー】ワルキューレデッキ必携の一枚【ゲーム小話:P5R】

本日発売(9/21)『Vジャンプ11月特大号』を購入して参りました

【デュエルリンクスに実装された未OCG化カード】キャラクター別にまとめてみました!

『遊戯王デュエルリンクス』に実装された未OCG化カードをまとめた記

《昇華騎士-エクスパラディン》の効果を墓地肥やし目線で考えてみよう!素直にデュアルモンスターを装備すべきなのかな?

『ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク』に収録される新

【デュエルリンクス】聖騎士の槍持ち実装!デッキから任意の装備魔法サーチ!【OCGより先に実装された新カード第11弾】

OCG化に先駆けてリンクス実装されたカード第11弾! 現在開

【彼方のアストラのカードスリーブ・マット発売決定・予約開始】アニメ面白かったですねぇ【サプライの軌跡】

「彼方のアストラ」シリーズより、スリーブ・プレマ等の最新アイテ

→もっと見る

PAGE TOP ↑