【エルドリッチ環境?】次期環境で活躍しそうなデッキを予想!抹殺制限でニビルケアが難しくなりそう

2022年1月改訂告知を受けて、次期環境で活躍できそうなデッキを大胆予想!

【幻影】【プランキッズ】【D出張】【勇者】等々、規制され弱体化されたデッキを踏まえつつ、次期環境でのし上がってきそうな期待のデッキを6つピックアップ!

《抹殺の指名者》の減少によって起こるであろうニビルケア問題、デスフェニ不在による置物系の強化等にも注目していきます。

スポンサーリンク

2022.1月リミットレギュレーション環境で隆盛しそうなデッキ予想

新禁止カード
フュージョン・デステニー【無制限⇒禁止】
新制限カード
幻影騎士団ティア―スケイル【無制限⇒制限】
プランキッズ・ミュー【無制限⇒制限】
抹殺の指名者【準制限⇒制限】
準制限カード
アラメシアの儀【無制限⇒準制限】
聖殿の水遣い【無制限⇒準制限】
オルタ―ガイスト・マルチフェイカー【制限⇒準制限】
龍相剣現【無制限⇒準制限】
メタバース【制限⇒準制限】
無制限・緩和されたカード
EMドクロバット・ジョーカー【準制限⇒無制限】
魂喰いオヴィラプター【準制限⇒無制限】
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン【準制限⇒無制限】
スケープ・ゴート【準制限⇒無制限】
2022.1月以降の環境懸念ポイント
デスフェニ減少による置物系カード使用デッキの強化
先攻で立てられるデスフェニが無限にきつかったデッキ・置物を多用するデッキは間接的に強化されている事が予想されます。フィールド魔法や永続魔法・罠が核となるデッキは少し伸び伸びデュエルが出来るようになりそうです。
《抹殺の指名者》制限によるニビルケアの難易度上昇
ニビルケアを《抹殺の指名者》に頼りきっていたデッキは、恐らくかなり厳しい戦いを強いられることになるでしょうね。代用として《発禁令》を使う事も可能ではあると思いますが、やはり後出しで機能する《抹殺の指名者》と《発禁令》ではかなり使用感が異なるので、減った穴を埋めきる事は出来ないでしょうね……。
……とまぁ、新改訂と上記の懸念ポイントを踏まえつつ、注目デッキを紹介していきます!

エルドリッチ

前環境から強デッキとして君臨していたデッキ。
周囲が規制される中で一切規制されなかった勝ち組中の勝ち組。罠ビでありながら持久力・キルスピードにも優れており、後攻でもそこそこやれる新時代の罠ビデッキ!
周囲のライバルが弱体化したことで相対的に評価が上がりそうな予感。

ドライトロン

コチラも前環境から強デッキとして君臨していた枠。
《崇光なる宣告者|アルティメット・デクレアラー》による驚異の先攻制圧が最大の武器。《フュージョン・デステニー》が禁止になった事でデスフェニの採用率が減少し、相対的に《禁じられた一滴》の採用率が下がる可能性がある為、環境的に追い風が吹いている予感。

相剣

《龍相剣現》が準制限になった事でデッキパワー微ダウン!しかし、周りのデッキがそれ以上に規制されたのでまだ全然やれる説。《抹殺の指名者》と《龍相剣現》が減った枠には他の誘発や《烙印の気炎》を入れたりすれば良さげ!次弾での新規・強化にも期待できる!

烙印デスピア

ストラク発売以降、ずっと話題になりまくっている期待のテーマ!
デスフェニを搭載する型が多かったので基本的には弱体化していますが、空いた枠を他のカードで埋める事は容易なので大きな問題はなさそう。《抹殺の指名者》が減った事でケアが難しくなった《ニビル》にも潜在的に強く、《ディメンション・アトラクター》等、他のデッキなら1枚で詰む系のカードにもある程度耐性があるのもポイント!

ふわんだりぃず

あらゆるメタを掻い潜りながら相手をメタる環境における地雷枠!
《ふわんだりぃずと旅じたく》で初動の安定感が上がった事で、最近メキメキと頭角を現しています。《ディメンション・アトラクター》,《魔封じの芳香》,《マクロコスモス》等、強烈なメタカードを扱うのが得意な上に、潜在的に《増殖するG》に強いという最強の特色を持っている為、環境における地雷枠として来期も活躍してくれそうです。テーマ内で規制されたカードも特にないし、今後更に見かける事が増えそうな予感です。
懸念点を挙げるとすれば、《抹殺の指名者》の規制ですが、まぁそれも問題なさそうです。

トライブリゲード

今回ノータッチだったので相対的に評価が上がりそう枠!
前環境でも常にトップシェアの背後に居座っていた存在感なので、恐らく今期も活躍してくれることでしょう。《烈風の結界像》,《霞の谷の巨神鳥》等、他のデッキが採用したくても中々採用できない専用系制圧札を持っているのが特徴。ただ、そこら辺は【ふわんだりぃず】も使うので、強みとして誇示するにはややパンチが弱いか?まぁ、なんやかんやで強いデッキなので心配はいらんでしょう!

勇者系はどうなるんでしょうか?

アラメシアと水遣いが準制限という事で、素引き確率は下がったという印象。しかし、ケルビーニからのルートは取れるし、【幻影騎士団】や【プランキッズ】の様に噛み合うデッキ次第では全然チャンスはありそうな予感。具体的に何と混ぜるかは要検討!

デスフェニがいなくなるのは本当にでかいですね

「いなくなって初めて気付くあいつのデカさ!(で、でかすぎんだろ……)。」

D-HERO使い的な視点だとかなり悲しい出来事だったんですが、あれだけ暴れまくったら《フュージョン・デステニー》禁止という結果も受け入れざるを得ないのでね……(;^ω^)

でもまぁ、【HERO】では相変わらずデスフェニする事が出来るので、来期からも管理人は変わらずデスフェニしていこうと思います!

+1

コメント

  1. イビルツインとかのデスフェニが入らなかった中速系が増えるかな?
    オルターはフェイカー帰ってくるけど流石にエルドの方が強いか

    0
タイトルとURLをコピーしました