【遊戯王セブンスゴーラッシュ】第2話感想「迷惑異星人監視機構」

アニメ『遊戯王ゴーラッシュ』第2話「迷惑異星人監視機構」の感想記事です。

迷惑異星人監視機構(MIK)とかいう怪しい組織のエージェント『蒼月マナブ』が初登場!

蒼月って苗字を見ると、どうしても前作の蒼月ガクト君をイメージしてしまいますが、一体どんな関係があるんでしょうか?……セブンスとの繋がりが気になる今日この頃……。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

スポンサーリンク

第2話「迷惑異星人監視機構」感想

【あらすじ】

UTSを訪れた新たな依頼人。しかし、その依頼人の正体は“MIK”こと迷惑異星人監視機構所属のエージェント、蒼月(そうげつ)マナブだった!不法滞在迷惑異星人として投降を求められたユウディアスは、自らの自由を懸けてマナブとデュエルをすることに!

遊戯王ゴーラッシュ公式サイト

蒼月の血を感じるキャラクターでした

将来的にツッコミ役として収まるオーラをヒシヒシと感じるキャラでしたね(笑)。

なんかやたら叫ぶところとか、ヘアピンとか、声以外にもガクトと共通する点が意外と多かったですが、それ以上にナチュラルにしゃべる猫を連れているのが一番の驚きでした。

あと、デッキも戦士族じゃなくて”科学”デッキになっていたのが意外でした。ヤメルーラやキメルーラの系譜(戦士族デッキの系譜)は残念ながら途絶えてしまったかぁ……(;^ω^)

ガクトの口癖「なんですとお~!?」も「にゃんですとお~!?」として継承

《ギャラクティカオブリビオン》良いカードだぁ

ユウディアスのエースモンスター《ギャラクティカオブリビオン》も初登場!

レベル7にして攻撃力2500/守備力2500ってスタッツは、レベル・通常モンスターサポートの多さを加味するとかなり強力なモンスターなのではないでしょうか?

あと、円盤型から竜型に変形するのも意外性があって良かったですね(背中のシビシビがイカス)。

次週、恐怖?吸血宇宙人

六葉町で次々と巻き起こる襲撃事件。ある者はカードを眺めているときに、また、ある者はイラストを描き上げたときに、そして、UTSの八木(やぎ)さんまでもが犯人の毒牙にかかってしまう。一見、なんの関連も無さそうな被害者たちの、意外な共通点とは…。

遊戯王ゴーラッシュ公式サイト

吸血宇宙人と《魔法羊女メェ~グちゃん》がどういう風に繋がるんだろう!?

吸血事件の被害者には何らかの共通点がある様ですが、八木さんって言われたら焼肉しか思い浮かばねぇ……。八木さん、羊、ラム肉……!?

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
+1

コメント

  1. 匿名 より:

    遊戯王も、また制作会社を変えた方が良いと思いますよ。遊戯王ゴーラッシュも、いつ終わるのも、面倒だしな。遊戯王は、元々、ヒーロー番組だしな。子供向けアニメってのは、こんなに、カリフラワーみたいに、こんなに、気味が悪いところとはな。あんまし、かっこいい悪の組織がいない世の中には、ついて来れない。どうせ、まともな作品作る気ないだろうな。また昔みたいに、やれば良かったものだしな。遊戯王の時代を此処で終わらせるのか、また新しい作品求めれば良いって事だな。新しい主人公を求めれば良いって事だよな。デスノートやコードギアスやDTBみたいな作品を求めたいと思っております。ルパン三世や怪盗キッドや007やレッドスパローみたいに、現代の世紀の大悪党や凄腕スパイが活躍する世の中になってほしいです。堕落してしまったこの世界ではな。

    0
  2. 匿名 より:

    縦読み?

    0
タイトルとURLをコピーしました