【盆回しとポップルアップ】フィールド魔法を取り巻くサポートカード格差問題《ノーレアの軌跡》

公開日: : ノーマルレアの軌跡

フィールド魔法カードと言えば《テラ・フォーミング》でのサーチですが、近年では《盆回し》等、それ以外にも様々なアクセス方法が遊戯王OCGの世界には登場しています。

本日は、そんなフィールド魔法サポートを使命とし、《盆回し》と同じノーマルレアで生まれた《ポップルアップ》の紹介です。

ポップルアップ:「解せぬ…」

SPONSORED LINK

《ポップルアップ》

速攻魔法
「ポップルアップ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手のフィールドゾーンにカードが存在し、 自分のフィールドゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。 デッキからフィールド魔法カード1枚を発動する。

相手がフィールド魔法を使わないと完全に腐る!!

デッキからフィールド魔法を発動できるという《終焉の地》ヨロシクな効果を持つ速攻魔法。

効果に関しては間違いなく強力ですが、問題はその発動条件。

「相手のフィールドゾーンにカードが存在し、自分のフィールドゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。」

そう、《ポップルアップ》は相手がフィールド魔法を使わなかった場合、単なる事故札に成り下がるという致命的な欠陥を持っているのです。

それでは、最近大活躍の《盆回し》を比較の為に見てみましょう・・・

《盆回し》は色々と完成され過ぎている

速攻魔法
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、 そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。 この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、 お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

この「相手にもフィールド魔法をあげるんだから公平でしょ~」と言わんばかりの効果。

実際には貰っても困るフィールド魔法を送り付けられてロック(フィールド魔法の発動を)されたり、送り付けた直後にぶっ壊して効果を誘発してくるという不条理さ!

また、《ポップルアップ》《終焉の地》は、これらの効果処理途中にフィールド魔法が発動されてしまう為、「発動時の効果処理として~」系の効果が処理されない不具合もあります。(;´Д`)

あぁ、《盆回し》《ポップルアップ》、どこでこんなにも差がついてしまったのか…。

だが、私は言いたい。《盆回し》は《ポップルアップ》という失敗の上に成り立っているのだと!

〈それでも管理人は終焉の地が好き〉

《盆回し》と併用するという活路こそありますが、やはり《ポップルアップ》は完成されたカードとは言い難い気がします。

しかし、そんな失敗があったからこそ《盆回し》という素晴らしいカードが誕生した事を、我々は忘れてはいけません。《ポップルアップ》先輩に敬礼!

総評:イラストは可愛いよ!!

【総評】効果はアレだが、イラストは可愛いぞ!!

まぁ、最終的にはここに落ち着く訳ですよ!!

デッキからだけじゃなく、手札や墓地からも発動できたらまた少し評価も違っていたかも?なんて考えたりもしますが、もう出てしまっているものはしょうがない。

ちょっと足りないところがノーマルレアらしさってのもありますしね…。

今日は《ポップルアップ》について思いを馳せました。あぁ、無情。

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    なんかサイト見づらくなった気がします

  2. 匿名 より:

    むしろこういうものをノーレアとして収録すべき
    手に入りにくい汎用として高騰されるのは本当に困る

  3. 匿名 より:

    盆回しもかわいいという追い討ち
    9期ノーレアの闇、シラユキさんとかありましたね。妖精はこれからも闇を産んでいきそう
    うららがノーレアだったらヤバかったという関係ない感想、発売まで解らなかったあたり

  4. 匿名 より:

    盆回しはセットするだけですよね?「貰っても困るフィールド魔法を送りつけられてロックされたり」とはどのような状況なんでしょうか?

    • cast より:

      発動できないタイプのフィールド魔法を送り付けられる状況ですね。

    • cast より:

      正しくはフィールド魔法の発動をロックです。ちょっと誤解を招く表現だったので修正しておきます。

    • モブハノイ より:

      「セフィラの神託」「ユニオン格納庫」などの「このカードの発動時の効果処理として、デッキから〇〇(対応するカード)を手札に加える」効果を持つフィールド魔法を贈ると、デッキに対応するカードがなければ発動できなくなります。

      これを使ってフィールド魔法の使用を封じる戦略ですねー。「混沌の場」あたりがよく贈られてるそうです。

  5. 匿名 より:

    ポップルアップや終焉の地みたいな直で発動する系だと「このカードの発動時の効果処理として、○○を手札に加える」みたいな効果が使えないんですよね。
    盆回しなら問題なく使えます。
    この差は大きいんじゃないでしょうか?

    • cast より:

      確かにそれは大きなポイントですね。追記しておきましょうか…(ドンドン差が開いていぅぅ) あ、でもオレイカルコスの結界なら自場のssモンスター全破壊デメリットを踏み倒せる!(活路)

      • 匿名 より:

        確かに裏を返せばデッキにセフィラが無くてもセフィラの神託が貼れるって事にもなりますけど…ねぇ?(笑)

  6. ショウ♪ より:

    GX効果で終焉の地が好きです

  7. 匿名 より:

    終焉の地は恩返しデュエルという見せ場があるからな
    あの時と一緒だな

  8. 匿名 より:

    盆回しは初売価が180円ぐらいだったことにびっくりしたなぁ
    当然のように買い占めたけど後からジワジワあがっていったもんだ

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

【デュエルリンクス】新パック「ブレイジング・ローズ」注目カード紹介!メタファイズ、サブテラー参戦!

本日実装、新パック『ブレイジング・ローズ』のオススメカード記事

【Vジャンプ7月号(抹殺の指名者付録)購入感想・レビュー】Vジャンプが書店から消えた日

本日発売(5/21)『Vジャンプ7月特大号』を購入して参りました。

【天威の龍鬼神の使い方・効果考察】超強い汎用レベル8シンクロ現る!効果無効は無いけど十分強いでしょ!

7月13日発売『カオス・インパクト』に収録される《天威の龍鬼神》に

【各種「HERO」モンスターの元ネタの軌跡】ウルトラマン、仮面ライダー、アメコミetc、世界は勇者で溢れている!

本記事では、各種「HERO」モンスターの元ネタについてまとめて

【カオス・インパクト 収録カード・リスト・レアリティまとめ】「天威」新規《天威の龍鬼神》判明!汎用レベル8シンクロじゃん!

7月13日発売『カオス・インパクト』の収録カード情報をまとめた

【リボルバーストラク:収録カードリスト・新規カード効果まとめ】シルバーヴァレット・ドラゴンの効果・画像が公開されました!

本記事は、6月22日発売『ストラクチャーデッキ-リボルバー-』の収

【カオス・インパクト収録新カード】《熾天蝶/セラフィム・パピオン》判明!昆虫族期待のリンクモンスター!

管理人がショップでデュエルしている間に新規カードが発表されているじ

【抹殺の指名者テーマデッキ運用案】本命はメタファイズ!逢魔ノ妖刀軸の不知火でも使えたら良いなぁ・・・

いよいよ《抹殺の指名者》の発売日が間近に迫ってきました。 テ

→もっと見る

PAGE TOP ↑