【新カード】《ビック・バイパー T301》効果・画像公開!セルフSS効果&機械族・光属性全体強化の超時空戦闘機登場!

公開日: : モンスターカード

やっぱり他にもあった「グラディウス」シリーズ!

巨大戦艦は時々強化を貰っていましたが、超時空戦闘機側の新規はマジで久々です!

「ブラスター・キャノンコア」に合わせて「T301」をカード化してきたか!…分かってるぅ。

SPONSORED LINK

「ビック・バイパー T301」効果

《ビック・バイパー T301》 
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカード以外の自分フィールドの機械族・光属性モンスターの攻撃力は1200アップする。

収録:【ライジング・ランペイジ】

攻撃宣言時に特殊種召喚できて周りをスゲェ強化するだと!?


ぼく光属性・機械族

自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に手札・墓地から発進!

更に自分フィールドの機械族・光属性モンスターの攻撃力を1200もアップする永続効果持ちという破格性能。

強化するのはこのカード以外の機械族・光属性限定ですが、特殊召喚効果自体は種族・属性などを問わない効果です。

テーマ内外問わず活躍しそうな優秀なモンスターですね!

ビック・バイパーT301は『グラディウスV』の機体です


これはZOEのビックバイパー

「ビック・バイパーT301」は『グラディウスV』の主人公機体です。

「巨大戦艦ブラスター・キャノンコア」も『グラディウスV』に登場するボスなので、作品を合わせて収録した感じですね。

「T」は量産型を意味し、「300」は強化シリーズの型番だったはずです。

ソース:【遊戯王OCG公式ツイッター】

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. MO@I より:

    相手にモンスターがいる想定でのSS効果、1500以下のモンスター、強化範囲は自分以外!
    SSもダメステ発動じゃなくて攻撃宣言時だから問題なくバトルフェイズ中に暴走召喚打てるやん!
    3600が3体並ぶやん!勝ちやん!

  2. 匿名 より:

    タイムスリップして突然戦場に現れ共闘し(自己SS)、
    オプション軌道で仲間を火力援護する(自分以外を強化)、
    これは中々の原作再現でグラ5好きにも嬉しい

  3. 匿名 より:

    サイバードラゴンデッキなら容易にサーチも墓地送りもできるしリミ解緩和と合わせて脳筋構成で遊べそう

  4. 機械族 より:

    ABCにピンで入れようかなぁ

  5. H.T より:

    サイバードラゴンとF.A.(F.A.ライトニングマスター)に使いたいカードですね。

コメントを残す

【新テーマ】「王(ジェネレイド)」カードイラスト・効果公開:種族属性混合レベル9テーマ爆誕!【DBミスティックファイターズ】

「Yu-Gi-Oh.JP」にて、新テーマ「王(ジェネレイド)」のカ

【破械雙王神ライゴウの使い方・効果考察】破壊が更なる破壊を呼び覚ます!3つの効果全てが破壊効果…正に破壊の化身!

関連記事: 【カオス・インパクト:強くてオススメ汎用当たりカード5

【汎用レベル8シンクロ一覧から選ぶオススメモンスターカード】スカーライト等【天威の龍鬼神追記】

レベル8のシンクロモンスターのオススメカードを推薦・紹介した記事で

【カオス・インパクト】注目裁定5連発!セイファート、マスカレーナ等、注目カードを事前にチェック!

『カオス・インパクト』収録カードの中から、気になったカード裁定をい

【ドカンポリンの使い方・効果考察】EXモンスターゾーンを指定せよ!壊獣とのコンボにも注目です!

先置きする《強制脱出装置》はトランポリン? 本日は、『カオス

【魔筒覗(まづつし)ベイオネーターの使い方・効果考察】3体いれば3000ダウン!相手モンスターの攻撃力を永続的にダウンさせる

このビジュアルでアンデット族って厨二病過ぎる(歓喜)。 本日

【燎星のプロメテオロンの使い方・効果考察】リミ解で攻撃力5600!最大6連撃の燃える機械族!

燃える連撃野郎《燎星のプロメテオロン》に注目だ! 一見、炎族

【カオス・インパクト&SPパック開封結果】20thシクのセイファート,マスカレーナ当たれェェェ!

皆さん、おはようございます! 本日は『カオス・インパクト

→もっと見る

PAGE TOP ↑