【実績解除?】超電導波サンダーフォース気持ちいい!真実の名で決めました!

実績解除シリーズにする程ではなかったんですが、個人的に気持ちよかったので記事にしました。

通販で注文していた《超電導波サンダーフォース》が届いたので、早速デッキに組み込んで使ってみました!

そんなに凝った構築をした訳ではありませんが、それでもこのカード決まったらマジで気持ちい!!

相手フィールドのモンスター全破壊から大量ドローってマジパネぇ…。

スポンサーリンク

真実の名からのサンダーフォース決めました!

今回は、ドロソ多めの安定重視ブラマジデッキに《真実の名》,《オシリスの天空竜》,《超電導波サンダーフォース》の3種を出張させたシンプル構築にしてみました。

今回の構築のカギとなるのが《真実の名》。

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくり、宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。違った場合、めくったカードを墓地へ送る。

《黒の魔導陣》のトップ固定ムーブと滅茶苦茶相性が良い1枚です。

黒の魔導陣+真実の名でオシリスを展開

《黒の魔導陣》でデッキトップを固定して《真実の名》で宣言する動きは有名だと思うので割愛しますが、今回はその動きでオシリスを展開するというシンプルギミックで攻めてみました。

これならディスアドを発生させずにトップ操作が可能になるので、結果的に出て来たオシリスの火力を高く保持できるって寸法です。

超上振れプランとして、《黒の魔導陣》で《超電動破サンダーフォース》をトップ固定し、《真実の名》で手札に加えながらオシリスを展開したかったので、それぞれの枚数はかなり厚め(オシリス以外は各3)にしてみましたが、残念ながらそこまで上手くはいきませんでした(笑)。

自分ターンのサンダーフォースは気持ちよすぎる!


△ソウルズ、しもべ、サンダーフォースで一体何枚引くんだよ状態!

今回は結果的に3体破壊出来たので、3体破壊+3ドローという結果でした。

相手フィールドのモンスターを全部破壊するだけでも気持ちいいのに、そこに破壊した枚数分のドローがついてくるってどういう事だ…(悶絶)。

まぁ、《真実の名》で出したオシリスはエンドフェイズに墓地に送られてしまうんですが、それでもドローによって高められたオシリスの打点を持ってすれば、相手のライフなんて撫でてやればイチコロですよ!!

なお、ワンショットは決められなかった模様

上項では3ドローしたと書きましたが、ボード的に相手の場には4体のモンスターがいたので、本来ならば4枚ドローからの攻撃力8000ワンショットの流れが見えていました。

…しかし、4枚破壊4ドローどころか、そのターン中のキルすら実はできなかったのです。

そう、相手の場には《禁じられた一滴》がセットされており、《超電導波サンダーフォース》にチェーンし、モンスター数を減らしながらオシリスの効果を無効化されちゃったんですね(涙)。

《超電導波サンダーフォース》を使うとそのターン中は1体でしか攻撃できないので、結局、その後に通常召喚した《マジシャンズ・ロッド》のみで殴って1600ダメージエンドという事実(涙)。

まぁ、流石にアド差で勝利はつかみましたが、まさかの伏兵(一滴)は衝撃でした。

実績解除シリーズとするなら、

  1. 《黒の魔導陣》でトップ操作
  2. 《真実の名》で《サンダーフォース》を手札に加えながらオシリス展開
  3. 《サンダー・フォース》で相手の場を一掃しながら大量ドロー
  4. ブラマジによるドローエンジンなどを加えて打点を8000まで伸ばす!
  5. 《オシリスの天空竜》(攻撃力8000)でワンショット

これくらいは必要だと思うので、次回はちゃんと決められるように頑張ります<(_ _)>

0

コメント

  1. ブラマジにオシリスとは、正に遊戯っぽくていいですね。私はどうにか三幻神でできないか試しています。

    0
タイトルとURLをコピーしました