【梶木デッキ胎動】城塞クジラを軸とした潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)が面白強い

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-』にて収録される《城塞クジラ》をはじめとした「梶木漁汰」関連カードについてのお話。

《要塞クジラ》や《伝説のフィッシャーマン》など印象深いカードを保有するもののデッキとして纏まるにはあと一歩足りない印象だった「梶木くん」デッキがついにカテゴリ化を果たします。

とりあえずこれだけは確実に言える…

《潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)》のイラスト最高や!!

SPONSORED LINK

「梶木漁太」関連カード

外部リンク;DPレジェンドデュエリスト編
©2017 Konami Digital Entertainment

左から《城塞クジラ》《伝説のフィッシャーマン二世》《海竜神の怒り》《潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)》となってます。
フィールド魔法・永続罠・レベル5以上の水属性モンスターと要求されるコンボパーツは多いですが、それを支える事ができる性能を持ったカードをきちんと貰えている印象です。(いいぞぉ)

城塞クジラ

効果モンスター
星7/水属性/魚族/攻2350/守2150
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在する場合、 自分フィールドの水属性モンスター2体をリリースして発動できる。 このカードを特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「潜海奇襲」1枚を選んで自分フィールドにセットする。
③:1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体のみを対象とする 相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

《潜海奇襲》をフィールドにセットできるデッキの要

フィールドの水属性モンスターを2体リリースするとフィールドに舞い戻ってくるセルフ特殊召喚効果。手札からだけでなく墓地からでも戻ってこれるので②の効果を加味すると2体リリースしても《クジラ》+《潜海奇襲》で2:2交換となる。

なお、このリリースを「海皇」モンスターで賄うと効果を誘発する事が出来るのでかなり美味しい状況を作り出せるとの事…。

《潜海奇襲》の効果については後記しますが、このデッキをまとめる上でかなり重要な役割を担うカードなので、それを引っ張ってくるこのカードの有用性は語るまでもありませんね。
ステータスこそ貧弱ですが、水属性モンスターを対象とする効果を無効化&破壊する効果ももっているので、盤面を築く上できちんと役割を持てる良カードだと思います。

伝説のフィッシャーマン二世

効果モンスター
星5/水属性/戦士族/攻2200/守1800
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り 「伝説のフィッシャーマン」として扱う。
②:このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドに「海」が存在する限り、 このカードは他のモンスターの効果を受けない。
③:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。 デッキから水属性・レベル7モンスター1体を手札に加える。

噛合うカードをサーチしまくれ!

伝説の都 アトランティス》を併用すれば、実質レベル4・攻撃力2400・モンスター効果を受けないモンスターとしての運用が可能となります。
攻撃力2400だと流石に戦闘破壊は免れないと思いますが、③効果は戦闘破壊でも誘発するのでデッキからすかさず水属性・レベル7モンスターをサーチ可能!

サーチできるカードについては後半に書いてます。

海竜神の怒り(リヴァイアサン)

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:フィールドに「海」が存在する場合、 自分フィールドの元々のレベルが5以上の水属性モンスターの数まで、 相手フィールドのモンスターを対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 次のターン終了時まで、そのモンスターゾーンは使用できない。

破壊&ゾーン使用制限効果!

「海」と自分フィールドのレベル5以上(元々のレベル)の水属性モンスターを参照する必要はありますが、大量破壊が狙える速攻魔法カードは魅力的。しかも破壊したモンスターが存在していたモンスターゾーンを一時的に使用不可にするという破格のおまけ付き!

表記的にエクストラモンスターゾーンに存在するモンスターを破壊すればエクストラモンスターゾーンも封じる事が出来ので相手ターンの行動を抑止できる可能性は十分に感じられます。発動条件は割と重めですが、テーマ構築すれば問題なく発動できる良バランスカード。

「海竜神の怒り」と聞くと《ネオ・ダイダロス》のストラクチャーデッキを思い出しますが、「海竜神の怒り」とはそもそも《海竜神(リヴァイアサン)》の効果(OCG版だとバニラ)なのでコレぞ本家。

潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)

永続罠
①:このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・墓地の「海」1枚を選び、発動できる。
②:フィールドに「海」が存在する場合、表側表示のこのカードは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。 このターン、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが 相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 その相手モンスターを破壊する。

味方を守りつつ自分も守る強力な効果

永続魔法・罠を戦術に絡めた際に度々話題になる「きちんと維持できたら強いんだけどなぁ~」というやりとりをフィードバックしたかのような効果を持つ永続罠。

①効果は墓地の「海」を再利用するだけでなく、変則タイミングで発動できるので非常に面白く、盤面を築く要求パーツが多いという課題をきちんと補助してくれるかなり優秀なカードです。

味方を横にどけて《潜海奇襲》を含む自分の表側表示の魔法・罠カードを相手の効果破壊から保護。
ダメステ開始時に相手を破壊する効果で戦闘を補助…トリッキーながら非常に強力な二つの効果を有した永続罠なので、これを見ただけでデッキを作りたくなるやべぇ魅力に満ち満ちています。

二世の③効果のトリガーが相手の効果限定(フィールドを離れるの方)なのは《潜海奇襲》の効果があるからでしょうね。(これで出し入れできたらアドアドしいってレベルじゃねーぞ!)

二世でサーチできる水属性・レベル7モンスターについて

二世の③効果でサーチできる水属性・レベル7には魅力的なフレンズがいっぱい!

