【イシズデッキ構築案】ティアラメンツ,春化精等、相性の良いプラン6選

本日は、管理人が絶賛研究中の【イシズデッキ】についての特集記事です。

『デュエリストパック-輝石のデュエリスト編-』に収録・強化された激熱テーマで、伝説のカード《現世と冥界の逆転》を現実的に使わせてくれる超面白デッキなのですが、墓地を肥やすギミックがテーマ内だけだと少し乏しく、何かしらの+αが欲しいなぁーと絶賛模索中のデッキになります。

模索中という事で、ちょっと手探り感の強い記事になっていますが、よろしければどうぞ!あと、記事の最後には1例としてサンプルデッキレシピを置いておくので、そちらも( `・∀・´)ノヨロシクです

スポンサーリンク

イシズデッキ構築案

まず最初に、【イシズデッキ】の概要について簡単に解説しておきます。

【イシズデッキ】は、《古尖兵ケルベク》,《古衛兵アギト》の2枚による大量墓地肥やしによって、《現世と冥界の逆転》を狙いに行ったり、強力な永続罠カード《墓守の罠》によって相手の墓地利用を封じたりするデッキ破壊&メタビ的なデッキです。

兎にも角にも墓地肥やしが重視されるデッキなのですが、テーマ内に存在する墓地肥やし要因は《古尖兵ケルベク》,《古衛兵アギト》の2種のみ。……という事で、現時点では何かしらのテーマと組み合わせる事が主流になっています(純寄りの構築が出来ないという訳ではありません)。

イシズデッキの特徴
★墓地肥やしが重要
★地属性・天使族をコスト指定している(合致する事が理想ではある)
★レベル4モンスターを横に並べるのが意外と得意
★罠カードのセットがそこそこ得意
★現世と冥界の逆転を狙う構築でも、第二のキルプランは用意したい
★コストムーブが得意なデッキと相性が良い(罠を切れると最高)

…という感じで、以上を踏まえながら相性の良いカード・テーマを見据えて構築を考えていきます。

ティアラメンツ構築

「ティアラメンツ」モンスターの墓地肥やし能力を使って、《古尖兵ケルベク》《古衛兵アギト》を墓地に落とし、その連鎖によって「ティアラメンツ」の墓地効果を狙いに行く相互作用型。

効果モンスター
星4/闇属性/水族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分の手札からモンスター1体を選んで墓地へ送る。
その後、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

▲モンスターしか墓地に送れないのが結構ネック!しかしティアラメンツ自体が強いので問題なし!

《ティアラメンツ・シェイレーン》の効果で《古尖兵ケルベク》等を墓地に送る事ができたり、《剣神官ムドラ》の墓地効果で《壱世壊-ペルレイノ》の③効果を狙えるのがお気に入りポイント!

《ティアラメンツ・ハゥフニス》の効果によってゼロターン墓地肥やし連鎖が発生するのも面白い!

ライトロード構築

「ライトロード」が持つ墓地肥やし能力によって、「ケルベク」「アギト」等を墓地に落とす構築。

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは墓地へ送る。
(2):このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、
自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

《ライトロード・アサシン-ライデン》,《ライトロード・アーチャー-フェリス》と言ったチューナーの存在が大きく、《混沌魔龍カオス・ルーラー》等のレベル8シンクロを狙えるのがデカイ!

また、【ライトロード構築】ならではの必殺ギミックとして《戒めの龍|パニッシュメント・ドラグーン》の採用を検討出来るのも魅力。《現世と冥界の逆転》を必殺に変えるコンボは必見です。

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
「ライトロード」モンスター以外の、
お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全て持ち主のデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

▲現世と冥界の逆転の発動にチェーンして戒めの龍の効果を発動!相手のデッキは即座に0だ

春化精構築

「春化精」の地属性サポート力を活かした地属性・天使族特化構築。

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻 900/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと、モンスター1体または「春化精」カード1枚を手札から捨てて発動できる。
通常召喚可能な地属性モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
その後、そのモンスターとはカード名が異なる地属性モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。
このターン、自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドの「春化精」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

▲特定のカードを墓地に送る事で安定した展開が可能になるぞ

属性・種族・テーマ構造の全てが合致しており、「春化精」のコストとしてイシズのモンスターを使いつつ、墓地効果に繋げていくのは無駄が無くて強いです。また、これまで紹介したプランと違いランダム性が低い為、堅実な構築・展開が可能になるのも魅力的ですね。

ただ、手札消費の激しいテーマ二つを合体させている為、手札の消費速度は爆速。短期決戦を目指すか、失ったアドを取り返す手段をデッキに搭載する必要がありそうです。

神碑(ルーン)構築

デッキ破壊を主軸とする2つのテーマを合体させた全力デッキ破壊構築!

