【リブロマンサー効果&相性の良いカード15選】儀式モンスターを見せて特殊召喚だぜ!

本記事は、2022年9月10日発売予『WORLD PREMIERE PACK|ワールドプレミアパック 2022』に収録される新テーマ【リブロマンサー】の特集記事です。

各種「リブロマンサー」カードの効果の復習は勿論、相性の良いカードも15枚ほど紹介しているので、気になっている人はチェックしてみてください。それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

リブロマンサーと相性の良いカード

リブロマンサーモンスター

効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻 800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「リブロマンサー」魔法カード1枚を手札に加える。
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻 600/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手ターンに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「リブロマンサー」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2000/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):「リブロマンサー・エージェント」以外の自分の墓地の「リブロマンサー」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
この効果で魔法・罠カードを加えた場合、さらに自分の手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。
効果モンスター
星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「リブロマンサー・ファイア」以外の「リブロマンサー」モンスター1体を手札に加える。
儀式・効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1800/守1800
「リブロマンサー」カードにより降臨。
(1):フィールドのモンスターを使用して儀式召喚したこのカードは、
効果では破壊されず、効果では除外できない。
(2):攻撃力3000未満のこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手のカードの効果が発動する度に、このカードの攻撃力・守備力は200アップする。

リブロマンサー魔法カード

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
同名カードが自分フィールドに存在しない「リブロマンサー」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「リブロマンサー」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札の「リブロマンサー」儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つ「ファイアトークン」(サイバース族・炎・攻/守0)1体を自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが自分フィールドに存在する限り、自分は「リブロマンサー」モンスターしか特殊召喚できない。
儀式魔法
「リブロマンサー」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「リブロマンサー」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
この効果でフィールドの「リブロマンサー・ファイアスターター」を使用して儀式召喚した
「リブロマンサー・ファイアバースト」は効果では破壊されず、効果では除外できない。

レベロマンサー罠カード

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
自分フィールドの「リブロマンサー」儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、その発動した効果を無効にする。
その後、自分の手札・墓地から「リブロマンサー」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「リブロマンサー」モンスター1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターを持ち主の手札に戻し、その相手モンスターのコントロールを得る。
儀式モンスター以外の自分のモンスターを対象としてこのカードを発動した場合、
この効果でコントロールを得たモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない
(1):自分フィールドに「リブロマンサー」モンスターが存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。
(2):自分・相手のエンドフェイズに、「リブロマンサー」儀式モンスターが自分フィールドに存在しない場合に発動する。
このカードを墓地へ送る。

マンジュ・ゴッド

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1400/守1000
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

儀式デッキにおける召喚権消費の定番。
《宣告者の神巫|デクレアラー・ディヴァイナー》と競合する事が多く、最近は出番を奪われがち。今回も《宣告者の神巫》の方が優勢な印象。

宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)

チューナー・効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 500/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。
このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

本デッキにおける召喚権消費先の筆頭。
このカードを採用する場合は、EXデッキに《虹光の宣告者》と《旧神ヌトス》を採用する事をお忘れなく!

ゲール・ドグラ

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 650/守 600
(1):3000LPを払って発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

召喚権消費先パート3!
6000LPで《虹光の宣告者》を2回使える。レベル2なので《スプライト・エルフ》等、【スプライト】との相性も良くなる副次効果あり。

魔神儀(デビリチュアル)

効果モンスター
星6/闇属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。「魔神儀-タリスマンドラ」以外のデッキの「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。
(2):このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

儀式テーマという事でコチラにも注目。
ただ、海外の構築をチェックしてみた感じ、やはり《宣告者の神巫》を採用した型が多めでした。【魔神儀】自体は枠を結構食いますからね。

サイバース・ウィッチ

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
デッキからサイバース族の儀式モンスター1体と「サイバネット・リチューアル」1枚を手札に加える。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンの自分メインフェイズに、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《リブロマンサー・ファイアバースト》がサイバース族の儀式モンスターなので、《サイバネット・リチューアル》共々相性が良いみたいですね。②効果で《リブロマンサー・ファイア》を蘇生できるのも偉い!

