【戦華(せんか)と対戦した感想】次元の裂け目をうまく使うデッキでした!【ネクロバレーも強そう】

『ライズ・オブ・ザ・デュエリスト』で強化された「戦華」デッキとデュエルしました。

「戦華」リンクモンスターである《戦華盟将-双龍》 は想像通りの強さで、今まで課題とされていた先攻展開も大幅に強化されていました。

コスト面で大喰らいなのは相変わらずのようですが、除去能力・パンチ力に関しては見所ありますねぇ…。

スポンサーリンク

双龍で大幅に強化された「戦華」

《戦華盟将-双龍》 
リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/獣戦士族/攻1100
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性の「戦華」モンスターを含む獣戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「戦華」カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「戦華」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(3):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送り、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

新規の中で一番目を引いたのは、やはり《戦華盟将-双龍》 でした。

打点面が少し頼りない印象もありましたが、1枚でサーチ・バフ・除去の3効果を担う性能は素晴らしいです。

特に、相手ターンでも発動できるバウンス効果が優秀で、このカードと《戦華の仲-孫謀》が横並びすれば、《双龍》の効果をトリガーとして《孫謀》のバウンス効果も誘発するという驚異の除去盤面を敷くことができます。

《戦華の仲-孫謀/Ancient Warriors – Masterful Sun Mou》 
効果モンスター
星4/水属性/獣戦士族/攻1800/守1500
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「戦華の仲-孫謀」以外の「戦華」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

この他にも、「戦華」モンスターの効果の発動が自身のトリガーとなる、「呉」陣営のモンスターと《双龍》の③効果との相性は抜群です。

先攻「諸葛孔」が雑に強い!

《戦華の智-諸葛孔/Ancient Warriors – Ingenious Zhuge Kong》 
効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻1000/守2000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「戦華」カードの効果でデッキから手札に加わった場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):魔法・罠カードが発動した時、自分フィールドの表側表示の「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にする。
(3):自分フィールドに「戦華の徳-劉玄」が存在し、モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にする。

 

《諸葛孔》を先攻で雑に立てられるのが本当につらかったです。

「戦華」永続魔法・永続罠というコスト要求があるとは言え、あちらはあちらで墓地に送られると効果が出る訳で、「それって実質ノーコストじゃね?」っていう印象。

出来れば①効果で特殊召喚したい所ですが、素引きしてもポン出し②効果構えが出来るのは大きな強みだと思います。

③効果は「劉玄」との噛み合いが中々に厳しいようですが、揃ったら魔法・罠発動無効1回、モンスター効果発動無効1回の計2回制圧の鬼モンスターの出来上がりです。

対戦した「戦華」は《次元の裂け目》入りでした

《次元の裂け目/Dimensional Fissure》 
永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いの墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。

 

もうね…これが本当にきつかった…((+_+))

「戦華」ってテーマ内に蘇生効果が一切ないらしく、《次元の裂け目》が自然と入るデッキみたいです。

一部効果(双龍,孫謀等)はコスト次第でアンチシナジーになるようですが、それもプレイでケアできる範囲って事でした(魔法や罠をコストにすれば問題ない)。

《次元の裂け目》を貼る事で《エフェクト・ヴェーラー》等の誘発ケアも出来ますし、かなり相性は良さそうでした(ただし「うらら」は効く)。

《ネクロバレー》も良さそうだなって思いました

《王家の眠る谷-ネクロバレー/Necrovalley》 
フィールド魔法
(1):フィールドの「墓守」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いに墓地のカードを除外できず、墓地のカードへ及ぶ効果は無効化され、適用されない。

 

個人的には《王家の眠る谷-ネクロバレー》も相性良さそうに見えました。

《次元の裂け目》だと自分も手札誘発が使い辛くなるなどの弊害もあるので、それが気になる場合はこっちも良いかも?

逆に《マクロコスモス》は効くようです

《マクロコスモス/Macro Cosmos》 
永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

 

逆に、魔法や罠も除外されてしまう《マクロコスモス》との噛み合いは最悪です。

これを置かれると最早何もできなくなるレベルと言っても過言ではないですねぇ…(流石にヤバイ)。

個々のモンスターが単純に強くて良いですね

何だかんだ言っても後攻寄りのデッキだとは思いますが、《裂け目》や《ネクロバレー》を使えば先攻ムーブも補強できるので、メタビ好きの人には結構オススメできるテーマだと思います。

あと、パーツが安くて組みやすいってのも良点ですね!

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
Amazon

コメント

  1. 蘇生ないのは歴史ものだし意図的なのかな

  2. まあでも墓地のモンスター回収もできるから個人的にはちょっと微妙だな

  3. ネクロバレー入りなら王家の生け贄でバウンスケアもできるね

  4. 戦華は恐ろしいことにスキルドレインも入れられるんですよ…
    魔法罠は孫謀のサーチ効果のコストでいつでも解除出来る上に、コストで墓地に送るからスキルドレイン発動化でも好きなときに剥がせます
    その他虚無空間王宮の勅命みたいなものも外せるのでかなり構築の幅は広いですね

タイトルとURLをコピーしました