【スターダスト・トレイルの汎用性を考える】クロノダイバー・レギュレーター等と相性抜群!?

『ドーン・オブ・マジェスティ』収録の新カード《スターダスト・トレイル》の考察記事です。

……というのもこのカード、自分フィールドのモンスターがリリースされるだけで手札・墓地から特殊召喚できるっていう超イージーなSS効果を持ったレベル4非チューナーなんですよ!

効果に伴うデメリットテキストも一切ないですし、除外されるデメリットはエクシーズすればケア出来るし、何なら素直にシンクロに使って②効果を狙っても良いし、これはマジで至れり尽くせり!

【スターダスト|セイヴァー】での活躍は勿論、様々なデッキで活躍する可能性を秘めた1枚です。

スポンサーリンク

スターダスト・トレイルの汎用性を考える

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻 500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードをS素材として「ウォリアー」、「シンクロン」、「スターダスト」SモンスターのS召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「スターダスト・トークン」(ドラゴン族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

収録:【ドーン・オブ・マジェスティ】

リリースをトリガーとして特殊召喚できるレベル4モンスター

本来は《スターダスト・シンクロン》とシナジーする様に設計されたカードですが、リリースされるモンスターに一切の縛りが無い為、滅茶苦茶広範囲でシナジーするという結果に…(笑)。

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

何なら《エネミーコントローラー》とかでリリースしても誘発するし、これはガバのガバ!

エクシーズ召喚の素材にすれば除外される心配もないし、恒久的な素材要員として運用する事も可能な逸材です。

クロノダイバー・レギュレーター等、セルフリリースと相性抜群!

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 600/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「クロノダイバー・レギュレーター」以外の「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分のXモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

中でもリリースして後続をリクルートするタイプのモンスターとの相性は抜群!

《クロノダイバー・レギュレーター》の効果をトリガーとすれば、1枚から一気に3体のモンスターを並べられる夢の様なムーブも可能になります。

まぁ、《クロノダイバー・レギュレーター》が妨害の的になる事実に変わりはありませんが、妨害を食らった上で1体は死守できる動きはありがたいです。

スターダスト・トレイルと相性の良いカード

ここからは《スターダスト・トレイル》と相性の良いカードをいくつかご紹介。とりあえず、リリースして発動するリクルート効果持ちは基本的に好相性と考えて貰ってOK!

ローン・ファイア・ブロッサム

効果モンスター
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の
植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

レベル4モンスターをリクルートするとランク4に繋がり、チューナーをリクルートするとシンクロ召喚に繋がる組み合わせ。ロンファにレベル4の非チューナーがオマケで付くって最高じゃん!

幻獣機アウローラドン

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下/右下】
機械族モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。
このターン、自分はリンク召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターを3体までリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。
●1体:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●2体:デッキから「幻獣機」モンスター1体を特殊召喚する。
●3体:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。

2体リリースでオライオンをリクルートしながらトレイルを特殊召喚出来るの面白れぇ!
これは「スターダスト(セイヴァー)」でも活用できそうな動きなので要チェック!

斬機ナブラ

チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから「斬機」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。

エクシーズまたはシンクロに繋がる動き。《斬機シグマ》に伴うサイバース族縛りにだけは要注意。

セルフSS可能なレベル4非チューナーとして可能性を感じる

墓地に送る手段等の確立は必要不可欠ですが、【クロノダイバー】等のランク4テーマとの相性は真面目に良さそうなので、実は結構期待しています。

リリースを動きの軸とするデッキなら常にワンチャンある性能な気がするなぁ……(期待大)。

0

コメント

  1. 汎用性ばっかりだな、
    いいだろう
    いつかほぼカテゴリ内のカードだけでここの大会出てやる

    0
  2. 意外と相性のいいカード多いですね。特にラドンは展開ルートが広がるかも

    0
  3. 聖刻…

    0
  4. 紋章クロノダイバーなら顕現する紋章からも誘発しますね

    0
  5. マドルチェもリリースあるけどあんまり噛み合わんしなー

    0
タイトルとURLをコピーしました