【デュエルリンクス:闇バクラ攻略】闇のウィジャ盤対策には《墓堀りグール》か「現世復帰の制約」だ!

公開日: : デュエルリンクス

デュエルリンクスで絶賛開催中のイベント『恐怖のオカルトデッキ 闇のウィジャ盤』

「闇バクラ」の使用権がゲットできるとあって、みんな頑張っているとは思いますが、「闇バクラ」のオカルトデッキと凶悪スキル【闇のウィジャ盤】に苦しめられている人も多いのではないでしょうか?

5ターン目に確実に殺しにくる凶悪スキル【闇のウィジャ盤】驚異の除去力&バーン《エクトプラズマ―》スコア稼ぎ用の打点育成は許さんと言わんばかりの《クロスソウル》。全てが厄介だ…「闇バクラ」攻略しようぜ!

SPONSORED LINK

スキル「闇のウィジャ盤」対策方法

「闇バクラ」のイベント限定スキル【闇のウィジャ盤】は、ゲーム開始時にいきなり《ダークネクロフィア》を落とし、墓地に《ダークネクロフィア》が存在し続ける限り、自分(闇バクラ)のターン終了時ごとに「ウィジャ盤」のカウントが進んで行き、「D」「E」「A」「T」「H」が揃うと強制勝利という凶悪なスキル。

墓地に《ダークネクロフィア》が存在する限りカウントが進んで行くのであれば、墓地から取り除いてやれば良い!(たったそれだけ!)

墓地からカードを除外する効果を持つカードは《墓堀りグール》と《ロスト》が実装済みですが、ここは手札に来たらすぐに使える《墓堀りグール》がグッドです。

墓堀りグール

通常魔法
相手の墓地から1枚または2枚のモンスターカードを選択する。 選択したカードをゲームから除外する。

入手方法:『ネオインパクト』(ガチャ)でノーマルにて排出

このカードをカウント終了までに引き込む必要があるので、スキル【デスティニードロー】で確実に引き込める様にすると更に捗ります。(複数採用する必要もなくなるので、正に一石二鳥よ!)

スキル【デスティニードロー】を持っていない人は、事故率は高まりますが、《墓堀りグール》の採用枚数を増やす他なさそうですね。(5ターン以内に確実に倒しに行くっての手段の一つ)

イシズのスキル「現世復帰の制約」を持っている人はそちらもオススメ

相手の墓地のモンスター全てを《ワイト》に変えちゃう驚異のスキル!

管理人は【現世復帰の制約】をゲットできていないので、実際に試してはいませんが、基本的にはコチラの方がより確実に【闇のウィジャ盤】を阻害できるハズです。

【現世復帰の制約】のゲット方法は、レジェンドデュエリストとのデュエル時のドロップです。ハードルが高いので、持っていない人は素直に《墓堀りグール》を使いましょう。

これで、【闇のウィジャ盤】対策は万全だ!
だが、それだけではまだたりない…

《エクトプラズマ―》に要注意!最低限の除去札をお忘れなく!!

永続魔法
お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のエンドフェイズ時に1度だけ、 自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選び、 そのモンスターをリリースし、リリースしたそのモンスターの 元々の攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。

レベル40闇バクラは《エクトプラズマ―》を使用してくるので、これを除去しない限り、フィールドにモンスターを維持するのはかなり困難。
序盤中盤とモンスターを使用せずにハイスコアを狙えるデッキがあるのであれば、正直そっちの方が効率が高いとすら思える程に厄介なカードです。

もし、モンスターで攻防するデッキで闇バクラを周回するのであれば、最低限の魔法・罠除去は必須だと思われます。(対策する事だらけじゃ)

育成して打点を高めていくモンスターは《クロスソウル》されるので気を付けろ!!

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
①:相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 このターン自分がモンスターをリリースする場合、 自分のモンスター1体の代わりに対象の相手モンスターをリリースしなければならない。

【闇のウィジャ盤】、《エクトプラズマ―》への対策をしたからと言って万全ではないのだ…

闇バクラは、《クロスソウル》によってこちらのモンスターをリリースまでしてくるので、マジでフィールドにモンスターを維持させてくれません。ちなみに、《エクトプラズマ―》と《クロスソウル》は3枚。《クリボール》と《エネミーコントローラー》まで入ってます。(白目)

儀式とか融合とか色々いれたチャンポンデッキで走りきりました。

管理人は上記の対策手段を使用しつつ「儀式」「融合」とか、とにかくポイントを加算できる要素をいれまくったチャンポンデッキで走り切りましたが、冷静になってみると…自らモンスターを放棄してくるデッキなので、ライフゲインや攻撃やり過ごし系の罠でお茶を濁しつつ、ワンショットを狙うタイプのデッキの方がスコア稼ぎ的には良かったかな…と。

まぁ、とりあえずハイスコアよりも安定して倒す事を意識した方が良い相手だとは思います。
速攻バーンで焼き切る構成なんかも有効だと思いますが、5ターン以内に勝負を決する事が出来ないのであれば、墓地の《ダークネクロフィア》対策は必須になると思うので、《墓堀りグール》や【現世復帰の制約】を駆使して頑張ってみてくださーい!

SPONSORED LINK

関連記事

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【20thシークレットレア仕様のブルーアイズ&ブラマジ魅力的過ぎ問題】世界大会観覧応募急げ!!

2018年8月4日、8月5日に行われる『遊戯王TCGワールドチ

【コードトーカーの本気・新「サイバース」デッキレシピ】レディデバッガーが初動の要!【公式レシピの軌跡】

ストラクの発売に合わせ、公式が新たな「サイバース」デッキのレシピを

【マスターリンク収録・オススメ新規カードまとめ】サイバースデッキの基本となるカードが大量収録されてます

再録カードのチェックの次は、新規カードの最終チェックです。

【マスターリンク収録・オススメ再録カードまとめ】戦線復帰、こけコッコ、デストルドー等、地味に良いの揃ってる!

『マスター・リンク』に収録されている優秀な再録カードをドドッと

【海外新規・Legendary Heroes Decks】HERO、極星、幻影騎士団強化が表紙を飾る!

海外で2018年10月5日発売予定の商品、『LEGENDARY H

【海外新規《Contact Gate》の効果・イラストが判明】トリプルコンタクトサポート

以前からチラホラと話題に出ていたコンタクト軸のHERO強化の新情報

【魔界の警邏課デスポリスと相性の良いデッキは?】闇属性・特にディストピア採用なら激熱

《魔界の警邏課デスポリス》付録のVジャンプの発売日と言う事で、せっ

【ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」収録カードリスト・効果詳細】新規・再録全て判明!!

本記事は、6月23日発売『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-

→もっと見る

PAGE TOP ↑