【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第54話感想】サイバース融合《サイバネット・フュージョン》登場!《サイバース・クロック・ドラゴン》イイ!

公開日: : 最終更新日:2018/05/31 遊戯王VRAINSアニメ感想

ブラッドシェパードの徹底したリンクメタ&スキル封じに苦しめられるプレイメーカー。

【ドローンデッキ】のダイレクトアタック&バーン戦術になす術無しかと思いきや、絶体絶命のストームアクセスを起点にし、まさかの”サイバース融合”を発現させる。

遊戯王Vrains54話「戦慄のバトルドローン」の感想記事にイントゥザブレイン!

SPONSORED LINK

ダイレクトアタック&バーン 恐怖のドローンデッキ

シェパードさんのエース《バトルドローン・ジェネラル》の効果がついに判明しました。

攻撃力1000以下のドローンモンスター全てにダイレクトアタック付与、

【ドローンデッキ】はテーマ色がかなり強いですが、トークン生成能力も高く、強力なサポートが揃っていてOCG化が楽しみですね。

でもOCG準拠だとLP8000が削りきれなさそうなので、 OCG化の際はダイレクトアタック付与範囲やドローンモンスターのバーンダメージが上方修正されそうな予感がします。《バトルドローン・ジェネラル》自身もダイレクトアタック可能とかになるならかなり強そうですね。

あと、《メディックドローン・ドック》でプレイメーカーのLPを1000回復してストームアクセスを封じる動き…好きです。

またもや重い。道順健碁の過去

「運転手のいないタクシーだけど大丈夫?」って健碁ママの発言がフラグ過ぎて辛い…。

母は脊椎損傷で意識不明の重体。自らは右腕を失うという最悪の事故。

女手一つで自分を立派に育ててくれた大切な母親が、『これから』というタイミングで植物状態になってしまうとか重すぎます。

事故の仕方もAIがバグって事故車両に突っ込むとか生々しいものでした。

そりゃ健碁さん…AI恨むわ…。

確かに自動運転って現実でも少しずつ出てきていますけど、完全オートってぶっちゃけ怖いですよね。管理人は他人の運転も結構怖い方なのでAIで完全オートは正直無理だな…(;^ω^)

ヴレインズは敵味方問わずバックボーンが重いキャラがやたら多いなぁ…。

《サイバネット・フュージョン》からの《サイバース・クロック・ドラゴン》爆誕!

何と言っても今週の目玉は、《サイバネット・フュージョン》を使ったサイバース融合ですが、

そこまでの間をつないだ《サイバース・マジシャン》のオプティックブラスト(サイバース・アーキテクト)もかなりグッジョブでした。

《サイバネット・リチューアル》で繋ぎ、そのリソースを使って斬り返す動きやっぱり好きだなぁ…。

融合素材としたリンクモンスターのマーカーの合計値分のデッキトップを墓地に送ってパンプ(1枚につき1000攻撃力UP)する《サイバース・クロック・ドラゴン》さん本気(マジ)エース!

素材モンスターのリンクマーカーの合計値が5だったことで、《サイバース・クロック・ドラゴン》の攻撃力は7500まで上昇。超火力による必殺の一撃でブラッドシェパードを一閃!

やっぱり攻撃力パンプは何時見ても心が高鳴りますね。

《サイバネット・フュージョン》にアクセスする手段である《クロック・スパルトイ》もかなり良い性能でしたし、合わせてOCG化が期待されます。

儀式⇒融合と来た訳ですが、この流れだとシンクロ、エクシーズ、ペンデュラムももしかしたら使うのでしょうか?でもこの3つはレベル参照が占めるファクターが大きいし結構混ぜるの難しそう…。

来週は進入禁止エリア「風の谷」へ突入です

プレイメーカー、ソウルバーナーが足止めをくらっている間に、ガールコンビ(ブルー&ゴースト)は一足先に進入禁止エリアへと到着。

そこは何やら「風の谷」と呼ばれる場所らしいです。…(*´з`)ナウシカ~♪

 

…とりあえず、ブラッドシェパードは管理人の推しキャラ筆頭になりそうな気がします。

遊戯王ヴレインズ第54話より画像引用
©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    FWD「裏切ったのか!?この俺を売ったのか!?遊作ぅぅぅぅ!!!」

    • cast より:

      ドラゴン形状の新規モンスターが出て来る度に出そうなコメントいただきました(笑)。

  2. 名無し より:

    エクシーズは、まぁレベル4特殊召喚モンスター結構いるからいけそうだけとシンクロは、どうなんだろう。
    サイバースのexデッキはかつかつよ!