《神碑の翼フギン》等、「ルーン」融合モンスターのコストとする事で《古尖兵ケルベク》,《古衛兵アギト》の墓地効果を発動。強力な墓地肥やし能力で墓地に「ルーン」速攻魔法を貯蓄!

融合・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 0/守 0
「神碑」モンスター×2
(1):このカードがEXデッキからの特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「神碑」フィールド魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカード以外の自分フィールドのカードが効果で破壊される場合、
代わりにフィールドのこのカードを除外できる。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動する。
このカードを持ち主のEXデッキに戻す。

▲手軽に手札を捨てられるのがGOOD!手札に来た現冥や定めを抱く爆弾を捨てられるぞ!

《現世と冥界の逆転》を使わずとも、アギト、ケルベクで+10枚オーバーの破壊を狙えるのは旨い!

溟界構築

《スネーク・レイン》,《溟界の漠-フロギ》,《溟界の漠-ゾーハ》等のコストとして《古衛兵アギト》,《古衛兵ケルベク》を活用する構築。

どちらもレベル4を並べるのが得意なテーマという事で、ランク4エクシーズ展開に更に拍車をかける事ができる組み合わせです。また、《墓守の罠》を機能させる事で《溟界の黄昏-カース》がノーリスクになる等のメリットも存在する為、【溟界】側への恩恵も確かに感じられるのが魅力的。

効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地の永続罠カードの数×300アップする。
(3):自分フィールドの天使族・悪魔族・爬虫類族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから永続罠カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

▲アドベントを使う事でランク8のサポートや罠の安定を図る事が出来る

この構築の場合、手札に来てしまった《現世と冥界の逆転》を墓地に送る手段が豊富なのも嬉しいですし、後発組である《ファラオニック・アドベント》との噛み合いの良さも光ります。

【溟界】と【イシズ】、どちらに寄せるかでかなり構築に差が出てくる組み合わせではありますが、どっちに転んでも面白いものが見れそうです。

P.U.N.K(パンク)構築

《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》のコストとして《古尖兵ケルベク》,《古衛兵アギト》を運用していく構築。

「P.U.N.K.(パンク)」はレベル8シンクロを立てるのが得意なテーマでもある為、《混沌魔龍カオス・ルーラー》等のサブ肥やしプランも搭載可能になる。総じて相性は良さそうですが、まだ実際に試していないので確証は持てないでいる構築の1つ。

サンプルデッキ:イシズティアラメンツ

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

折角なので、現在試作的に回している【イシズ★ティアラメンツ】をご紹介。最初は芝刈り搭載の60枚デッキで運用していたのですが、落ちる内容にムラがあり過ぎたので42枚までシェイプアップさせました。《現世と冥界の逆転》からの1キルコンボとして《トリックスター・リンカーネイション》と《プレゼントカード》を採用していますが、上振れ感の強いカードなので別に抜いてもらっても構いません。エクストラデッキの構築がまだまだ甘いですが、そこそこ戦えるのでオススメです。

+3

コメント

  1. あーが より:

    ティアラメンツは他の動画でも見たので相性いいのが分かります

    +1
  2. 匿名 より:

    単純に手札抹殺と断殺が相性いいのでオススメですよ

    +4
  3. 匿名 より:

    コスト面だけを見たら、マドルチェ(地属性・天使族)もいいと思います

    0
  4. 匿名 より:

    オーガナンバーは自身しかコストに送れないですよ。マスターデュエルでシャドールと組み合わせようとして、オーガナンバーで捨てられなくて覚えました。フォクシーチューンと違うんですよね

    0
タイトルとURLをコピーしました