《師弟の絆》を強く使う為に大切な事:効果は強力だが上手く使いこなす為の課題は山盛り!

公開日: : 雑談

皆さん《師弟の絆》ガンガン使ってますか?

かく言う管理人は未だ丁度良い落し所が見えていない為、残念ながらガンガン使えているとは言えません…(ガックリ)。

我々の想像・理想を越える形で訪れた待望のカード…出来る事なら使いこなしたいぜ…(願望)。

SPONSORED LINK

《師弟の絆》効果おさらい!

《師弟の絆》 
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。その後、デッキから「黒・魔・導」「黒・魔・導・爆・裂・破」「黒・爆・裂・破・魔・導」「黒・魔・導・連・弾」のいずれか1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットできる。

関連記事:【ブラマジ師弟デッキ始動】《師弟の絆》の登場で繋がりが一気に強くなった!サポートカードの選択が悩ましい

【要項1】何に主軸を置くか…


▲bmには色々魅力的なギミックがある

【師弟デッキ】には様々な魅力・誘惑が存在する訳ですが、その全てを一つのデッキに丸っと内包するのは至難の技です。

勿論、全てのギミックを搭載した欲張りデッキというのも選択の一つではありますが、そうなってくると当然事故率は高くなってくる訳で…(血涙)。

「……時には断腸の思いで切り捨てる事も必要になる!」

この当たり前だけど決断するのが難しい選択が、【師弟デッキ】作成の為の第一関門になるのは恐らく間違いありません。

【要項2】ブラック・マジシャンの展開方法


▲永遠の魂やナビゲートで出すのではちょっと遅く感じる

《ブラック・マジシャン》の展開方法と言えば、《永遠の魂》や《マジシャンズ・ナビゲート》等様々ですが、主要なものはいずれもトラップ主体であり、タイムラグが生じるという問題を孕んでいます。

平時ならそれでも問題ありませんが、《永遠の魂》を使うのであれば話は別!

…どうせ使うのなら、返し1ターン目《黒・爆・裂・破・魔・導》を狙いたいってのが本音です。

とりあえず《黒魔術のヴェール》《E・HEROプリズマー》ギミックを試してみましたが、どちらもまぁまぁと言った所でした。


▲個人的イチオシ

個人的には師匠以外にも用途がある《黒魔術のヴェール》を推しますが、両方採用するのも割とありかも知れませんね。

【要項3】必殺技カードの取捨選択


▲全部搭載したいという気持ちは勿論あるが…

必殺技カードの取捨選択もとても重要です。

勿論《師弟の絆》の採用枚数次第で前後するポイントではありますが、そこも含めて2枚~3枚がギリギリのラインではないでしょうか?

墓地からの蘇生にも対応している事から一見厚く積めそうな《師弟の絆》。しかし、モンスター限定参照カードを2枚・3枚・4枚と積み重ねていくのは流石にリスキーです。

管理人の目標は《黒・爆・裂・破・魔・導》の発動なので、それ以外の必殺技カードの優先度は今の所落としています。

【要項4】実際にデッキを支えるカードの選択


▲召喚権はロッドに使いたい!

相性の良いカードは数あれど、実際に運用可能なカードは意外と限られてくるもの。

例えば《E・HEROプリズマー》の効果はすこぶる相性が良いですが、《師弟の絆》を手札に引き込む事を考えると召喚権は《マジシャンズ・ロッド》に明け渡しておきたいですよね。

まぁ《ヒーローアライブ》を使うなどの工夫も出来るので一概には言えませんが、闇雲にぶち込みまくるとそれこそ事故の元になるので考え物です。

…ヴェール、プリズマー、アライブ、コスモブレイン辺りに注目してます。

記事を書いてる内に案がまとまってきましたぞ!

…記事を書いてる内に案がまとまってきました…(大マジ)。

もしかしたら近いうちにレシピを公開できるかも?…早速デッキ作ってきます!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 遊矢ファン より:

    以前ブラマジ師弟&レッドアイズのデッキを組もうとしたものの、上手く纏まらず結局断念してしまったのですが、その時の候補に「召喚師のスキル」と「古のルール」がありました。

    実際回した訳ではないので事故率などの保証はありませんが、師匠&レッドアイズとバニラ6枚体制なのでいけるかな…と思ったんですよね。

    スキルでサーチして七星なり闇誘なりにも繋げれるし、上記2体はサーチ手段豊富なので案外古のルールで出せるんじゃないかと考えたり…。

    でもやっぱり事故率高そうですよね…(^_^;)

    ブラマジデッキとなるとまた構築も変わってくるでしょうし、あまり参考にならないかもしれませんが、古スキルはどうかな?と思ったのでコメントさせて頂きました。

    長文失礼しました。

  2. 匿名 より:

