【遊戯王ラッシュデュエル】罠カードルール詳細|同じタイミングで発動できる罠カードが2枚以上ある場合発動できるのは1枚だけ

「YU-GI-OH.JP」にて、『遊戯王ラッシュデュエル』のルール補足記事がUPされました。

「罠カードの使い方」と題し、同じタイミングで発動できる罠カードが2枚以上ある場合の発動に関するルールが解説されています。

あと、同時期に公開された新カード6枚も一緒に紹介しておきます。

スポンサーリンク

遊戯王ラッシュデュエル:罠カードのルールについて

同じタイミングで発動できる罠カードが2枚以上ある場合発動できるのは1枚だけ

罠カードルール
同じタイミングで発動できる罠カードが2枚以上ある場合発動できるのは1枚だけ。まずは非ターンプレイヤー(そのターンのプレイヤーではない側)から罠カードを発動するかどうかを決められるぞ。発動しなかった場合、そのターンのプレイヤーが罠カードを発動するかどうかを決められるぞ。

YU-GI-OH.JP引用

同じタイミングで発動できる罠カードが2枚以上ある場合、発動できるのは1枚だけというルールが公開されました。

今のところ速攻魔法や相手ターンに発動できる効果も見えていませんし、要するにチェーンの概念を廃止する試みって感じでしょうか?

確かにこれなら相当処理は分かり易くなると思います。

公開されたカード

火の粉のカーテン

火の粉のカーテン
罠カード
【条件】自分の墓地にモンスター(魔法使い族)がいる場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
【効果】攻撃してきたモンスターの攻撃力はターン終了時まで500ダウンする。

収録:【スターターデッキ遊我】

戦闘における攻防の基本になりそうな一枚。ラッシュデュエルのステータスバランスなら500ダウンは十分な奇襲性を有しているはずです。

ルミナス・シャーマン

効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻500/守0
【条件】自分フィールドの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】フィールドの表側表示モンスター(レベル4以下/魔法使い族)1体を選ぶ、このターン、そのモンスターは直接攻撃できる。

収録:【スターターデッキ遊我】

レベル4以下の魔法使い族を強化しまくった上で直接攻撃できるようにすればよさげ。そうじゃなくても最後のダメ押しとしては悪くなさそうです。

ツインエッジ・ドラゴン

効果モンスター
星3/光属性/ドラゴン族/攻1000/守0
【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードは2回攻撃できる。

収録:【スターターデッキルーク】

シンプルに2回攻撃。強化すると新時代の《隼の騎士》になれそう。

ドラゴン・バット

通常モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守400
鳥か獣か、学者も意見の分かれる謎の生物。大群で飛ぶ姿が竜に見えなくもないので、もしかしたらドラゴンかもしれない。

収録:【スターターデッキルーク】

結局何なのか分からない竜。多分ドラゴン。

竜の祈り子

通常モンスター
星3/水属性/ドラゴン族/攻1100/守100
古のドラゴンの血脈を継ぐうら若き巫女。一族の安寧のため日々祈り続ける。その清き瞳には、映る者の未来を変える力があると言われている。

収録:【スターターデッキルーク】

ドラゴン・バットのコメントが残ってました・・・(申し訳ない)。

これは美しいデザインのカードですね。

反攻の竜撃

罠カード
【条件】自分フィールドのモンスター(ドラゴン族)が相手モンスターの攻撃で破壊された時、手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

収録:【スターターデッキルーク】

シンプルな破壊効果で使い易そう。1枚は伏せておきたいカードですね。

チェーン廃止って事かな?

例として《火の粉のカーテン》って適してるように思えないんだけど・・・(笑)。

とりあえず、自分・相手を含めて同タイミングに発動できるカードは1枚までで、その発動の優先権は非ターンプレイヤーが先に有している。非ターンプレイヤーが発動しないならターンプレイヤー側が発動できる・・・って事っぽいですね。

速攻魔法も無さそうですし、これは本格的にチェーンという概念を取っ払おうとしてますね。まぁ、確かにその方が分かり易いとは思います。

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです

コメント

  1. ドラゴン・バットはともかく、竜の祈り子はわりとハッキリしてるんじゃないですかね?

タイトルとURLをコピーしました