ここでは相性が良いと思われる主要モンスターの一部をご紹介していきます。二世から三世がきちんとサーチできるってのも良いよね…(受け継がれる血統と意思の力)

「梶木」関連モンスター(クジラ・三世など)

《城塞クジラ》《伝説のフィッシャーマン三世》は勿論、《要塞クジラ》だってしっかりとサーチする事が可能です。
テーマギミックを意識すると《城塞クジラ》《三世》の二択になるのでしょうけど、儀式を交えたファンデッキも作成可能ってのが大きいですなぁ~

「海皇」「水精鱗(マーメイル)」関連

構築段階で寄せる必要が出てきますが、「水精鱗(マーメイル)」の最上級モンスターは全てレベル7で統一されているのでサーチ対象です。あと、《海皇龍 ポセイドラ 》もサーチできますゾ。

「ダイダロス」「スーガ」の姿も!?

《海竜-ダイダロス》と《水魔神-スーガ》が名を連ねると『デュエルリンクス』感が一気にUPしますね。特に《ダイダロス》は「海」とのシナジーもあるし、思わず一緒に使いたくなっちゃいます。

今まで意識した事はなかったですが、こうやって眺めると昔から水属性の大型にはレベル7が当てはめられる事が多かったってのが分かりますね。(興味深いな)

その他:《霧の王》など

kiri

ひょんなタイミングで度々現れる《霧の王》さんや、最近の水属性プッシュで元気百倍な《超古深海王シーラカンス》さんもチャッカリ参戦。
他にも「氷結界」に属する最上級モンスターの方々もサーチ対象との事。なんか色々引っ張って遊べそうな予感だのぅ

《潜海奇襲》が綺麗に機能したら気持ちいいだろうなぁ

二世からのサーチ範囲の広さや「海」フィールドのチョイス幅など、個性を出すポイントがたくさんあるので構築段階からかなり楽しめるデッキの予感。
《潜海奇襲(シー・ステルス・アタック)》の様な「維持できたら楽しいだろうなぁ~」系のカードはロマンと実用性がつり合っていない事が結構多いですが、これに関しては絶妙なバランスを維持していると感じるのできちんと組めばちゃんと報われる可能性は高そうです。

まぁ、《コズミック・サイクロン》とかの存在を考えると、永続罠をデッキの核にするのはやっぱりリスキーなんですが、梶木くんファンにとっては念願の強化(纏まった)なんで、そんな事二の次でしょう!

管理人の周りには「レッドアイズ」好きと「アマゾネス」好きが多いので、管理人もトレードでワンチャン「梶木」くんデッキを狙ってみるつもりです。

三世の準備はバッチリだぜ!!

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 鶏ノ介 より:

    いままで一族の結束と伝説の都アトランティスを軸に構築していた、私のジェノサイドキングサーモン中心の魚族デッキが、今回の新カードと相性抜群だと思います。
    先日の記事の新規魚族シンクロを併せて
    アトランティスサーモン~シンクロを添えて~
    を作ろうと今からワクワクしてます!

  2. 匿名 より:

    キャラの戦法や雰囲気を崩さず尚且つ実用的!
    カード同士でサーチしあうので出張セットとしても優秀だしデッキ自体に個性も出せる!!
    今からデッキを考えるのが楽しくてしょうがありません(笑)
    自分はなんだかんだ打点と除去力に不安があるアクアアクトレスにいくつか混ぜてみようかと考えています

  3. カフェイン より:

    フィッシャーマンはアトランティスを共有可能で、仮に引けていなくてもP召喚から
    2世→3世の流れを狙えるダイナミストと混ぜようかと思っています。
    バハシャを失った海皇水精鱗に白鯨、城塞と有能な新規が来てくれてありがたい…。

  4. ゲス顔ダブルエックス より:

    海中からの奇襲攻撃っぽいイラストですなぁ、原作っぽくて良いです。
    よし、干潮にして打ち上げられた所を一網打尽だ(笑)

  5. 匿名 より:

    シーステルスアタック強そう

  6. 匿名 より:

    遊戯王を始めた10年以上前からずっと使ってるダイダロスデッキに全て採用できる神カード達ですね!特にシーステルスアタックはダイダロスの効果使用後のアトランティスを回収できる上、打点の低いダイダロスを戦線維持しやすくなると相性抜群です!

コメントを残す

【電送擬人エレキネシス効果考察】相互リンク切断!機界騎士サポート!エレキ新規!出来る事色々!

『エクストリーム・フォース』の店頭用ポスターから新たなカードが

【カードスリーブ投票《モリンフェン》が現在一位】投票の締め切り日は明日17時!まだの人は投票急げ!!

関連記事: 【カードプロテクター・スリーブカードイラスト大投票

【ストラクR-神光の波動-全収録カードリスト】《同胞の絆》《アテナ》《宣告者》の再録が嬉しい!

遊戯王公式情報サイトから画像引用 本記事は、2017年9月23日

【サブテラーの導師が付録の「Vジャンプ11月号」は本日発売】アークファイブ・ソウラ・犬マユゲの感想

《サブテラーの導師》が付録の『Vジャンプ11月特大号』を購入し

《サイバネット・リフレッシュ効果考察》相手サイバース族モンスターの文字が重くのしかかる!これは流石に使いにくいか?

アニメ放送終了後の定期ツイートにより10月14日発売『エクスト

【遊戯王ヴレインズ第19話感想】生きる為のデュエル!闇に葬られたハノイプロジェクトの真実

ティンダングルOCG化も決定して絶好調の晃お兄様 目の前

【スパイラルの《トライゲート・ウィザード》が強すぎる】相互リンク自由自在ならこんなもんさ!

本日の午前記事は、今をトキメク《トライゲート・ウィザード》さん

【ついに現れた機界騎士(ジャックナイツ)】列を巧みに操る上級・最上級で構成されたサイキックテーマ!

《星遺物の傀儡》に描かれていた7色の存在…彼らの正体がついに明

→もっと見る

PAGE TOP ↑