    そうなんだよねぇ~。

    レベル6と7で分かれてるせいで軸が作りにくいんだよなぁ。
    BMデッキは5個ぐらい作ってます。

    魔道軸・ガガガ軸・魔術師軸・バスター軸・マジシャンガール軸なんですよねぇ。
    マジシャンガール軸は黒魔道3枚、ガール必殺技2枚、1枚、1枚で入れてます。

  3. 匿名 より:

    レッドアイズと混同する場合はバスターブレイダー軸がおすすめですよ。
    バスターブレイダーにBM・BMG・レッドアイズで色々出せます。

  4. 匿名 より:

    月並みですがサモプリナイアルラ幻想マジとする流れが好き新マスでみた事無いですが…

  5. 匿名 より:

    お久しぶりです。
    私は長くBMデッキ(タッチBMG)を愛用していますが、
    1T目にBMを出すのは考えていなかったです。
    ワンテンポ遅れて始動、というのが基本的な動きだったので。
    個人的には、今まで通り成金や誘惑を積み、初手にBMとナビゲートを集めて、
    返しのターンにss。そして大量展開。隙あらば絆発動!
    ワンキル!といった感じです。
    なので私は、先行展開に拘ってはいないですね、、

  6. H.T より:

    昔は《黒魔術のヴェール》にお世話になりましたが、マハードやマナ、チョコマジシャンガールを入れると事故るんですよね…。
    基本的にブラマジデッキに入れるカードは固定が多いので、
    (主に、《黒の魔導陣》《永遠の魂》《マジシャンズ・ナビゲート》《マジシャンズ・ロッド》)
    《師弟の絆》もデッキに1枚か2枚で充分だと思います。
    私の場合、マハードも入れているので、《運命のドロー》を入れています。
    これだと、《ティマイオスの眼》も引ける可能性が高くなるので。
    ただし、伏せれなくなるので、決闘中盤に使いたいカードですが。
    あと、ガールを入れるなら《魔道化リジョン》も1枚入れるのも有りだとは思います。

  7. 匿名 より:

    今組んでいるブラマジデッキでは、マジシャン・オブ・カオスを出してから師弟の絆を発動できるような構築にしています。
    カオスフォームがロッドや黒の魔導陣でサーチできるため、割と安定してマジシャン・オブ・カオスが出せます。

    師弟の絆を使うとマジシャン・オブ・カオスの2の効果も一緒に発動できるのもgood

  8. 匿名 より:

    きづな

  9. 匿名 より:

    ↑ミスりました
    絆からハイエロファント出したい人です。ブラックパラディンと並べて魔法罠メタやりたい
    問題なのは自分の周りに罠設置する人が全然いないことだな

コメントを残す

【進撃の巨人プレイマット&カードバインダー予約情報】巨人バージョンのエレンプレマカッコイイ【サプライの軌跡】

「進撃の巨人」シリーズより、ラバーマット、カードバインダー等の

【キャラクター万能ラバーマット サルゲッチュ & どこでもいっしょ 20周年・発売予約情報】管理人それぞれへの想いを語る【サプライの軌跡】

「サルゲッチュ」「どこでもいっしょ」の両タイトルがめでたく20

【ガガガガマジシャン】未来皇ホープ・フューチャースラッシュで8000ダメージ!エクシーズ汎用蘇生効果としても見所あります

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収録さ

【サテライト・ウォリアー効果考察】ウォリアー、シンクロン、スターダストを結ぶ超広範囲シナジー!動きをイメージするだけでワクワクします

2019年11月9日発売『DPレジェンドデュエリスト編6』に収

【E・HEROネオス・クルーガー】幻の融合「ネオス・ワイズマン」現る!《ネオスフュージョン》で楽々展開できるのが素晴らしい!

《ネオス・ワイズマン》と言えば、アニメでは融合モンスターであったに

【DPレジェンドデュエリスト編6】E・HEROオネスティ・ネオス再録決定!これは良い再録!

「遊戯王OCG公式ツイッター」にて、11/9(土)発売『デュエ

【L・G・D(リンク・ゴッド・ドラゴン)効果考察】相手フィールド全破壊!強耐性・戦闘破壊の攻撃力5000!5属性に拘らなくても強いのが良いね!

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《L・G・D(リンク・

【捕食植物ヴェルテ・アナコンダ】融合・フュージョン通常・速攻魔法の効果を拝借!全てのデッキでラスティ・バルディッシュを運用可能!?

『リンク・ヴレインズ・パック3』に収録される《捕食植物ヴェルテ・ア

→もっと見る

PAGE TOP ↑