レプティレス・ラミフィケーションでサーチ可能な魔法・罠まとめ【スポーンとリコイルが強い】

2021年7月17日発売予定『BURST OF DESTINY』に収録される「レプティレス」新規より、1枚で3役こなす有能サポート魔法《レプティレス・ラミフィケーション》の特集です。

「レプティレス」モンスター、魔法・罠のサーチ、攻撃力の0化の内の2つを遂行できるカードですが、モンスターに関しては、既に《キングレムリン》や《レプティレス・エキドゥーナ》でサーチする事が出来ていたので、今回は新たな選択肢である「レプティレス」魔法に注視しています。

……とは言ったものの、実質ほぼ二択みたいな所はあるんですけどね…(;^ω^)…あと罠とは?

スポンサーリンク

レプティレス・ラミフィケーションでサーチ可能な魔法・罠まとめ

《レプティレス・ラミフィケーション》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚墓地へ送り、以下の効果から2つを選択して発動できる。
●デッキから「レプティレス」モンスター1体を手札に加える。
●デッキから「レプティレス・ラミフィケーション」以外の「レプティレス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●相手フィールドのモンスター1体を選び、その攻撃力を0にする。

モンスターと魔法のダブルサーチを可能にする驚異のサーチ札!
モンスターサーチ自体は既に得意な印象が強いので、これに関しては「レプティレス」魔法・罠カードをサーチできる点に注目すべきでしょうか?(※なお、罠は存在しない)。
攻撃力0化も「レプティレス」にとってはとても有益な効果なので、額面以上の力を発揮してくれるでしょう!
必ず2つ選択する必要がある為、デッキ内の枯渇や相手フィールドの状況によって発動すること自体が出来ない可能性があります。まぁ、逆に言えばそれ位しか欠点は無いです。

レプティレス・スポーン

通常魔法
自分の墓地に存在する「レプティレス」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外して発動する。
自分フィールド上に「レプティレストークン」
(爬虫類族・地・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。

サーチ最有力候補か!?
攻撃力0のモンスターを2体確保できるだけでも優秀ですが、今ならトークンをリンク素材として運用出来るので、額面以上の働きをしてくれる可能性が非常に高いです。
《レプティレス・ラミフィケーション》のコストに「レプティレス」モンスターを使用する事ができれば、サーチしてそのままトークン生成から入る事が出来るので無駄が無いです。出てきたトークンは、《レプティレス・ヴァースキ》や《レプティレス・エキドゥーナ》の展開サポートとして運用すると良いのではないでしょうか?
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2600/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分・相手フィールドの攻撃力0のモンスター2体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):「レプティレス・ヴァースキ」はフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側表示モンスターを破壊する。
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/爬虫類族/攻 200
【リンクマーカー:左/右下】
爬虫類族モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
相手フィールドの攻撃力0のモンスターの数まで、デッキから爬虫類族モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は爬虫類族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが手札に存在し、自分フィールドのモンスターが爬虫類族モンスターのみの場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にし、このカードを特殊召喚する。
その後、自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
フィールドの表側表示モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にする。

レプティレス・ポイズン

通常魔法
自分フィールド上に「レプティレス」と名のついたモンスターが表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。相手フィールド上に守備表示で存在するモンスター1体を表側攻撃表示に変更し、そのモンスターの攻撃力を0にする。

相手フィールドに守備表示がいないと使えないのはちょっと厳しい
自分・相手のフィールドに左右されるので発動難易度はかなり高め。リバース効果を防ぐこともできないので、色々厳しい1枚。

レプティレス・アンガー

装備魔法
装備モンスターは爬虫類族になり、攻撃力は800ポイントアップする。また、このカードが破壊され墓地へ送られた時、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択する。そのモンスターの攻撃力は800ポイントダウンする。

種族変更は地味に面白いですが
種族変更は面白いですが、カードパワーは全体的に低め。デバフ効果は能動的な破壊でも機能するので、そこをうまく使えたら面白いかも?

レプティレス・リコイル

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの攻撃力0のモンスター1体と、自分の墓地の爬虫類族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。そのフィールドのモンスターを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。
(2):相手がモンスターの効果を発動した場合、相手フィールドの攻撃力0のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールを得る。その後、相手フィールドに「レプティレストークン」(爬虫類族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

フィールド魔法である事も嬉しい!
「レプティレス」モンスターは勿論、【溟界】【エーリアン】等の別テーマのモンスターも蘇生可能なフィールド魔法。昔から親和性の高い《毒蛇王ヴェノミノン》にも対応しているし、これはかなりありがたい新規です。《レプティレス・メルジーヌ》と並んだ場合、②効果によるコントロール奪取がトンデモなく恐ろしい効果になりそうな予感…。
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2500/守2800
爬虫類族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの(2)の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):爬虫類族モンスターのみを素材としてS召喚したこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を0にする。
(3):S召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

とりあえずスポーンが1枚あればいいかなぁー?

色々サーチできる事自体は面白いんですが、ぶっちゃけ《レプティレス・スポーン》と《レプティレス・リコイル》以外は厳しいかなぁーってのが本音です。モンスター側に関しても、LVPで再録されたカードと《レプティレス・ヒュドラ》位で間に合ってるかなぁ……て(遠い目)。

まぁ逆に言えば、今からでも全然組み易いって事なので、今回の新規で興味を持った人も「レプティレス」デビューしてみてはいかがでしょうか?

その際は、是非とも管理人の推しカードである【溟界】とヴェノミナーガ様もヨロシクです!

0

コメント

  1. 冥界でスポーンが使えれば強いと思ってたけど、サーチ効かない札だしレプティレスをそのためだけに混ぜるのもと思ってたから痒いところに手が届く新規スゴイ!

    +1
  2. スポーンが雑に強いとは言えリコイルはコンボ性高い上に1枚あればそれでいい
    モンスターに関してもサーチャー豊富な爬虫類だとこいつに頼る必要薄い
    攻撃力0にする手段も別にたくさんある。

    初動で強いのは間違いないけど中盤以降で引いて果たして強いのか感ある。

    +1
  3. 魔法や罠って、時々テーマ内では存在しないのにサーチとかの対象にされてることがあるけども、直近で作る予定なかったとしても対象に含めといた方が後々やりたいと思った時にやりやすくなるから…って感じがしてる
    ここで「現状罠はないし魔法だけサーチ対象にしとこ…」とかされても困るだけだし…

    0
タイトルとURLをコピーしました