【アニメ遊戯王セブンス】第48話「奥義激突」感想|アサナとタイガー、幼き日の思い出

アニメ遊戯王セブンス第48話「奥義激突!」の感想記事です。

アサナとタイガーの間にあんな事情があっただなんて……。

涙無くして(?)観る事の出来ない…二人の幼き日の思い出の数々。そして、やっぱりトラブルの裏にはあのキャラクターの存在が…(笑)。

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

スポンサーリンク

第47話「奥義激突」感想

【あらすじ】

マキシマム山、坑道の奥深く、雪の降るデュエルフィールドで奥義(おうぎ)をぶつけ合うタイガーとアサナ。かつて「ハルっち」「アサっち」と呼び合うほど仲の良かった彼女たちが離れてしまうことになったある事件とは?はかなくも交差する幼い日の想い。あの日の空にもまた、粉雪が舞っていた…。

遊戯王セブンス公式サイト

アサナとタイガー、幼き日の思い出

幼き日の二人は、互いにアサっち・ハルっちと呼び合う程の仲良しであった…。

しかし、とある事件をきっかけに、その関係は壊れてしまう。

……その事件とは、上城龍久失踪事件。

いやまぁ、単にお絵描きしてる間に居眠りしちゃってただけなんですが、やっぱり事件・事故の裏にいるのはルークなんやなぁ…って(笑)。生まれ持ってのトラブルメイカーって感じw

雪の日に素足ってw

深雪の中、迷子になったルークを探す二人。

この事件の中で、共に探していたアサナに裏切られた(勝手に黙って帰った)と思いこむ事をきっかけに、二人の関係は途絶える事になったと……(;^ω^)

まぁ、小さい頃って何かと言葉足らずで喧嘩したり疎遠になったりするからなぁ…。

……まぁそれは良いとして、雪の中を素足で歩く小学生って絵がシュール過ぎるだろ…(笑)。

事件の裏にあったもう一つの事件

でも実はアサナは勝手に黙って帰った訳では無く、ルーク迷子の裏で同時進行していたシュベールの遭難事故救出にあたっていたと…(なお、ルークの発見連絡を受けた上で別件に当たっていた)。

まさかこのタイミングであの遭難事故エピソードに繋がるとは……予想外過ぎるだろうw

シュベールもルークとは違った意味で人騒がせな属性なので、この二つの事件が繋がってるのは何か謎の納得感がありましたね(笑)。

あと、シュベールの実家の構成おかしいだろう……(人間いねぇ…)。

次週、ロアロミン!

ついに迎えた決勝戦!第1戦はロアvsロミンの『ロアロミン』対決に!ロミンは新たなスタイル“ジャム”でロアを追いつめる。「あなたはソロではステージに立てない」と言われ動揺(どうよう)するロア。一方、闘いを見ていたゲッタとウシロウは、じっとしていられずに…。

遊戯王セブンス公式サイト引用

気付いたらいつの間にか決勝戦!予想通り遊我チームとルークチームが残る形になりました。

そして、決勝戦第1戦目はロアvsロミンによる『ロアロミン』対決!

この感じだと、ネイルvsガクト、遊我vsルーク、その後…って流れになりそうですねぇー

軌跡ディスコード
https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです
軌跡ツイッター
https://twitter.com/sangan103
面白かったりタメになったらフォロー&拡散ヨロシクです
0

コメント

  1. 次回もしロアが勝ったらパッとしないガクトがネイルに2番目に勝つという快挙になると思うと蘭世帰還フラグやななると思うんだが…どうなるでしょう。
    まぁ問題はガクトの現状の戦術であるリリース封じも表示形式変更もマキシマムであるユグドラゴにまるで通用しないことなんだが。

    0
タイトルとURLをコピーしました