【相剣デッキ】ギガンテック・ファイターに注目集まる?過激な増G対策ワロタ!

【相剣デッキ】に《ギガンテック・ファイター》が採用されているという情報提供をいただいたので、それに関して色々調べてみました!

《増殖するG》が滅茶苦茶重いデッキだからこそ辿り着いた境地!

今宵の《ギガンテック・ファイター》は、蘇生ループで相手のデッキを枯らすぜ‼(そして時々相手のバロネスも奪うぜ!)。

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
(C)Konami Digital Entertainment
スポンサーリンク

相剣構築:ギガンテック・ファイターに注目集まる

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの攻撃力は、
お互いの墓地の戦士族モンスターの数×100ポイントアップする。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分または相手の墓地の戦士族モンスター1体を選択し、
自分フィールド上に特殊召喚できる。

収録:【STARTER DECK(2008)】

初収録が2008年3月15日で、再録は『アドバンスド・トーナメントパック2013 Vol.2』のたった1度きり。初出がスターターという事で流通量は多そうですが、純粋に古い‼

バロネスを蘇生する事が出来る

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/戦士族/攻3000/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):お互いのスタンバイフェイズに、自分の墓地のレベル9以下のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを持ち主のEXデッキに戻し、そのモンスターを特殊召喚する。

《フルール・ド・バロネス》って戦士族なんで、《ギガンテック・ファイター》の効果で墓地から蘇生する事が出来るんですよね。何気に《ギガンテック・ファイター》の効果で相手の墓地の戦士族も対象にとれるので、これもミラーでかなり重宝する可能性があるという……。

《フルール・ド・バロネス》って墓地蘇生でも何の問題もなく全ての効果を使えるし、ぶっちゃけこれ以上の蘇生対象先はいないだろう……ってレベルです( `ー´)ノtueeeeee

過激な増G対策!自爆特攻でデッキ破壊を狙う?

どちらかと言うとこちらがメインみたいになってるのホント笑ってしまうんですが、相手が攻撃力2900以上(効果を使ったバロネス等)を縦置きした状態で《増殖するG》を投げた際に、連続自爆特攻でデッキ破壊を狙う運用も視野に入っているとか……?


▲屋敷ちゃんはダメステOk

確かに、タイミング的に《墓穴の指名者》に強いし、警戒しないといけない《屋敷わらし》は採用されているかどうか微妙なラインですし、これは確かに良さそうですね。意識されれば当然採用枚数は増えるでしょうけど、少なくとも今は奇襲性ありそうです。

効果モンスター
星6/炎属性/幻竜族/攻1200/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
相手に1200ダメージを与える。

相手が《相剣軍師-龍淵》スタートで入った場合、1200バーン喰らって残ライフは6800。仮想敵をバロネスとした場合、後33回は自爆特攻が可能ですね……(;^ω^)

おまけ:クリムゾン・ブレーダーにも注目が集まっているようです

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/戦士族/攻2800/守2600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
次の相手ターン、相手はレベル5以上のモンスターを召喚・特殊召喚できない。

ミラー意識で《クリムゾン・ブレーダー》の採用も増えているようですが、実はミラー以外にも「電脳堺」とか「ふわんだりぃず」とかにも場合によっては刺さるとか……。

《クリムゾン・ブレーダー》が流行るって「征竜」環境を思い出しちゃいますね……(;^ω^)

そのほかにも以下の様なカードに注目が集まっています

フルール・ド・バロネス:汎用レベル10シンクロ要員
輝竜星-ショウフク:相剣のレベル8要員
ドラッグ・ラビオン:ワンキルの起点
ヌメロン・ドラゴン:ワンキルの要

以上、《輝竜星-ショウフク》《フルール・ド・バロネス》《ラビオン》《ヌメドラ》の4枚は毎日右肩上がりの軌跡を刻んでいます。ラビヌメコンボは一気に使うデッキが増え過ぎだ(;^ω^)

+3

コメント

  1. ラビオンはEXから展開ということでいつか弾けるだろうなとは思ってたけど今年に入ってからホープに相剣にと弾けまくりですね…

    +2
  2. 増Gカウンターの無限ループほんとすき
    シンプルなギガンテックは勿論
    死と隣り合わせの脳開発系
    汎用札から作れなくもないスタダケルベロスボマー
    どれも邪悪なわくわくに満ちてる

    +5
  3. 言われてみると手札からのこいつの止め方ってかなり限定的なんですね

    +1
  4. ギカンテックファイターは親征竜準制限時に増G打った後シンクロ召喚され自爆繰り返されて山札切れてから苦手意識あります(古い)
    相剣にはロンギヌスや次元障壁が良いのか試行錯誤してみます…

    +2
  5. やる意味があるかは分からないけどラドリートラップ使って特攻続ければ好きなだけデッキ掘れるのか

    0
タイトルとURLをコピーしました