  3. ラララ より:

    ブラシェが再登場するなら風のイグニスと手を組むかと思っていけど、これだと難しそうですね……

  4. 大平直樹 より:

    7月発売のソウルフュージョンのソウルがソウルバーナーのカードが、フュージョンがプレイメーカーの融合カードが収録されるからソウルフュージョンなんですね。
    サイクロップス今日も大活躍でしたね。

  5. 回復効果を持ってるのは、「メディックドローン・ドック」という名前でしたよ。

  6. 満足 より:

    新たな2500ドラゴン…しょごりゅうさやをはもう終わりですね…

  7. 匿名 より:

    シンクロはチューナーを追加すれば持ち前の展開力でできますしエクシーズもまあってかんじですけどペンデュラムはスピードデュエルでできるかどうかにかかってますね
    待ちに待ったサイバース融合は他の融合を使うデッキでサイバースのリンクを経由して使うってこともできそうなのでocg化が楽しみです

    • cast より:

      ペンデュラムはそこが最大の問題か…
      EXもきついのである程度構築は絞っていかないと今後厳しくなりそうです

  8. 匿名 より:

    似た効果を持つダブルバイトに微妙な耐性付けて打点を控えめにしてたのはクロックドラゴンを脳筋にしてアニメで活躍させるためだった…?

    • cast より:

      ダブルバイトは実質融合みたいなところありますもんねぇ あのパンプ効果は滾りますわ

  9. にゃん より:

    atk2500のドラゴン… fwd彼はもう終わりですね…
    ドローンデッキはかなり好みです、幻獣機との相性もいいしぜひocg化して欲しいところ

  10. 匿名 より:

    サイバネット・フュージョンをサーチするリンクモンスターの名前はクイック・スパルトイではなくクロック・スパルトイですね。
    シンクロ・エクシーズ・ペンデュラムが出るとすればそいつらも儀式・融合と同じく攻撃力2500になりそうな予感がします。次回は今までのネット空間と違って岩壁のある自然的な世界に行く模様。端末世界のような世界が広がっていたりして…⁉

  11. 匿名 より:

    流れが酷い。これARC-Ⅴで見たよ、ペンデュラムからの融合・シンクロ・XYZと流れ一緒じゃん。デッキ調整をする描写ぐらい描けないのか?

    • cast より:

      ストームアクセスをご都合に感じしてしまうのはしょうがないっすねぇ~
      AIが持ち帰ったカードはこんなラインナップだったよ~と全部開示してしまうとその後のビックリドッキリも損なわれるのでなんとも難しい問題です。

  12. 匿名 より:

    わりとヴレインズって時事ネタ(実際に研究現場で研究が進められてるネタ)多いよね
    自動操縦、45年問題(スパコンの成長型(学習型)AIが人間の知能を凌駕する、2045年がターニングポイントではないかと言われてる問題のこと)、VR……ヴレインズ見てると現実がホントにフィクションに近づいて来てると実感

    • 匿名 より:

      やるかわからないけど、OCGでAIと人間が対戦したらチェス、将棋、囲碁みたいに絶対勝てなくなるのかもしれないなぁ

      • cast より:

        完全情報ゲームと不完全情報ゲームでは対等ではないでしょうけど コンディションという概念を無視できる時点でAIはある種最強になりうりますからねぇ

    • cast より:

      ありますねぇ~
      好きな人はすごく好きなテーマですよね

      • 匿名 より:

        コナミさえ本気出せば、多分VRとデュエルターミナルの技術合わせれば(カードパスワードでもOKかもだけど)疑似デュエルディスクも再現できるだろうしね
        マジで遊戯王の世界は徐々に近づいて来ている

  13. 匿名 より:

    サイバース・クロック・ドラゴンはとても強い墓地肥やしと打点upの効果を備えていてエースのようですね!(火壁から目を反らしつつ)
    通称は時計竜とかになりそうですかね?

