【サイバーダーク新カード考察:クロー・カノン・インフェルノ3枚とも強い】また融合・フュージョンサーチ付いてるぅぅぅ

公開日: : 最終更新日:2017/05/20 モンスターカード , ,

新規「サイバー・ダーク」モンスター来るー来るーとは言ってましたが

ここまで優秀な奴らが三連星で来るとは流石に予想外!

特に《サイバー・ダーク・クロー》《サイバー・ダーク・カノン》の二体は機械族じゃなくてドラゴン族になっちゃってる驚きが凄いです。(こうやって溝を埋めて来るのか…ナルホドナルホド)

《サイバーダーク・インフェルノ》にもサラッと融合・フュージョンサーチ効果が付いてるし…大盤振る舞い感がやべぇ!

SPONSORED LINK

サイバー・ダーク・クロー

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードを装備カード扱いとして装備している装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
③:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

サラッと《ゲール・ドグラ》効果を内蔵しています…

①の「サイバーダーク」魔法・罠カードサーチは、今回判明した《サイバーダーク・インフェルノ》だけでなく《サイバーダーク・インパクト!》をサーチする事も可能なので、旧サポートとの懸け橋にもなる重要な効果です。
現在は対応するカードが二枚と少ないですが、それでも十分優秀過ぎます。

②は自分のEXデッキからモンスターを1体墓地に送る事が出来る《ゲール・ドグラ》を内蔵しており…《鎧黒竜》《鎧獄竜》の装備サポート用のドラゴンを墓地に蓄えたり、その他にも色々と悪さするには十分すぎる効果です。

戦闘の度に《旧神ヌトス》を墓地におくってあげて相手の場を割る!とか面白いと思います。

やられちゃった場合でも③効果で墓地から「サイバー・ダーク」モンスターを回収してくれる良い子です。同名も回収でき上に自身を対象にできるってのが凄い。(さては絶対に回収する気だな)

また、今までの「サイバー・ダーク」モンスターと違い今回の二体はドラゴン族。

エッジ》《キール》《ホーン》《鎧黒竜》《鎧獄竜》に装備する事ができるのも大きいです。言うなれば存在そのものが強い…そんな感じ!

サイバー・ダーク・カノン

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードを装備カード扱いとして装備している装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
③:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキから1枚ドローする。

正真正銘の《おろかな埋葬》効果内蔵

専用の《おろかな埋葬》効果を持ってます…って書くことは多いのですが、マジでモンスターなら何でもOKな正真正銘《おろかな埋葬》効果を内蔵してるモンスターはかなりレアな存在じゃないでしょうか?

①効果の「サイバー・ダーク」モンスターサーチには機械族縛りがあり、《サイバー・ダーク・クロー》にはアクセス不可なので要注意。流石に手札誘発サーチから手札誘発サーチに繋がるのは強すぎるもんね。

③効果に関しては、《クロー》にも言える事ですが、「サイバーダーク」が持つハンド消費がド派手って弱点を強く意識した効果になっているのでかなり有難いですね。(きちんと考えられて設計されてる気がするなぁ~)

サイバーダーク・インフェルノ

フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない
①:装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
③:フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

装備装着状態の「サイバー・ダーク」効果モンスター全てにマジェスペクター耐性を付与

一番強そうに感じる書き方を…と考えた末に「マジェスペクター」耐性の記述に行き着きました。

②効果は手札に戻してどうするの?と感じる人もいるかもしれませんが、《エッジ》《キール》《ホーン》の三種類は召喚成功時にドラゴン族を装備カード化する効果を持つので、その効果を安定して発動する為の装置といった感じです。また、新規の《クロー》と《カノン》は装備状態から外れて墓地に行くとアドを稼いでくれるので、これで出し入れするだけで回収とドローでウマウマできるって訳です。

※:②効果で出し入れして《クロー》《カノン》を墓地に送っても装備状態として扱われないのでサーチ効果はでないっぽいです。(失礼しました。)

そして、③効果はみんな大好き(?)「融合」or「フュージョン」魔法カードサーチ!

①効果で耐性、②効果で出し入れアドマシーンと化すこのフィールド魔法は相手からすると非常に厄介な存在。
そんな厄介な存在を放置できるはずもなく…「よし、ぶっ壊すか…」となる訳ですが、ぶっ壊すと「融合」or「フュージョン」をサーチさせてしまうというジレンマ内蔵っていうね…(;’∀’)…。

コズミック・サイクロン》くん…働くねぇ~

まぁ、相手の効果って一文があるから随分とマシな感じはします…。

色んなデッキと混ぜ混ぜして楽しめそうな感じがするなぁ~

ドグラ効果・おろ埋効果・融合(フュージョン)サーチという悪戯ごころ(悪用)満点の効果をうまく使えば色んなデッキと共存させることも可能な気がしてきました。

ドラゴン族を装備って点だけで見れば、同時収録される「レッドアイズ」とのシナジーもない事はないですしね…「レッドアイズ裏サイバー」ワンチャン!?

というか、今回のデュエリストパック…やたら新規が多い気がする。(気のせいじゃないよね?)

