【聖魔の乙女アルテミスが便利すぎる】黒き森のウィッチ1体でリンク召喚が強い!

お昼の更新で公開された新テーマ「マギストス」より、《聖魔の乙女アルテミス》をご紹介。

…と言っても、別に効果を考察する訳ではなく、このカードの存在で新たに可能になる展開ルート・ギミック(主に黒き森のウィッチ)についての解説です。

《黒き森のウィッチ》単身でリンクしてサーチ効果に繋げるのマジで強いですよね。

スポンサーリンク

聖魔の乙女アルテミス・考察

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 800
【リンクマーカー:上】
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体
自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
②:このカードが装備されている場合に発動できる。デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える。

収録:【ジェネシス・インパクターズ】

レベル4以下の魔法使い族1体でリンク召喚可能というヤバイ素材指定

素材指定の緩いリンク1モンスターがヤバイってのは皆さん周知の事と思いますが、レベル4以下の魔法使い族モンスター1体って一番ヤバい所を攻めてるまでありますね(笑)。

簡単に言えば《黒き森のウィッチ》1体でリンクできるリンク1モンスターとなる訳で、要するに《クリッター》における《転生炎獣アルミラージ》のような存在が誕生するという訳ですよ!

黒き森のウィッチ変換装置

《黒き森のウィッチ/Witch of the Black Forest》
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから守備力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの効果を発動できない。

沈マジとの相性抜群だぜ!

《黒き森のウィッチ》単身でリンク召喚する事で即座にサーチ効果(守備力1500以下のモンスター)を通すことができる。色々なルート・サーチ先を模索する事ができるシナジーですが、ここで激推ししたいのが《沈黙の魔術師サイレント・マジシャン》をサーチするコンボ。

《沈黙の魔術師サイレント・マジシャン》の特殊召喚は効果ではないので、《黒き森のウィッチ》でサーチしても縛りに引っかかることなく即座に特殊召喚する事ができます。

マジシャンズ・ロッド変換装置

《マジシャンズ・ロッド/Magician’s Rod》
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1600/守 100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札に加える。

クララ&ルーシカの代わりに使えそう

ステータスの高さ故に中々変換し辛かった《マジシャンズ・ロッド》で単独リンクできるようになったのはとても大きな強化です。個人的な話にはなりますが、ブラマジデッキに採用する事の多い《魔術師の再演》が今まで以上に採用し易くなりました。

召喚獣アレイスター変換装置

《召喚師アレイスター/Aleister the Invoker》
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1800
①:このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

《召喚獣アレイスター》⇒《転生炎獣アルミラージ》⇒《セキュア・ガードナー》⇒《召喚獣メルカバー》
《聖魔の乙女アルテミス》を使用する事で、上記の光属性定番ルートを更に簡略化する事ができる様になりました。
《召喚獣アレイスター》⇒《聖魔の乙女アルテミス》⇒《召喚獣メルカバー》
このルートをとれば1枚EXデッキ枠を削減できる訳ですね。
ただ、《転生炎獣アルミラージ》を噛ます事で《召喚獣プルガトリオ》の展開を補助したり、「ドラグマ型」で《マクシムス》のコストを捻出するなどのメリットもある為、単純に強化されたとは言い難いです。手数を抑えて《ニビル》をケアするなどのメリットを見出す必要がありそうですね。

こんなの絶対に便利じゃん

効果まで活用するとなると「マギストス」との併用が必須になりますが、存在するだけで周りにこれだけの影響を与えるカードって本当に凄いですよね。

中でも《黒き森のウィッチ》変換ルートは、魔法使い族内外を問わず活用できるギミックなので、汎用性もかなり高そうですよね。

コメント

  1. セレーネ価格上昇凄いですよね。
    使うカテゴリ増えすぎて供給足りてなさそうですしこれどこかのパックで再録しないとセレーネ上位互換くるまで大変な事態になりそうですよ。(すでに大変ですが)
    ジェネシス.インパクターズはでのマギストス光物はアルテミスがスーパーだと思いますね。

  2. ジェスターコンフィも相性いいですね
    召喚権使わずに素材にできる
    141でリクルート可能
    ウィッチでサーチしてもSSできる

  3. あー再演かぁ
    ソウルズの餌にできるし枠余ってるから入れてみようかな
    イメージ的にウィッチクラフト向けのカードだと思ってた

  4. だからリンク1は迂闊に刷るなっての

  5. セレーネちゃんの過去の姿なんですかね
    墓守でも召喚士→司令官のルートが取りやすくなったのでほとんど事故なしでネクロバレーにアクセスできるようになってワクワクが止まりません

  6. ネフィリムに簡単にアクセスしやすくなる素敵な子
    実質シャドール新規

  7. 黒き森のウィッチからExからSSしたモンスター出しつつエクレシアをサーチできるのはやばいんですよね
    もうクリッターもウィッチも禁止したほうがいいのではないと思うぐらいのパワカになってきました

  8. ウィッチ→セレーネ→ウィッチ使い魔サーチ→特殊召喚 で1枚からお好きな属性の憑依覚醒が出せるのも有効そうですね

    • セレーネじゃなくてアルテミスでした

    • これめちゃくちゃ思いました!
      サモプリ使ってるんですけどこっちの方が汎用性高くて便利ですよね
      霊使いならエクストラほぼ自由だし初動増えるのホントありがたいです

タイトルとURLをコピーしました