【レスキューキャット再録決定】トーナメントパック2022Vol.1収録カード情報

遊戯王OCG公式Twitterにて、2022年1月~3月に配布される予定になっている『トーナメントパック2022Vol.1』の収録カードの内容が一部公開されました。

今回公開されたのは、《レスキューキャット》《応戦するG》《魂喰いオヴィラプター》《冥界龍ドラゴネクロ》の4枚!

……いずれのカードも最近需要が高まっているカードばかり!これはありがたい!

スポンサーリンク

22TP:トーナメントパック2022 Vol.1

https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/1474213242033479683?s=20

レスキューキャット

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。
鉄獣が登場して以降、ずっと需要が高かったカードが遂に再録。他、様々なビースト系デッキの召喚権を司る!

応戦するG

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):モンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを相手が発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の
昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。
《烙印融合》対策として注目されている1枚。このタイミングで再録するという事は、この流れは想定内という事でしょうか?持ってない人はおさえておきましょう!

魂喰いオヴィラプター

効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(2):このカード以外のフィールドのレベル4以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
1月改訂で無制限になる恐竜族の屋台骨。蘇生効果持ちのエアーマンはそりゃ強い。

冥界龍ドラゴネクロ

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
アンデット族モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):「冥界龍 ドラゴネクロ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと戦闘を行うモンスターはその戦闘では破壊されない。
(3):このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動する。
そのモンスターの攻撃力は0になり、
そのモンスターの元々のレベル・攻撃力と同じレベル・攻撃力を持つ
「ダークソウルトークン」(アンデット族・闇・星?・攻?/守0)1体を自分フィールドに特殊召喚する。
『プレミアムパック2022』に収録された《幽合-ゴースト・フュージョン》の兼ね合いでの再録。【魔妖】新規等、近々でのアンデット強化も盛んなので需要はかなり高い印象。

いずれも地味に高いカードばかりですね!

実用性(高)って感じのカードばかりなので、これは嬉しい人が多いのではないでしょうか?

管理人は、この機会に《レスキューキャット》を補充しておきたいですね(∩´∀`)∩タクサンツカウノデ

0

コメント

  1. そろそろ三太夫も再録して欲しい

    +1
タイトルとURLをコピーしました