【コアキメイル・サプライヤー効果考察】ウルナイト効果リクルから鋼核の輝きや能力吸収コアをサーチできるの偉い!

超強力な「コアキメイル」新規強化《コアキメイル・サプライヤー》の特集記事です。

セルフSS&サーチ効果という分かり易い性能を持つ「コアキメイル」の革命児!

タイミング的に考えると、もうこれはほとんど「アダマシア」新規として言っても過言ではありません!!

…まぁ、「アダマシア」以外の岩石族ヘの影響も凄まじい一枚だと思います。

スポンサーリンク

コアキメイル・サプライヤー効果考察

《コアキメイル・サプライヤー》 
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1400/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の岩石族モンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「コアキメイル・サプライヤー」以外の「コアキメイルの鋼核」のカード名が記されたカードまたは「コアキメイルの鋼核」1枚を手札に加える。

 

セルフSS効果とサーチ効果の二本立て!

維持コストを要求されない点も含め、全体的にハイスペックな一枚です。

ちなみに守備力が1600なので《サンダー・ハンド》対応モンスターでもあります。

鋼核はサーチできるが金剛核はサーチできない

《コアキメイルの鋼核/Iron Core of Koa’ki Meiru》 
通常魔法
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、墓地のこのカードを手札に加える事ができる。また、自分のドローフェイズ時に手札から「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事で、墓地のこのカードを手札に加える。

 

サーチできるのは、「コアキメイル・サプライヤー」以外の「コアキメイルの鋼核」のカード名が記されたカードまたは「コアキメイルの鋼核」1枚なので、「コアキメイルの鋼核」のカード名が記されていない《コアキメイルの金剛核》はサーチできません。

ここら辺は結構ややこしいポイントなので、サーチできる範囲はあらかじめ把握しておいた方が良いでしょうね。

《コアキメイルの金剛核/Diamond Core of Koa’ki Meiru》 
通常魔法
デッキから「コアキメイルの金剛核」以外の「コアキメイル」と名のついたカード1枚を手札に加える。また、自分のメインフェイズ時に墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。このターン、自分フィールド上の「コアキメイル」と名のついたモンスターは破壊されない。

 

相互サーチ関係であればもっと有用でしたが、これに関しては妥当なラインだと思います。

今までサーチできなかったカードにアクセス可能になった

サーチ先として個人的に大きいと感じているのが以下の2枚。

魔法・罠カードの発動を無効にして破壊出来る《鋼核の輝き》、モンスターの効果の発動を無効にして破壊する《能力吸収コア》をサーチできるのは大きな強化だと思います。

役割が二つに割れちゃってるのは昔のカードっぽいですが、相手のデッキを見極めてサーチすれば強力なカウンター布陣を敷くことができるはずです。

《鋼核の輝き/Iron Core Luster》 
カウンター罠
手札にある「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せて発動する。相手の魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。

 

《能力吸収コア/Nega-Ton Corepanel》 
カウンター罠
自分フィールド上に「コアキメイル」と名のついたモンスターが表側表示で存在し、自分の墓地に「コアキメイルの鋼核」が存在する場合に発動する事ができる。効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。

 

それぞれ発動条件が異なるので、そちらの把握も大事です。

ウルナイトから楽々リクルート

《コアキメイル・ウルナイト/Koa’ki Meiru Urnight》 
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守1500
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。または、どちらも行わずこのカードを破壊する。1ターンに1度、手札の「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せる事で、デッキから「コアキメイル・ウルナイト」以外のレベル4以下の「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 

《コアキメイル・ウルナイト》からリクルートしてアドを稼ぐのマジで強い!

《コアキメイル・サプライヤー》 が自身の効果以外の特殊召喚に対応している点にマジで感謝です。

《コアキメイル・ウルナイト》自身は《炎舞-「天キ」》でサーチできる獣戦士族なので安定感もあります。

御影志士で安定サーチ

《御影志士/Gallant Granite》 
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/岩石族/攻2300/守1800
レベル4モンスター×2
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから岩石族モンスター1体を手札に加える。
●手札から岩石族モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

 

手札に引きこんでも強いカードなので、《御影志士》からのサーチムーブも捗ります。

ただし、サーチ先としては《魔救の探索者》の方が優先されると思うので、厚めに採用しておいて損はないと思います。

《岩石の番兵》等、展開し易い岩石族モンスターを雑にリリースして変換するのも良いでしょうね!

アダマシアでも超有能です

「アダマシア」と対戦すると結構な頻度で見かけるカードです。

やっぱり、《御影志士》からの《魔救の探索者》SSからの動きで展開が安定するのは大きいですよね~

「アダマシア」でこれなら、「コアキメイル」への影響は計り知れないでしょうし、ニューパワーを手に入れた「コアキメイル」デッキとも戦ってみたいです。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
Amazon

コメント

  1. 岩石コアキメイルだと同胞の絆からリクルートする対象としても有用ですね
    見せるコアキメイルをサーチしてこられるので情報アド的にも損失ないですし、同胞さえ握っているなら金剛核やアダマシアフレンズの存在から色々サーチ効くので先攻でオーバードーズとパキケを並べるのもそんなに難しくないです

タイトルとURLをコピーしました