【D・テレホンによるお手軽ループを解説】なぜ同名蘇生が可能なのか?【デッキの種】

今日のデッキの種は、『デュエリストパック-輝石のデュエリスト編』に収録された新カード《D・テレホン》を使ったお手軽ループコンボをご紹介!

【ガジェット・ゲーマー|効果考察】1枚初動でハリファイバー可能!機械族レベル1汎用サーチ!
今日の朝記事は、『デュエリストパック-輝石のデュエリスト編』に収録された【ディフォーマー】の新カード《ガジェット・ゲーマー》を大特集! 「ディフォーマーは組んでないしなぁ……」 ――――――ってノリで、思わず効果を読まず...

今朝の記事で紹介した《ガジェット・ゲーマー》にも関係のある話題なので、そちらの記事も併せてお楽しみいただけると幸いです。

スポンサーリンク

D・テレホンを使ったループコンボについて

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
(1):このカードは表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振る。
自分は出た目の数×100LP回復する。
その後、出た目の数以下のレベルを持つ「D(ディフォーマー)」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。
●守備表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中から「D(ディフォーマー)」カード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。
残りは好きな順番でデッキの上か下に戻す。

こちらが今日の主役である《D・テレホン》君なのですが、ご覧の通り、レベル1・チューナー・効果に名称1縛り無し・同名蘇生可能といった具合でやりたい放題な性能のカードです。

名称ターン1が無いのは「ディフォーマー」の特色の一つなので仕方ないにせよ、せめて同名蘇生不可にするかレベル1以外にしておこうよ……って思わず思っちゃう1枚。この子、マジでヤバイ!

ループ手順


▲勝ち確のサイコロホント好き

使用カード
●場にD・テレホン2体または場、墓地にD・テレホン1体ずつのシチュエーション
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

ループする為に必要なカード・状況は上記の通り、文字にするとちょっと限定的な状況にも見えますが、状況を作り出すためのサポートカードが割と豊富なのでそこまで苦ではないはずです。

※場にD・テレホン2体または場、墓地に1体ずつ以上の状況を作る(今回は場、墓地に1体ずつ存在する状況を想定して解説。)
①:《D・テレホン》の①効果を発動(出目不問)し、墓地の《D・テレホン》を蘇生
②:効果使用済みの《D・テレホン》1体で《リンクリボー》をリンク召喚
③:《D・テレホン》の①効果を発動(出目不問)し、墓地の《D・テレホン》を蘇生
④:効果使用済みの《D・テレホン》と《リンクリボー》で《水晶機巧ハリファイバー》
⑤:《ハリファイバー》で《D・テレホン》を特殊召喚
⑥:《D・テレホン》の①効果を発動(出目不問)し、墓地の《D・テレホン》を蘇生
⑦:効果使用済みの《D・テレホン》と《ハリファイバー》で《幻獣機アウローラドン》
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

……と言った具合で、同名蘇生可能、しかもレベル1なので出目不問という部分がバグった挙動を生み出しています。まぁ、これ自体は想定された動きなんでしょうけど、それにしてもキモイ(誉め言葉)ですね。

リンク召喚やシンクロでテレホンを円滑に墓地へ

《リンクリボー》,《水晶機巧ハリファイバー》,《幻獣機アウローラドン》等の汎用リンクは勿論、《D・テレホン》自身がチューナーである事によるシンクロ展開の加速等、ありとあらゆる事が《D・テレホン》のループアクションの激化に拍車をかけています。

ループを成立させる為のお役立ちカード

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

まぁどんな強力なコンボだろうと、安定感が無ければ問題じゃないんですよ!…という事で、安定感を高めるカードをご紹介!

ガジェット・ゲーマー

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 300/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから機械族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札から「D(ディフォーマー)」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、手札・デッキから「ガジェット・トレーラー」1体を特殊召喚できる。

《D・テレホン》をサーチするだけでなく、展開からの《ハリファイバー》ルートまでを約束してくれる1枚。このカード+《D・コンバートユニット》の2枚でテレホンループ成立。
※《ハリファイバー》で《D・テレホン》特殊召喚⇒《ハリファイバー》を対象に《D・コンバートユニット》を発動して《D・テレホン》リクルート
《ガジェット・ゲーマー》1枚から《D・テレホン》ループを開始する事も可能
《ガジェット・ゲーマー》からの流れで《ハリファイバー》⇒《D・テレホン》ssの動きから《アウローラドン》を組み、《アウローラドン》のシンクロ展開からレベル5のシンクロチューナー⇒《アクセルシンクロ・スターダスト》の展開をとる事で《D・テレホン》ループに繋げる事も可能なようです。

D・コンバートユニット

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:対象のモンスターとはカード名が異なる「D(ディフォーマー)」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを持ち主のデッキの一番上に戻す。
●守備表示:対象のモンスターを攻撃表示に変更し、手札からレベル4以下の機械族モンスター1体を特殊召喚する。

機械族モンスターなら何でも対象にとれるってのが最高にcool。色んな使い方が出来るカードですが、とりあえず《水晶機巧ハリファイバー》を対象に発動するとテレホンループの下準備が完了するので素敵。

ワン・フォー・ワン

通常魔法
(1):手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

皆大好きリクルート最強カード。《D・テレホン》をコストに《D・テレホン》をリクルートすると宇宙。

機械複製術

通常魔法
(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

強すぎて草。2枚で生み出して良いアドバンテージではない。攻撃力500以下調整に感謝!

テレホン+機械複製術はやばすぎコンボ

以上、【ディフォーマー】についてあんまり知らない人が見ても一目瞭然のヤバコンボでした!

「《D・テレホン》を対象に《機械複製術》発動!」って一生言っていたいですね(∩´∀`)∩

+2

コメント

  1. 匿名 より:

    ハリラドンしてアクセルシンクロスターダストをS召喚すればガジェットゲーマー1枚からループ開始出来るようです。

    +2
  2. 匿名 より:

    対応する展開と蘇生札が豊富だから下手すりゃニビられてもまた展開されるという

    +2
  3. 匿名 より:

    無限にライフ回復するから相手は絶対勝てませんよねこれ

    +1
  4. 匿名 より:

    とはいえ一回あたりはしょぼいしぐるぐるソリティアしてもせいぜい8000くらいまでしか行けなさそう
    ヒステリック天使でも使えば話は別だろうけどループ省略なんて無いし、絶対に削り切れないと思えるようなライフは確保しにくそう

    0
  5. 匿名 より:

    □条件 テレホン3枚+ゴーストリックデュラハン2枚~3枚+プリーステス・オーム

    テレホン3枚を場に揃える(効果使用済みが2体居ても可)で、効果使った2体で
    《ゴーストリック・デュラハン》作って、《プリーステス・オーム》で射出⇒残ったテレホンでテレホン蘇生
    デュラハン2体目を射出⇒デュラハン効果で墓地のデュラハンをEXに戻す。

    ループ

    0
  6. 匿名 より:

    同名蘇生ができないよう、レベル2にするとかできただろうに。
    ターン1がないと、悪用されて、他の昔のカードに被害が出ることもあるので、心配。

    0
タイトルとURLをコピーしました