【アルカナリーディング・効果考察】光の結界で当然正位置!THE WORLD安定させたいなぁ

「当然正位置!!」

…ってなノリで始まった《アルカナリーディング》記事(コイントス特集)。

デッキからコイントス効果を持つカードをサーチできる通常魔法ってロマンしかないのでは?

効果を安定させるための《光の結界》を如何に安定させるか?って課題は残りますが、きちんと機能したらテーマ内外を問わず滅茶苦茶有用なサーチ札になるのは間違いない一枚。

今後の「アルカナフォース」デッキの基本となるカードだと思うので、斎王ファンは必ずチェックしておきましょう(*’ω’*)トウゼンセイイチー

スポンサーリンク

アルカナリーディングは「ファントム・レイジ」に収録されるカードです

その他の収録カード効果・リストは関連記事をどうぞ。

関連記事:ファントム・レイジ収録カードリスト

アルカナリーディング:効果

通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を適用する。自分のフィールドゾーンに「光の結界」が存在する場合、コイントスを行わず裏表のどちらかを選んで適用する。
●表:デッキから「アルカナリーディング」以外のコイントスを行う効果を持つカード1枚を手札に加える。
●裏:相手は自分のデッキからカード1枚を選んで手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「アルカナフォース」モンスター1体を召喚する。

収録:【ファントム・レイジ】

《光の結界》をサーチする事ができるカードではあるけど、安定させる為には《光の結界》が要求されるというジレンマ。

ちゃんと機能したらテーマ内のカード全てに触れると言っても過言じゃないですし、②効果も後々活きてきそうな期待株って感じの一枚です。

こうなってくると益々《光の結界》を安定させる札が欲しくなってきますねぇ…。

光の結界があると当然正位置出来る

《光の結界/Light Barrier》
フィールド魔法
(1):自分スタンバイフェイズに発動する。コイントスを1回行い、裏が出た場合、このカードの(2)(3)の効果を次の自分スタンバイフェイズまで無効にする。
(2):自分の「アルカナフォース」モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚時に発動する効果は、コイントスを行わず裏表のどちらかを選んで適用する。
(3):自分の「アルカナフォース」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。その破壊されたモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

 

「アルカナフォース」の生命線である《光の結界》をサーチできるッ!

しかし、何度も言うように、サーチを安定させる為には《光の結界》が必要になるというジレンマを抱えています。

流石に裏覚悟で勝負に出る訳にもいかないレベルのデメリットですし、これはぶっちゃけ初動札にはカウントできないですね。

《光の結界》が安定供給できるようになれば話は変わってくるので、ここをクリアできるカード「早よ!」って感じです。とりあえず手札から捨ててデッキから発動でできるモンスターとか良いぞ!

コイントスカード全域をサーチできるの凄い

「アルカナフォース」モンスターがサーチできるのは当たり前の話ですが、それ以外も色々と面白そうなカードがサーチできて楽しそうです。

中でも、コイントス効果持ち最強モンスターとうたわれる《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》とか激熱ですし、《時の魔術師》をサーチするのもコンセプトデッキとかで重宝しそうです。

《デスペラード・リボルバー・ドラゴン/Desperado Barrel Dragon》
効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2800/守2200
(1):自分フィールドの機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。コイントスを3回行う。表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。

何ならモンスターカード以外をサーチしても良いので、《カップ・オブ・エース》とか《デビル・コメディアン》も選択肢に挙がってきます。

コイントスを行う効果を持つカードは”遊戯王wiki(コイントス)”にまとめられているので、そちらをチェックしてみると捗ると思います。

あえて裏を選ぶのもアリ?面白コンボ盛沢山?

表裏好きな方を選べるので、あえて裏を選んで相手に任意のカードをサーチさせるのもあり得る…のか?

《The suppression PLUTO/The Suppression Pluto》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2600/守2000
(1):1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。相手の手札を全て確認し、その中に宣言したカードがあった場合、以下の効果から1つを選んで適用する。
●相手フィールドのモンスター1体を選んでコントロールを得る。
●相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。その後、破壊したその魔法・罠カードを自分フィールドにセットできる。

例えば《The Suppression PLUTO》の効果を確定させるとか…ね!※相手がサーチしたカードを公開する必要が無い為、プルートコンボはできませんでした(-ω-;)

…このプランが崩れたので、サーチさせる旨味がなくなってしまった…。

これは無難に正位置した方が良いですね( 一一)

特殊召喚じゃないのはTHE WORLDを警戒しての事かな?

《アルカナフォースXXI-THE WORLD/Arcana Force XXI – The World》
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻3100/守3100
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を得る。
●表:自分のエンドフェイズ時に自分フィールド上のモンスター2体を墓地へ送って発動できる。次の相手ターンをスキップする。
●裏:相手のドローフェイズ毎に、相手の墓地の一番上のカードを相手の手札に加える。

 

特殊召喚できるって書いちゃうと「THE WORLD」が壊れちゃうし、こればっかりは仕方ない!

純粋に横に並べる手段として優秀だし、上級や最上級の展開にも一応寄与できることを考えると、召喚できる効果は悪くありません。

それこそ《アルカナリーディング》の効果でテーマ内のモンスターは全てサーチできる訳ですし、今後プールが増加したら一気に有用になる可能性を秘めています。

何とか展開力を底上げして「THE WORLD」狙いに行く人も絶対にいるんだろうなぁ~

さり気なく斎王さん写ってるの好き

さり気なくご本人登場シリーズなのが良いですね。

子安さんボイスで「当然正位置!!」してるのを想像するだけでニコニコできるなぁ…。

光の結界を安定させるサポートが来ると良さそうですよね

手札から捨てて《光の結界》をデッキから発動できるモンスターとか、カードの発動時にデッキから《光の結界》を発動できる永続魔法とかこねぇかなぁ…。

新規カードのテキスト的に《光の結界》に依存していく感じですし、フィールドを安定させるカード来てほしいなぁ…(こないかなぁ…)。

コメント

  1. あれ遊戯王って無条件サーチしても相手に見せなきゃいけないんでしたっけ

    • ミスです((+_+))
      これプルートコンボできないっす
      修正しておきます

  2. ラバーズ採用する意味が出るのはGXファンとしては嬉しいですね
    純アルカナフォースでヴァルハラ以外でもワールドが出しやすくなったのでファンデッキ同士のデュエルなら楽しめそうで発売が待ち遠しいです

  3. くっ!同名okならリーディング3連打→カップ2連打→エンタメデュエルなんてリアル斎王コンボができたのに!(なお成功率)
    墓地発動がある以上仕方ないですけどね…

  4. そりゃタロットは占いなんだから安定しちゃダメでしょ。それはそうと残りのアルカナフォースはまだなんだろうか。ナンバーズよりも埋めるのは楽だと思うんだがな。

  5. 花札衛「そうだぞ。正々堂々運で戦うんだ」

  6. 盗み見使って相手デッキ操作か?
    スパイラルドローン・ライザー・鳳凰の爆風辺り使えばプルート使えるんじゃないかな?

    • プルート置いて、スクルドの託せん使って相手デッキトップ弄ればコンボは出来るけどそこまでする労力が感じられないのがなぁ

タイトルとURLをコピーしました