  14. 匿名 より:

    突然儀式やら融合やらを使い出したけど作中でなんか言及されてたっけ?
    サイバースクロックがいつの間にかEXに入ってた(最初から入ってた?)のはまあ良いとしても、ストームアクセスで都合よく融合サーチを引いてくるのはなんか脚本に踊らされてるみたいで少し気になった。

    • 匿名 より:

      都合よく…なんて言ってしまうと過去作全部が都合のいい展開になりますよ
      まあ、そうやって都合のいいカードを引けるから物語の主人公をやっていけるんだと思います

    • cast より:

      AIが持ち帰ったカードは開示されたあれ以外にもあったと考えるのが自然かもしれませんね。ストームアクセスはランダムって言ってますけどプレイメーカーのリンクセンスが常に最適解を引き出していると考える事もできます。 まぁどれも管理人のこじつけですけどw

  15. ネテルヒトー より:

    儀式の次は融合ですか。ところでプラッドシェパードさんはゴーストガールの本名を知ってるのはなんでかな?今回で出てないですね。

  16. ロマン派アクアアクトレス より:

    そういえば自動操縦の自動車死亡事故がニュースになってたなぁ…と

    融合とか儀式に加えてエクシーズやシンクロまで出たら僕はプレイメイカーのデッキをいくつ作らなければいけないんだ!!(いらん心配)

  17. 匿名 より:

    RAMクラウダーの初登場しょっぱすぎて草

  18. 匿名 より:

    今回の主人公は召喚モンスターが多種多様だなwそのうちエクシーズとかシンクロ出たりして

    • cast より:

      ありえそうですねぇ
      一年目は導入時期だし複雑化を避けてリンク一本だったみたいですね

  19. 匿名 より:

    サイバースデッキのEXはもうパンパンよ!

  20. H.T より:

    サイバネット・フュージョンをもってきた時点で融合だと喜んでしまった。リンクからの儀式、リンクからの融合、良い流れだと思います。
    このままマスターリンクの構築済みに融合も入れてほしいが、難しいか。
    シンクロ、エクシーズは続きそうだけど、ペンデュラムのみ他のキャラが使った方がいいかもしれない。
    まぁ、冒頭の海馬社長CMで個人的にはクライマックスの気分だったけど。
    今回の話は、ブレイヴマックスの決闘と同じくらい面白かった。

    • cast より:

      リンク以外の召喚方法を使うのは純粋にテンション上がりますよねぇ ブラッドシェパードさん大好きになりました

  21. 匿名 より:

    そういえば財前兄妹とソウルバーナーの両親も事故で亡くなっているみたいですが何か関係あるんですかね…?

  22. サイバース・クロック、カッコいいですね。少し考えると、トランスコードと相性良すぎませんか?最低6枚の墓地肥やしから6000アップって、最終決戦間近なことになりますよ。
    バトルドローンもいいですね。メタな割には、攻撃的なデッキで面白いですよ。
    健碁さん、凄く親思いな好青年でしたね。まぁ、あんなことがあれば、荒みますよね…。

    • cast より:

      滅茶苦茶相性良いですねぇ…素晴らし過ぎる
      そして健碁さんは荒れて当然ですね(;^ω^)

  23. RUM ロマンス より:

    これはサイバース・シンクロンが出るのも時間の問題。

    きっと前触れとなるリンク2が出るんでしょうね。リンク先のモンスターをチューナーとして扱う、とか?

コメントを残す

アニメ・特撮・海外ドラマに強い

【マスターリンク収録・オススメ新規カードまとめ】サイバースデッキの基本となるカードが大量収録されてます

再録カードのチェックの次は、新規カードの最終チェックです。

【マスターリンク収録・オススメ再録カードまとめ】戦線復帰、こけコッコ、デストルドー等、地味に良いの揃ってる!

『マスター・リンク』に収録されている優秀な再録カードをドドッと

【海外新規・Legendary Heroes Decks】HERO、極星、幻影騎士団強化が表紙を飾る!

海外で2018年10月5日発売予定の商品、『LEGENDARY H

【海外新規《Contact Gate》の効果・イラストが判明】トリプルコンタクトサポート

以前からチラホラと話題に出ていたコンタクト軸のHERO強化の新情報

【魔界の警邏課デスポリスと相性の良いデッキは?】闇属性・特にディストピア採用なら激熱

《魔界の警邏課デスポリス》付録のVジャンプの発売日と言う事で、せっ

【ストラクチャーデッキ「マスター・リンク」収録カードリスト・効果詳細】新規・再録全て判明!!

本記事は、6月23日発売『ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-

【魔界の警邏課デスポリス付録Vジャンプ8月号感想・レビュー】今明かされる漫画版アークファイブ驚愕の真実!

魔界の警邏課デスポリス付録「Vジャンプ8月号」を購入して参りま

【 遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話感想】ボーマンとのマスターデュエル!新たに植え付けられた記憶

キルラキルと言うべきか、綺羅星と言うべきか…やたら星が主張して

→もっと見る

PAGE TOP ↑