【天岩戸(あまのいわと)でスピリット以外のモンスター効果を遮断】エスプリット・バード強化来る!

公開日: : 最終更新日:2017/06/30 モンスターカード , ,

またまた公式Twitterにて新カードが公開となりました。

《天照大神》がニート(隠れていた)と言われている《天岩戸(あまのいわと)》が岩石族モンスターとして、7月8日発売『サーキット・ブレイク』に収録されます。

「やったぜ!《天照大神》強化!!」

と思いながらテキストを読んだら、「強い、強いけどコレは《天照大神》強化とは言い難い…。」という微妙な気分にさせられました。しかし、効果は本当に強いと言わざるを得ない!

「霊魂鳥(エスプリット・バード)」を強化する新カード《天岩戸(あまのいわと)》に注目です。

遊戯王OCG公式twitterより引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・製作/KONAMI

SPONSORED LINK

天岩戸(あまのいわと)

スピリット・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1900/守1200 このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 お互いにスピリットモンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻す。

スピリットモンスター以外のモンスター効果をシャットアウト!

〈複雑な心境だけど優秀だから文句はないです。〉

《天照大神》のモンスター効果のモチーフ元でもある「岩戸隠れ」の現場が正にこのモンスター!

モンスターゾーンに存在するだけでスピリットモンスター以外のモンスター効果を完全にシャットアウト。永続効果なので発動とかそんな甘っちょろい隙は与えねえ。盤面に出たら即座に適用されるから覚悟しな!

召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに手札に戻るスピリットお馴染みの効果を持っているからこそ許される強効果。痺れます…。

雑に強い効果なのですが、「霊魂鳥(エスプリット・バード)」デッキの視点で語るなら、出してさえ置けば《儀式の下準備》《灰流うらら》で妨害される心配がない…だとか《増G》投げられる心配がない…とか、《霊魂鳥神-彦孔雀》の効果に《幽鬼うさぎ》される心配がない…とか色々あり過ぎるので超便利です。

まぁ、あらゆる場所のモンスター効果を戒めるんだから弱い訳ないっすわ!!

手札に戻る効果も《彦孔雀》《姫孔雀》なら固定可能!!

《霊魂鳥神-彦孔雀》
儀式・スピリット・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻3000/守2500 「霊魂の降神」により降臨。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドのモンスターを3体まで選んで持ち主の手札に戻す。 その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。

 霊魂鳥神-姫孔雀
儀式・スピリット・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2500/守3000 「霊魂の降神」により降臨。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドの魔法・罠カードを3枚まで選んで持ち主のデッキに戻す。 その後、デッキからレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。

召喚・リバースすると手札に戻ってしまう訳ですが、《霊魂鳥神-彦孔雀》 霊魂鳥神-姫孔雀》の効果で条件無視特殊召喚を決めてやれば自分フィールドに固定する事が可能!

両名ともに先行1ターン目で立てるのが美味しくないモンスターなので、少し工夫が必要となりますが、《緊急儀式術》などを積んでいる型なら相手への妨害を決めながら《天岩戸(あまのいわと)》でモンスター効果に蓋。みたいな動きが出来ちゃう訳ですね…。

《高天原》もきていいのよ?

直接的な《天照大神》のサポートカードではありませんでしたが、「霊魂鳥(エスプリット・バード)」を初めとするスピリットモンスター達の強さを底上げしてくれる良カードなので良し!むしろ、この性能はスピリットモンスターだからこそ許された説…あると思います。

スピリットデッキはとりあえず《天岩戸(あまのいわと)》で安全を確保してから展開を開始する。

これがこれからのスピリットデッキのスタンダードになりそうですね!

お次はフィールド魔法《高天原》のOCG化ですね。待ってますよ、コナミさん!!

Amazon:遊戯王OCG デュエルモンスターズ CIRCUIT BREAK BOX
楽天:遊戯王OCG デュエルモンスターズ CIRCUIT BREAK BOX

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. ネテルヒトー より:

    高天原 なぜですか?ネタ元から分かるのですか?

