【公式による「星杯」デッキ紹介動画】《星杯神楽イヴ》《星杯戦士ニンギルス》《星杯竜イムドゥーク》等、新カード大量!

公開日: : KONAMI

公式YOUTUBEチャンネルにて「星杯」デッキの主要カードとデッキの動きについての解説動画がUPされました。

新たに判明した《星杯竜イムドゥーク》《星杯神楽イヴ》《星杯戦士ニンギルス》《星杯の守護竜》《星遺物の加護》《星遺物の導き》の効果やテーマの動きについて要チェックです。

SPONSORED LINK

遊戯王OCGラボch動画:「星杯」デッキ紹介編

星杯竜イムドゥーク

リンク・効果モンスター
風属性/ドラゴン族/攻800
【リンク-1:上】
トークン以外の通常モンスター1体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「星杯」モンスター1体を召喚できる。
②:このカードがこのカードのリンク先の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

召喚権を確保しながらリンク先のモンスターと一戦交える

トークン以外の通常モンスター1体でリンク召喚できるので、かなり展開しやすいモンスターです。

イムドゥークをリンク召喚して、①効果で更なる召喚権を確保しつつ、アウラムへと繋いでいきましょう。その場合に「星杯」リンクモンスターの共通効果③が発動可能になるので、更なる展開が約束されます。

一つ言える事は、「星杯」リンクモンスターでかなりエクストラデッキが圧迫されそう…って事ですね~

このカード自身には自分フィールドにリンクできるマーカーはありませんが、その切っ先に存在するモンスターと一戦交える準備は②効果により完了しております。覚悟完了ってやつやな!

星杯神楽イヴ

リンク・効果モンスター
水属性/魔法使い族族/攻1800
【リンク-2:左・右】
種族と属性が異なるモンスター2体
①:リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
②:このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事が出来る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

自身と仲間を守護する星杯神楽

種族と属性が異なるモンスター×2なのでイムドゥークからの展開でも出せるリンクモンスターです。

リンク状態にあると戦闘・効果で破壊されず相手に効果の対象にもならない強力な耐性を持ちつつ、②効果で味方も守る。左右マーカーなのでアウラムから繋げると良い感じに機能してくれそうです。

というか、自分のメインモンスターゾーンに向かうマーカーを持っているのが現状アウラムだけなので、《リンクスパイダー》を出張させない限りはアウラム過労死不可避って雰囲気がありますねw

星杯戦士ニンギルス

リンク・効果モンスター
風属性/戦士族/攻2500
【リンク-3:上・左・右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
②:1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

狙え3ドロー!恐怖の墓地送り効果でフィールドを掌握!

リンク召喚成功時にリンク先の「星杯」モンスターの数だけドロー可能。この効果によりうまくやれば最大3ドローが可能になります。(アド、アドをくれぇぇ)

②効果は対象をとらない墓地送り効果。自分のカードも1枚墓地送りになってしまいますが、③効果に繋がるのでアド損しにくいって感じですね。種類を問わず墓地送りにできるのは強いなぁ~

星杯の守護竜

効果モンスター
星1/風属性/ドラゴン族/攻400/守400
このカードの②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスター効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「星杯」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚できる。

対象をとる効果許さない!墓地効果も超優秀

リンク状態のモンスターを対象にするあらゆる効果から味方を守護する!

墓地除外で墓地の「星杯」モンスターを特殊召喚する効果も強力です。「星杯」デッキの軸になる優秀なカードになりそうです。

星遺物の加護

通常魔法
このカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
②:自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

ついでについてる身代わり効果は侮れない!

異なるなので恐らく2体回収できるカードですね。戦闘破壊のみとは言え、おまけでついてる身代わり効果は強力です。

星遺物の導き

通常罠
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスターを1体を除外し、自分の墓地のモンスター2体を対象としてて発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

2体蘇生が可能な通常トラップ

「星遺物」モンスター1体を除外して、1体蘇生2体蘇生できる効果らしいです。コメント欄からの補佐に感謝。

必ず2体対象にしないといけませんが、一枚で2体蘇生は強力ですなぁ~

体験会のキーワードもお忘れなく

特典キーワードクイズは、「星杯戦士ニンギルス」のリンクマーカーの位置について!

