【ドラコニア帝国とその周辺諸国について(ディノン・レプティア・シュルブ)カード考察】闘争のペンデュラムテーマついに勢揃い!!

dorako

『エクストラパック2015』にて一足先に来日していた《ドラコニアの獣竜騎兵》《ドラコニアの海流騎兵》。それらに関連するペンデュラムカードが『エクストラパック2016』にて、ついに来日!!

この時を待ちに待った人もおそらくいる事でしょう…
過去のカード(獣竜騎兵・海竜騎兵)もまとめてこの機会におさらいです。

SPONSORED LINK

ドラコニア帝国

dorako

龍人族の国、ドラコニア帝国。周辺国であるレプティア・ディノンとは常に緊張関係にあり。最近では中立国であるシュルブへの侵略を画策しているとの噂も?

ドラコニアの獣竜騎兵

doraco

ペンデュラム・通常モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 200
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、自分の通常モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動できる。 デッキからレベル4以上の通常モンスター1体を手札に加える。
【フレーバーテキスト】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の陸兵部隊。 鳥銃と鉄槍によるコンビネーション攻撃には隙が無く、 レプティア皇国などの周辺国から恐れられている。

収録:【エクストラパック2015】

ステータス・スケール共に恵まれたモンスター優良Pモンスター。自分の通常モンスターが戦闘破壊する事でレベル4以下通常モンスターをサーチできるP効果も見逃せません。サポートに関しても天キ苦渋の決断予想GUY真炎の爆発と対応札多めです。

ドラコニアの海竜騎兵

sea

ペンデュラム・通常モンスター
星3/水属性/海竜族/攻 200/守2100
【Pスケール:青7/赤7】
「ドラコニアの海竜騎兵」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。 手札から通常モンスター1体を特殊召喚する。
【フレーバーテキスト】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の海兵部隊。 深海から音も無く忍び寄る隠密作戦に長けている。 対岸のディノン公国兵とは、領海を巡り小競り合いが続いている状態である。

収録:【エクストラパック2015】

よくある戦闘破壊がトリガーになるリクルート効果ではありますが、自分だけでなく相手のモンスターでもOKって所が最大のポイント。両対応って結構レアな効果だよね~
「獣竜騎兵」&「海竜騎兵」の布陣ならレベル3~6のペンデュラム召喚、相手を戦闘破壊すれば通常モンスターサーチ&特殊召喚のボーナス付きで非常に美味しいネ☆

一応、 《深海のディーヴァ》対応モンスターです。

ドラゴニアの翼竜騎兵

sky

ペンデュラム・通常モンスター
星5/風属性/鳥獣族/攻2200/守 200
【Pスケール:青7/赤7】
①:1ターンに1度、自分の通常モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、 フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
【モンスター情報】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の空兵部隊。 中立国である空中都市国家シュルブへ侵攻するために結成されたとの噂があり、 周辺国は警戒を強めている。

収録:【エクストラパック2016】

高めのスケール値と攻撃力2200という一手間加えればメインアタッカーになれる絶妙なステータスを持つ翼竜騎兵。P効果も相手フィールドに干渉できる効果なのでアタッカー・スケールどちらでも十分に活躍してくれます。レベル5通常モンスターなので《召喚師のスキル》対応なのがグッド!!

その他の周辺諸国〖ディノン公国・レプティア皇国・空中都市国家シュルブ〗

de

ドラゴニア帝国に隣接する周辺諸国、ディノン公国・レプティア皇国・空中都市国家シュルブ。獣騎兵のフレーバーテキストにあるように周辺諸国はドラコニアの勢力を恐れ警戒する状態にあるようです。なるほど…効果的にもPモンスターに対して影響薄いもんなぁ~

ディノンの鋼鉄騎兵

koutetu

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1600/守2600
【Pスケール:青5/赤5】
【モンスター効果】
①:このカードがPモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。 このカードの攻撃力・守備力はダメージステップ終了時まで半分になる。

収録:【エクストラパック2016】

皆の者…《化石調査》の準備は良いか?

ディノン・レプティア・シュルブの面々はみんなレベル6以下の恐竜族。《化石調査》でサーチできるペンデュラムカードの登場は素直に嬉しいよね…更にレベル4…《エヴォルカイザー・ラギア》も用意しておきますか?

