【スターターデッキ2019】コード・ジェネレーター再録決定!Vジャンプ2018/11月号の付録カード

公開日: : 再録カード情報

3月23日発売『スターターデッキ2019』にて、有能な「コード・トーカー」サポートカードである《コード・ジェネレーター》の再録が明らかになりました。

ソース:【遊戯王OCG公式ツイッター】

SPONSORED LINK

コード・ジェネレーター再録

《コード・ジェネレーター》 
効果モンスター
星3/地属性/サイバース族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。

初収録:【Vジャンプ2018/11月号付録】

Vジャンプ付録カード(2018/11月号)という事で、再録が早すぎるとの声もありそうですが、「コード・トーカー」では必須カードなのでこのタイミングでの再録は妥当だと思います。

まぁレアリティ差はありますし、多少はね…。

小「コード・トーカー」はデッキの生命線

「マイクロ・コーダー」や「コード・ラジエーター」の再録もあるかな?

ソース:【遊戯王OCG公式ツイッター】

SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    最近付録再録早いなぁ…毎回三冊Vジャン買うのですが冊数控えようかな…

  2. ラララ より:

    これはスターターに炎、風、光のチビトーカーが収録される可能性…?

    • H.T より:

      是非、そうなってほしいですね。
      レディ・デバッカーが制限される可能性もありますし。

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

《ピンポイント奪取》どう使う?起こりうる最高最悪のケースを考える【ここでもドラグーン?】

『エターニティ・コード』に収録された新カード《ピンポイント奪取》の

【剛鬼再戦】剛鬼ガッツとアイアン・クローで共通サーチ効果解禁!クローの奇襲性半端ねぇぞ!

皆さんは、「剛鬼」デッキと聞いて最初にどんなイメージが思い浮かぶで

【融合派兵使ってる?】便利で面白いカードだけど、いざ使うとなると迷うよね

《融合派兵》って便利で面白いカードですよね! ・・・でも

【百景戦都ゴルディロックスはカッコイイ】移動しながら盤面を破壊管理するランドスケーパー!

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《百景戦都ゴルディロ

【遊戯王OCG第10期を振り返る】リンク召喚を支えた功労者達。ハリファイバーが救ったのはシンクロだけでは無い?

遊戯王OCGの10期を振り返る企画第一弾として、「リンク召喚を支え

【スプラッシュ・メイジ効果考察】リンク2はリンク3でありリンク4でもある【トランスコードを併用しよう】

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《スプラッシュ・メイ

【ノクトビジョン・ドラゴン効果考察】セルフSS・リンクドロー・裏側守護の3段構え!サーチが安定すれば相当便利そう

『エターニティ・コード』に収録された新カード、《ノクトビジョン・ド

【公式レシピ】魔弾リゾネーターデッキ:非チューナー側の自由度ゆえの構築!リゾネはホント面白い

遊戯王OCGインストラクターTwitterアカウントが公開してくれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