    • cast より:

      高天原は天照大神など天津神が住んでいたとされている場所で、天岩戸をフィールド魔法でなくモンスターにしたのであれば次はフィールド魔法で高天原だな!って管理人の願望です。

  2. ユーキ より:

    彦孔雀も姫孔雀も、通ればゴッソリ盤面を持っていける効果なので、通しやすくなるのは嬉しいですね

  3. 匿名 より:

    久々のスピリット、しかも効果は強力
    言うことなしですわ

  4. 匿名 より:

    メリット云々は置いておいて、裏守備召喚した天岩戸に相手ターンでタロットレイでひっくり返したら相手の動き止めれるかな…
    素直にスピリットデッキで使った方が良いのはわかるけど

  5. 匿名 より:

    天照大神好きの身としては本当に微妙な心境です。
    てか絵的にも広すぎてフィールド魔法じゃないってどこの図書館ですかね?

    個人的願望ですが高天原に搭載して欲しいのは…
    ・発動時に拠点サーチ
    ・スピリットにマジェ耐性
    ・1ターンに1度スピリット1体を条件無視で除外から帰還
    これらが欲しいと思います。イメージを損なわず、尚且つ霊魂鳥神の降臨コストを次に繋げる意味を持たせれば、天照大神と織姫彦星という絵的にも最高のシチュエーションが(願望止まらず以下却下

  6. 匿名 より:

    個人的にはフィールド魔法は【黄泉比良坂】がいいです

  7. 匿名 より:

    モンスター効果を使わないデッキ、例えばフルバーン、チェーンバーン系統の強化ですね。
    初手に運良く来ればモンスター効果の手札誘発を毎ターン防げますね。

  8. にゃん より:

    モンスター…?と首を傾げたくなりますね
    というか天照大神の効果封じられないどころか発動したとたんに吹っ飛ぶんですが。全然隠れてない…

    • 白色 より:

      天岩戸は天照が自主的に引きこもっていた場所ってだけで神を封じる力があるわけではありません。なんで、効果を発動した(岩戸から出てきた)天照を止められないのは元ネタ的にはおかしくないと思いますよ。

  9. ランチョン より:

    召喚条件を無視すれば手札に戻らなくて良いんですか?

    • cast より:

      スピリットは召喚・リバースしたターンのエンドフェイズすると手札に戻るので 元々特殊召喚されることが想定されてないカードも相まって特殊召喚すると戻らないのです。

コメントを残す

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話感想】GO鬼塚の決意!ヒールターンによりダーク鬼塚爆誕!《毒霧》

友を昏睡に追いやったドクターゲノムをぶっ潰すべく立ち上がったG

【リンク・ヴレインズ・パック収録カード】彼岸、クリストロン、ライトロード等々!《アロマセラフィ-ジャスミン》公開!

皆が楽しみでしょうがない『リンク・ヴレインズ・パック』のカード

【サプライの軌跡】ブルーアイズデザインのデッキケースを入手!最近の非正規品って出来が良いんだね…

気付いてしまった…( ˘•ω•˘ )…カードサプライ系の記事を

【新パック「サーヴァント・オブ・キングス」は何が当たり?】混沌の黒魔術師欲しい!《遊戯王デュエルリンクス》

本日配信(2017/10/18)となる最新パック「サーヴァント

【インスペクト・ボーダーは強いのに安すぎる】メタビ専用カードとして見るのはやや早計かも?

「エクストリーム・フォース」には、過小評価され過ぎててやたら安

【デュエルリンクス】《機械天使の儀式》制限!《レッドアイズ・スピリッツ》は準制限!【最新リミットレギュレーション】

11月開催予定の「KCカップ」に向け、よりよいバランスを目指す

【セキュリティ・ドラゴンの登場で《トーチ・ゴーレム》完全に壊れる】妖精伝姫カグヤやインフェルニティデーモンでループする

《アカシック・マジシャン》の登場で既に壊れかけてた《トーチ・ゴ

【魔法使い族モンスター最強人気投票結果】腕力ではなく魔力の強さで己を高める者たち(例外もある)〈軌跡調べ〉

魔法使い族界最強の人気モンスター決定戦(軌跡調べ) 【魔法使い族

→もっと見る

PAGE TOP ↑