レプティアの武者騎兵

musya

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1800/守1200
【Pスケール:青3/赤3】
【モンスター効果】
①:このカードがPモンスター以外の相手の表側表示モンスターに攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 そのモンスターを破壊する。

収録:【エクストラパック2016】

ペンデュラムモンスター以外のモンスター相手に無双できる武者騎兵。ただしオフェンス時のみなのでディフェンスは超苦手。乗り物恐竜にGEKITOTUされるだけで攻撃力1800以上の攻撃力がありそうだな…と思いました。(こなみ)

シュルブの魔導騎兵

madou

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1500/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
【モンスター効果】
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、 Pモンスター以外のモンスターが発動した効果を受けない。

収録:【エクストラパック2016】

Pモンスター以外のモンスター効果を受けなくなるのは悪くないですが、そもそもステータスがそこまで高くないので普通に戦闘突破されるよね…っていう。でも《化石調査》対応《ラギア》素材可ってだけで十分に価値があるので全然OKです。

《化石調査》と《エヴォルカイザー・ラギア》を準備しておこう

ragia

どんな型にするにしても《化石調査》と《エヴォルカイザー・ラギア》辺りは用意しておいて問題なさそう。(あと、ドルカも)

レスキューラビット》や《大くしゃみのカバザウルス》を採用して「兎ラギア2016」的なデッキを作っても楽しそうです。カバザウルスなら《バハムートシャーク》からの《餅カエル》って選択肢も行けるし、結構やれそうな予感がするぜ…。

ransu

あと…この子ってドラコニア帝国に関係するんだろうか…?
謎の存在過ぎるな《ランスフォリンクス》さん…

Amazon:化石調査

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    壊獣組むついでにこのシリーズも組む予定です
    去年も彼岸狙いでエクストラパック買って獣と海3枚あったので
    あと面白そうですしね

  2. TMY より:

    やっぱり恐竜はかっこいいザウルス!
    うさぎもカバもあるから作って見ようかな

  3. 匿名 より:

    私もエクストラパックは買わないんですけどこれだけ単買いしようとおもってます

  4. カフェイン より:

    武者騎兵はディフェンス苦手といってもPだから使い回せるしカタストル的な効果に
    ステも優秀でこれは中々・・。化石調査と武者だけ出張させるのもアリかなと思います、

  5. ヨッシー より:

    背景を考察できるのは、バニラの利点ですね。ファンタジー架空戦記のような世界観は面白い。フレーバーテキストからも、軍事的な緊張感が感じられる。パックで一通り揃ったらPバニラ考えようかな。

  6. 匿名 より:

    そうか、今の恐竜はバハムートルートがあるのか……つよ

コメントを残す

【魔晶龍ジルドラスと相性の良いデッキとは?】命を賭けてでも守るべき魔法・罠がそこにあるか!?

本日の主役は魔法・罠を復活させる凄い奴、《魔晶龍ジルドラス》につい

【闇鋼龍ダークネスメタルのカード効果予想編】Vジャンプ付録・応募者全員サービスで蘇る伝説竜に思いを馳せる!

Twitterなどをご使用の皆さんは既に周知の事と思いますが、来月

【強い汎用リンク2モンスター】一覧から選ぶオススメカード 【リプロドクス、ハイパースター、見習い魔嬢など追記】

出しやすくって使いやすい、【リンク召喚】のメインストリーム

【No.75ゴシップ・シャドーの使い方・効果考察】モンスター効果に対する制圧力は如何程か!?エクシーズ素材化も面白いです

5月12日発売『コレクターズパック2018』にて、新たなナンバーズ

【遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話感想】儀式サイバース&新たなコードトーカー登場!ソウルバーナーと不霊夢もカッコイイね!

奪われた仁くんの精神を追いかけて新生リンクヴレインズを疾走する

【コレクターズパック2018 ・収録カードリストまとめ】新たなナンバーズ《No.75惑乱のゴシップ・シャドー》!モンスター効果をドローに変えるぜ!

『コレクターズパック2018』の情報が到着だぁぁ! まだ4枚

【リトマスの死の剣士とスキドレの布陣は凶悪です】一緒に使いたい罠カード5選付き!

《馬頭鬼》、《マスマティシャン》等の汎用性の高いカードから、「

【星杯ストーリー考察・解説】《星冠》の出現とパラディオン集結・機械騎士の過去【星遺物を巡る戦いの歴史-第五幕-】

「星遺物」を巡る戦いの歴史をここに刻む。 本記事は、『星杯』『星

→もっと見る

PAGE TOP ↑