うーん、これは難問ですねぇ~
どこだったかなぁ~(すっとぼけ)

開催期間は4月6日~4月14日となっていますので、気になる人は開催予定になっているお近くのショップで開催予定を確認しておきましょう。

また、現在までに判明している「星杯」カードについては関連記事をご覧ください。

関連記事:【新テーマデッキ星杯】《星杯を戴く巫女》が『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に収録決定!
関連記事:【新テーマデッキ星杯】《星杯に選ばれし者》剣の使い手はサイキック族!【緊急テレポート】
関連記事:【《星杯剣士アウラム》効果考察】《聖杯に誘われし者》から漂う不吉なオーラ!テーマの実態を管理人が大予想!?

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. とある保護者な父親通行 より:

    お久し振りです。
    「星杯」と巫女の外見からfateを連想してしまったカルデアのマスターはこちらです(笑)
    castさん、イムデュークの説明欄、「「星杯」リンクモンスターの共通効果」が「共通項か」に、イヴの説明欄の「いい感じに機能」が「いい感じに昨日」に誤字ってますよ。

    • cast より:

      お久しぶりですよ~ イイ感じに誤字ってましたな…修正しておきます。 土方さんに怒られる

  2. ラララ より:

    星遺物の加護
    通常魔法
    このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
    ①:自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
    ②:自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

    星遺物の導き
    通常罠
    ①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスター1体を除外し、自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

    こうらしいですよ。他のサイトによると

  3. 星杯リンクモンスターは手札から展開する効果が付いているので、おもちゃ箱や予想GUYでリクルートするより手札に呼び込みたいですね。
    蘇生やサルベージも専用サポートに揃ってますし、中々強そうです。

    話は変わりますが、星遺物の導きの”蘇生”が誤字になってますよ。

  4. 匿名 より:

    結局、星遺物モンスターとはなんなのだろうか?

    • 予式龍一朗 より:

      さっきが調べたよ、これです。

      星遺物-『星杯』 星5 闇属性
      機械族 ATK/0 DEF/0
      このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
      ①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。
      ②:通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
      ③:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない

コメントを残す

【梶木デッキ胎動】城塞クジラを軸とした潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)が面白強い

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』にて収録され

【Pゾーンに舞い戻るスケール12《EM五虹の魔術師》の使い方】迷い風との組み合わせが面白い

『コレクターズパック2017』にて遊矢が零児とのラストデュエル

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)最新情報】謎の生命体はクラウド!?〖LABO感想〗

遊戯王VRAINS 徹底解剖!遊戯王LABOより引用 ©高橋和樹スタ

【機械族専用サポート《パルス・ボム》って良カードだなぁ】リンクモンスターには無力です(涙)

『コード・オブ・ザ・デュエリスト』に収録された機械族サポート罠

【白闘気白鯨(ホワイト・オーラ・ホエイル)が水属性を救う!?】グレイドルjr.からの選択肢が増えた!

本日は、『コレクターズパック2017』に収録される「白闘気」カ

【汎用ランク4海外新規《Tornado Dragon》襲来】生きてるサイクロンだぁぁぁ!

ハリケル:「海外版の『マキシマム・クライシス』に何やらヤバ気な

【鉄壁のU.A.《ディフェンスゾーン》効果考察】師匠の背後に《永遠の魂》を置くとカッコイイ

本日は『コード・オブ・ザ・デュエリスト』にてノーマルレアで収録

【ジャンプ付録版《ファイアウォール・ドラゴン》はもう手に入れたかな?】イラストは不評だけど性能は文句なしじゃ!

本日(2017/4/24)は、週刊少年ジャンプ21・22合併特

→もっと見る

PAGE TOP ↑