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. だるく より:

    インフェルノの②効果ではクロー、カノンの③効果は発動しないらしいです。

  2. 匿名 より:

    アキュリスと同じで装備カード状態でないとだめなので、③効果は多分無理ですね。

    ただ、エンペラーオーダーとか自壊効果とかなら利用できますし、ブラックボンバーで特殊召喚してから再召喚でレベル8~9シンクロ狙えるようになったので、色々と面白いことになりそうです。EXデッキもっと欲しい。

  3. 匿名 より:

    真紅眼使いなのでちょっと本気で真紅眼裏サイバー考えてみますわ、少し楽しみ

  4. 匿名 より:

    インフェルノの耐性付与は装備カードが装備されてるサイバー・ダークのみですね

    サイバーダークに限らず、今回の新規は魅力的なものばかりですね!リンクス枠の再録はコナミの魂胆が垣間見えてあまりいい気はしませんが…
    それを含めても発売が楽しみです

    • cast より:

      言葉足らずの部分があったので追記しておきました。(ご指摘ありがとうございます。)

  5. より:

    引退したのに組みたくなっちゃうヤバいヤバい…

  6. 親切なおじさん より:

    新サイバーダークは相手ターンに一回無効打つとそれ以上妨害できないのがつらいですがサイバー・ダーク罠もインフェルノによるサーチ対象なので新規罠による装備の供給が来ることを祈ります

  7. 匿名 より:

    戦闘を「行った」ダメージ計算時という類を見ない表記が気になりますね
    戦闘破壊される場合は墓地肥やしできないなんてことない…ですよね?

  8. ユーキ より:

    ホーンは再録されるようですが、エッジとキール、サイバーダークドラゴン等は再録されるんでしょうかね…

  9. 匿名 より:

    ほんと、リンクス再録さえなければファンに優しいいいパックなんですがねぇ~

  10. にゃん より:

    新規しか使われないABCみたいなことになったらどうしようとか思ってたけど、
    いい意味で予想を裏切ってくれました…旧カードを生かす方向で、しかも足りない所を補ってくれてるのがすごい…いつもそれくらいやってくれたらなー

  11. 匿名 より:

    クローとインフェルノはまあ分かるんですけど、カノンって何なんですかね?canonなんでしょうか?

  12. 匿名 より:

    カノン、クローの装備効果はダメージ計算時に発動するから自爆する前に発動できる。
    クローの効果でヌトスだけでなくキメラフレシアを落としてオーバーロードフュージョンサーチ、とかも面白そうです。

  13. レモンの人 より:

    レモンの人です。
    今回のサイバーダークの面白い点はブラックガーデンと相性が良いという事です。
    新カードである「ゲートウェイドラゴン」や「スニッフィングドラゴン」とも攻撃力800の倍数という点で相性が良く、サイバーダークに足りない展開力をサポートしてくれます。
    また、発生するローズトークンをホーンで滅多打ちにする事も出来、非常に強いです。ブラックガーデンの効果で蘇生したサイバーダークも事前にサーチしたインフェルノを発動すればカバー出来ます。

    また、大量展開した効果モンスターを素材に「トポロジックボマードラゴン」を展開してロック、クローの効果で墓地にレッドライジングを送り次のターンで墓地のリゾネーターを蘇生する、サイバードラゴンをピンで入れてオーバーロードしたり、ブラックボンバーを入れてブラックローズやダークダイブするのもオススメです。

    このように、いっその事攻撃力800の倍数の「ブラックガーデン&サイバーダーク」デッキとして組むのも良いと思います。
    ※一方で、フィールド魔法依存である事、大量展開デッキとは相性が悪い、EXモンスター以外の火力が低く巻き返しが難しい、モンスター効果依存、除外に弱い、などの問題点を抱えています。後は構築者本人が調整する事をオススメします。

  14. 匿名 より:

    クローはほんと便利

    融合サイバーダークの装備対象を落とすところから始まりヌトスの除去、キメラフレシアの融合·フュージョンサーチ、果てはサイバーダーク落としてサイバーダークネスの素材を賄ったりとやり放題。サーチ効果もインフェルノだけじゃなくてインパクトもサーチ出来るからインパクトの使い心地もかなりよくなるはず

  15. マグネッター力石 より:

    インフェルノの再召喚効果はサイバーダーク達の装備効果を無効化された時に役立つ他、メタフォなんかの割って効果を発動するタイプのもので装備モンスター割るとかすれば何か使えそうな希ガス

  16. 匿名 より:

    裏サイバー楽しみです。個人的にはリバリアンシャークを落としてセブンスワンをデッキトップに置いたり、ロンゴミを落として冀望皇バリアンを立てても面白いかと。

コメントを残す

【天使族モンスターカードランキング人気投票】アナタの好きを募集中!《遊戯王の軌跡調べ》

戦士族モンスターの人気投票記事が大好評だったので…調子に乗って

【闇属性ドラゴン族期待の星《ゲートウェイ・ドラゴン》効果考察】スニッフィング・ドラゴンも優秀やなぁ

そろそろ「ヴァレット」特集が来るかなぁ~ってタイミングですが、

【最新パック「サーキット・ブレイク」オススメ収録カードリスト】ヴァレルロードドラゴン装填!

2017年7月8日は最新ブースター『サーキット・ブレイク』の発

【ドラゴン族汎用リンク《ツイン・トライアングル・ドラゴン》襲来】リンク3へとつながる蘇生効果!

関連記事:【汎用リンク《アカシック・マジシャン》は可愛くって超

【グレイドルサポート?《水精鱗-ネレイアビス》効果考察】マーメイル強化としてはどうなんだろう?

昨日の早朝にTwitterで公開されたカード《水精鱗-ネレイア

【汎用リンク《アカシック・マジシャン》は可愛くって超強力】ゾーンを意識したプレイングを相手に強要!

【サーキット・ブレイク:公式情報サイトより引用】 〈ヴァレルロー

【Vジャンプ2017年7月特大号・漫画アークファイブ・ソウラ感想】サイバースで役立つ《リンク・ディサイプル》が付録です

〈プレイメーカーとリボルバーの表紙が目印〉 もう一カ月も経ったの

【サイバーダーク新カード考察:クロー・カノン・インフェルノ3枚とも強い】また融合・フュージョンサーチ付いてるぅぅぅ

新規「サイバー・ダーク」モンスター来るー来るーとは言ってました

→もっと見る

PAGE TOP ↑