儀式魔法
サイバース族の儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札からサイバース族の儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分の墓地からこのカードと儀式モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドに「サイバネット・トークン」(サイバース族・光・星4・攻/守0)2体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

斬機出張

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「斬機サーキュラー」以外の「斬機」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスター1体でしか攻撃できない。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドに他の「斬機」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「斬機」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

上で紹介した《サイバース・ウィッチ》と併用している構築が海外では割と多い印象。サーキュラー3、シグマ1、ダイア1、斬機方程式1、ダランベルシアン1、ラプラシアン1って感じが目安になりそう。

サイバーエンジェル-弁天

儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守1500
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《宣告者の神巫》と共に採用されていることが多い模様。基本的には《宣告者の神巫》をサーチすることになると思いますが、《リブロマンサー・ミスティーガール》も光属性・天使族なのでサーチ可能です。

イリュージョン・オブ・カオス&マジシャンズ・ソウルズセット

儀式・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守2500
「カオス・フォーム」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
儀式モンスターを除く、「ブラック・マジシャン」またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
その後、手札を1枚選んでデッキの一番上に戻す。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻し、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚し、
その発動した効果を無効にする。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《儀式の準備》のサーチ択として《マジシャンズ・ソウルズ》と共に採用している海外プレイヤーが多い模様。仕事を終えた《リブロマンサー・ライジング》等をソウルズのコストに使えると確かにお得。

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、
デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。
その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または
「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
(2):自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。
墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

御巫(みかんこ)出張

「宣告者の神巫」を使った『みかんこ』展開コンボ!ツィオルキンやベアトリーチェが簡単に出るぜ
今日のデッキの種は、話題沸騰中の【御巫(みかんこ)】より、《宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)》を使った展開コンボをご紹介。 《宣告者の神巫》をっている時点で、「そりゃ、大体の事はでもできるだろー」って意見もあるかも...
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

出張可能な儀式モンスターという事で【御巫(みかんこ)】も相性が良さそうですね。《オオヒメの御巫》は光属性・天使族なので、《サイバーエンジェル-弁天》や《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》とのシナジーも良好です。

リングリボー

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 300
【リンクマーカー:左下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が罠カードを発動した時、このカードをリリースして発動できる。
その効果を無効にし除外する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、EXデッキから特殊召喚された
自分フィールドの「@イグニスター」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《リブロマンサー・ファイア》がレベル4以下のサイバース族に該当するので展開可能。セットカードが多い盤面に撃って出る時のお守り役としてオススメ!

金満で謙虚な壺

通常魔法(準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はカードの効果でドローできない。
(1):自分のEXデッキのカード3枚または6枚を裏側表示で除外して発動できる。
除外した数だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中から1枚を選んで手札に加え、残りのカードを好きな順番でデッキの一番下に戻す。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

EX依存がそこまででもないので使いやすい。
ドロー札の選択としてはこれが筆頭になると思います。

祝福の教会-リチューアル・チャーチ

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《リブロマンサー・ミスティガール》が光属性の儀式モンスターなのでサーチが可能。《サイバー・エンジェル-弁天》,《オオヒメの御巫》等を採用すると更にシナジーが強くなる。

儀式の準備

通常魔法
(1):デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の墓地の儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

テーマ内の儀式モンスター全てに対応。
逆に《儀式の下準備》は《リブロマンサー・ファイアバースト》にしか対応していない為、どちらかというとこっちが優先されがち。

儀式の下準備

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから儀式魔法カード1枚を選び、
さらにその儀式魔法カードにカード名が記された
儀式モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選ぶ。
そのカード2枚を手札に加える。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《リブロマンサー・リライジング》を参照し、《リブロマンサー・リライジング》と《リブロマンサー・ファイアバースト》or《リブロマンサー・ファイアースターター》の2枚を手札に加える事ができる。なお、それ以外の「リブロマンサー」儀式は範囲外。

緊急テレポート

速攻魔法(準制限カード)
(1):手札・デッキからレベル3以下のサイキック族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズに除外される。
きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

《リブロマンサー・G・ボーイ》を特殊召喚できる。偉い!

ビジュアル良し!効果良し!安定性良し!

きゃすと(管理人)
きゃすと(管理人)

共通効果による特殊召喚(手札から儀式モンスターを見せて特殊召喚)がかなり強いので、儀式テーマの中でもかなり事故り難いデッキなんじゃないでしょうか?イラストも良いし組んでみたいなぁ……。

+2

コメント

  1. 一応ですが下準備はファイアスターターも対応してますよ〜

    イラストめちゃくちゃいいですよね
    個人的にはアフェクテッドに描かれてる敵が気になりますw

    0
  2. 匿名 より:

    Vジャンプで弁天のサーチ先として、虚無の統括者が紹介されてましたけど、実際のところどうなんでしょうね?

    0
タイトルとURLをコピーしました