【天龍雪獄ドラクレアコンボ】竜血公ヴァンパイアを使ったお気に入りコンボ【デッキの種】

今日の【デッキの種】は、《天龍雪獄》と《竜血公ヴァンパイア》を併用したコンボです。

《天龍雪獄》で相手の墓地からモンスターを拝借し、《竜血公ヴァンパイア》のトリガーとリリースを同時に満たす無駄のない超美麗コンボ!

更に《闇黒世界-シャドウ・ディストピア》を添える事で、このコンボは更なる高みへと昇華する!

カッコイイカードが大量に出てくる上に動きは強力!個人的にかなりイチオシなコンボの紹介です。

スポンサーリンク

天龍雪獄ドラクレアコンボとは?

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2100
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、相手の墓地のモンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):モンスターの効果が発動した時、その同名モンスターが自分・相手の墓地に存在する場合に発動できる。その発動を無効にする。
(3):相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合、自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

《竜血公ヴァンパイア》の③効果を《天龍雪獄》でサポートするコンボ。

《竜血公ヴァンパイア》の③効果は、相手の墓地からモンスターが特殊召喚される事が条件な為、《天龍雪獄》でこちらの場に特殊召喚しても条件を満たすことが出来ます。

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
その後、自分及び相手フィールドから種族が同じとなるモンスターを1体ずつ選んで除外できる。

《天龍雪獄》の効果で除外するとリリース役を別途用意する必要が出てきますが、除外自体は任意なので結構融通は利きます。

闇黒世界-シャドウ・ディストピアがあると更に強い

ここに《闇黒世界-シャドウ・ディストピア》が同居すると更に強い動きが可能になります。

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

ここまで揃うと《天龍雪獄》1枚で《竜血公ヴァンパイア》のリリースを賄う事が出来ます。

ディストピア+リリース要因の成立はこの例に限らず強力ですが、リリーストリガーが墓地から飛んでくるのは中々にトリッキーでカッコイイです。

ドラクレアの確保は《ヴァンパイア・アウェイク》が便利です

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「ヴァンパイア」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

デッキから引っ張り出すことで1妨害構えられる上に、エンドフェイズに勝手に爆散してくれるので便利です。※まぁ、場に残ってくれた方が強いですけども……。

《ヴァンパイア・アウェイク》ってカード、実は強くって、効果も無効にならないし攻撃に関する縛りも一切ないんですよね。

ディストピアデッキに自然と入るギミックです

管理人もディストピアデッキで実際に活用しているギミックのご紹介でした。

ハンド消費の激しさ・リセット札に対する弱さは常に課題ですが、ハマった時の強さは本物!

ここに魔王様が収まる事で、更に上質なシナジーが形成できるので、興味がある方は是非一度お試しください。

デッキ内のカードがカッコイイカードだらけになるのもポイント高いです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました