【勇者トークンとイゾルデは相性抜群】金の城なら1枚でイゾルデ展開可能!

『デッキビルドパック-グランド・クリエイターズ』に収録される新テーマ『勇者トークン(仮)』と相性の良いカード案として、《聖騎士の追想イゾルデ》をご紹介!

《聖騎士の追想イゾルデ》のリクルート効果を使うだけで、装備魔法が3つも付くってマジ!?

なお、単に相性が良い!ってだけでは中々採用し辛いと思うので、展開案として《シュトロームベルクの金の城》も併せて紹介しておきます!

《鉄のハンス》をリクルートするだけで《イゾルデ》成立!《金の城》ってやっぱり強ぇぇ!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

勇者トークンを使う新テーマとイゾルデの相性は抜群!超オススメ!

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

収録:【LINK VRAINS PACK】
【ANIMATION CHRONICLE 2021】

『アニメーションクロニクル2021』で再録されたのでかなりお安くなりました。マジでナイスタイミングって感じ!

遺跡の魔鉱戦士のはレベル4の戦士族モンスター

《聖騎士の追想イゾルデ》を使う際に重要視されるのが、装備魔法と戦士族モンスターの存在!

勇者トークンを使う新テーマは、この両方を満たしている為、かなり相性の良いテーマと言えます。

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻2300/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合、このカードは攻撃できない。
(3):「勇者トークン」のトークン名が記された自分のモンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。
デッキから「勇者トークン」のトークン名が記された罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

《遺跡の魔鉱戦士》はレベル4の戦士族モンスター……これが本当に沁みるぜぇ!

勇者トークンが存在する状態で聖騎士の追想イゾルデの効果を使うと?

《騎竜ドラコバック》,《星空蝶》,《光の聖剣ダンネル》の3種は、墓地に送られた場合に「勇者トークン」に装備できる効果を持っている為、《聖騎士の追想イゾルデ》の②効果コストで装備カードを墓地に送る事で一気に3枚装備する事が出来ます。

装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の聖剣ダンネル」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):装備モンスターの攻撃力は、
自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。
装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果1ターンに1度しか使用できない。
(1):「星空蝶」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500ダウンする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。
装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「騎竜ドラコバック」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが効果モンスター以外のモンスターに装備されている場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。

ちなみに、勇者トークンに3枚の装備が装備されるとこんな感じになります!

星4/地属性/天使族/攻2000/守2000
◎相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。
◎相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500ダウンする。
◎装備モンスターの攻撃力は、自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500アップする。
うーん、これは勇者!装備カードでフィールド魔法(暗黒神殿ザララーム,迷い花の森)が強化される事も含めると、これはかなり良いムーブと言えそうです。

イゾルデはシュトロームベルクの金の城で簡単に立ちます

フィールド魔法
このカードのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎に
デッキの上からカード10枚を裏側表示で除外する。
除外できない場合このカードを破壊する。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
「シュトロームベルクの金の城」のカード名が記されたモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。
その攻撃モンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

安定して《聖騎士の追想イゾルデ》を展開したいなら《シュトロームベルクの金の城》がオススメ!

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守 800
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「鉄の騎士」1体を特殊召喚する。
この効果の処理時にフィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在しない場合、
ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、
このカードの攻撃力は自分フィールドの「鉄の騎士」の数×1000アップする。
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1700/守 700
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「鉄のハンス」が存在する場合、
このカードの攻撃力は1000ダウンする。
(2):フィールドのこのカードが効果で墓地へ送られた場合、
または戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキから「鉄のハンス」1体を手札に加える。
フィールドゾーンに「シュトロームベルクの金の城」が存在する場合、
代わりにデッキから戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。

《シュトロームベルクの金の城》の効果で《鉄のハンス》を特殊召喚し、《鉄のハンス》の効果で《鉄の騎士》を特殊召喚するだけで戦士族が2体並びます。《シュトロームベルクの金の城》を展開に使う=召喚権を放棄するですが、このテーマなら比較的気軽に放棄できると思います。

なお、テーマ的に召喚権を放棄する判断がとり易そうなので、《アームズ・ホール》,《溶岩魔人ラヴァ・ゴーレム》,《シュトロームベルクの金の城》等でガンガン放棄していくのもアリかも!?

召喚権放棄系のカードは重ねれば重ねる程強いのでね!オススメ!(持論)

勇者トークンを安定させる為のサポートが欲しいですね

現状、勇者トークンの供給が《アラメシアの儀》に完全依存しているので、未判明枠でそこら辺が更に強化されると嬉しいですね!

あと《トークンコレクター》問題ですが、これもうタイミングが悪いとしか言いようがないですね……(相剣メタで採用が増えてるの実に困るなぁ……)。

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました