【呪眼の女王ゴルゴーネが「呪眼/じゅがん」デッキに与える影響】デスガイド1枚でザラキエルが出せるようになった!

公開日: : 呪眼

『カオス・インパクト』に収録される「呪眼(じゅがん)」新規、《呪眼の女王 ゴルゴーネ》が「呪眼」デッキに与える影響を考えてみました。

《魔界発現世行きデスガイド》1枚から《呪眼の王ザラキエル》にアクセスできるようになったのは朗報。しかし、制限カードに頼り過ぎるのは危険(苦悩)。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS ©Konami Digital Entertainment

SPONSORED LINK

呪眼の女王ゴルゴーネ

《呪眼の女王 ゴルゴーネ》 

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1900
【リンクマーカー:上/下】
「呪眼」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「呪眼」カードの種類×100アップする。
(2):このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。このカードのリンク先のモンスター1体を選んで破壊する。

 

素材の緩さが最大の強み!

セレン装備時の効果が単純に強いってのも重要ですが、個人的には素材の緩さが最大の強みだと考えています。

とりあえず《カトブレパス》の有用性が上がった事はとても重要。

素材指定が「呪眼」モンスターを含む2体

素材指定が「呪眼」モンスターを含むモンスター2体なのがGOOD!

AF型とかで場に残った「アーティファクト」モンスターを素材に使えるのは中々に便利だと思います。

眷属2種(カトブレパス,バジリウス)も絡めやすくなりますし、それ以外の出張札も一考の価値がありそうです。

《デスガイド》1枚で《ザラキエル》を立てられる!

《デスガイド》1枚で《呪眼の王ザラキエル》にアクセスできるようになった事をご存知でしょうか?

  • 《デスガイド》召喚⇒効果で《カトブレパス》リクル
  • 《デスガイド》と《カトブレパス》で《ゴルゴーネ》リンク召喚
  • フィールドの《ゴルゴーネ》を参照して《カトブレパス》墓地から特殊召喚
  • 《ゴルゴーネ》と《カトブレパス》で《ザラキエル》リンク召喚

 

《デスガイド》自体が制限なので過信は出来ませんが、今までよりは格段に立て易くなるはずです。

《呪眼の王 ザラキエル/Zerrziel, Ruler of the Evil Eyed》 
リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2600
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「呪眼」モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):攻撃力2600以上のモンスターを素材としてリンク召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):このカードが「セレンの呪眼」を装備している場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードの(2)の効果を発動した場合、次のスタンバイフェイズに発動する。このカードのリンク先の効果モンスター1体を選び、その効果を無効にする。

「サリエル」依存である事に変わりはない

《ゴルゴーネ》が素晴らしい新規である事は間違いありませんが、それでも尚、「呪眼」が《呪眼の使徒サリエル》依存である事は変わりありません。

《デスガイド》1枚分の猶予がもらえたと言っても、依然安定した初動札は少ないですし、それに伴う虚弱性・ドロー札との兼ね合い等、新たな課題も出てきます。

罠ビ構造である以上、展開札にスロットを割いてバックが薄くなるのもアレですしねぇ…。

狙い過ぎるとドローソースと喧嘩しだす

初動の展開に振り過ぎると《強欲で謙虚な壺》や《命削りの宝札》等のドロー札と喧嘩しだすのも気になります。

上項でも少し触れましたが、罠ビ傾向にある「呪眼」にとって、初動札とバックを確保してくれる《強欲で謙虚な壺》,《命削りの宝札》等は生命線です。

《ゴルゴーネ》や《ザラキエル》を意識し過ぎた結果、それらのが阻害されるのでは本末転倒ですからね。

とりあえずデスガイドルートは考える価値がありそうです

結局、”サリエル+ゴルゴーネの盤面の方が強い”って言われる可能性は大ですが、先手で《ザラキエル》を展開できるルートを仕込めるのは面白そうですよね。

どこまで行ってもサリエル依存。それが「呪眼」。それこそが「呪眼」。

呪眼の死徒 サリエル スーパーレア 遊戯王 インフィニティ・チェイサーズ dbic-jp027
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
売り上げランキング: 181,611
SPONSORED LINK

関連記事

Comment

  1. 匿名 より:

    更新お疲れ様です。

    遂に来ましたね呪眼リンク2!
    自分は呪眼と破械を混ぜたデッキを作ろうと考えているのであまり出す機会はないかもしれませんが、それでもザラキエルが簡単に出せるようになってすごく嬉しいです!

コメントを残す

アークファイブはプライム特典

【ラーデッキの強みを考える】ラーの翼神竜-球体形(スフィアモード)が自然と収まる所に注目!蘇生連打も良いよね・・・

理想と現実の間で長年揺れ続けて来た《ラーの翼神竜》が、遂に飛翔する

「禁じられた一滴」の信頼感は異常!使ってみて実感する本当の強さ!前回の記事で紹介しきれなかった小ネタをご紹介

元々評価の高いカードではありましたが、使えば使うほどマジで強い事を

【ラッシュデュエル】キャラクターパック『ガクト・ロア・ロミン』発売決定!ロアは新キャラですね

【更新情報】「ラッシュデュエルニュース」更新! キャラクターデッ

【色んな魔導書の神判入りデッキと対戦した感想】ジョウゲンの制圧力が今ではやや厳しい印象

関連記事:【禁止カードの導】魔導書の神判は今なら許される説|灰流う

【ラッシュデュエル】セブンスロードマジシャンデッキレシピ|ちょっぴりガクト&ルーク要素あり

管理人(きゃすと)が実際に愛用しているラッシュデュエル用デッキをご

【機皇神龍トリスケリア等、機皇新規強化に思う事】アームズエイド装備は定番になるのかな?

『DP冥闇の決闘者編』に収録される「機皇」新規、《機皇神龍トリスケ

【禁止カードの導】ショックルーラーは議論の余地なし!|今は尚更駄目っすね

「この禁止カードって今なら許される?やっぱり許されない?」 【禁

【使われるとやっぱり強い罠・トラップカード5選】無意識からの不意討ちが最強【奇襲性の高いトラップは良い】

採用率自体はそこまで高くないカードだけど、デュエル中に不意に使われ

→もっと見る

PAGE TOP ↑