【リボルトサーチ解禁】鉄獣戦線塊撃のベアブルム効果考察!トライブリゲードに革命を起こす1枚?

『ライトニング・オーバードライブ』に収録される「トライブリゲード」新カード《鉄獣戦線塊撃のベアブルム》の特集記事です。

「トライブリゲード」使い待望の魔法・罠サーチ!
こんなの《鉄獣の抗戦|トライブリゲード・リボルト》サーチするしかないじゃん!!

手札1枚デッキに戻してるからアドは稼いでない様に見えるけど、こんなに強い効果をリンク2でもらえるのマジでヤベェなぁ…。

スポンサーリンク

鉄獣戦線塊撃のベアブルム

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/獣族/攻1700
【リンクマーカー:左/右下】
「トライブリゲード」モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を2枚捨て、除外されている自分のレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「トライブリゲード」魔法・罠カード1枚を手札に加える。その後、手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「トライブリゲード」モンスターしか特殊召喚できない。

収録:【ライトニング・オーバードライブ】

大振りだが滅茶苦茶便利な特殊召喚効果

  • 手札コストがメリットにもなり得る
  • コストに指定が一切ない

手札2枚のコストは軽くはありませんが、「トライブリゲード」には墓地に送られる事で効果を誘発するカード・墓地効果を持つカードも多い為、逆にメリットとなる可能性も十分に想定できます。

「トライブリゲード」モンスターの共通効果の為の墓地コスト加速にもつながる為、むしろメリットとして働く可能性の方が多いまであり得ます。

モンスターとか「トライブリゲード」カードって指定していないのがとにかく強いので、ちょっと無理のある構築をしていても許容してくれそうですもんね…。

効果も無効にしないので、特殊召喚した「トライブリゲード」モンスターはそれぞれ効果を使う事も出来ます。やや大振りに見える効果ですが、それ込みで滅茶苦茶強い効果だと思います。

トライブリゲード・リボルトという名の最強カードをサーチできる

  • トライブリゲード・リボルトという名の最強爆アドカードをサーチできる

鉄獣の抗戦|トライブリゲード・リボルト
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

使った事・使われた事がある人はご存知の事と思いますが、このカードが通ると一気にアドバンテージの概念が崩壊するんですよね。

とりあえずシュライグがリンク召喚されて、素材に使用したモンスター達が墓地に落ち(墓地に送られた場合の効果も誘発)、墓地リソースも回復…。

対象を取らない除外効果がフリーチェーンで飛んでくるだけでもシンドイのに、それに付随するアドバンテージが完全にぶっ壊れてしまっているカードです。

正規召喚しておくとリボルトがリボルトを呼ぶ事態に

この際に正規召喚した《鉄獣戦線塊撃のベアブルム》を交えると更に大変な事態が発生!?

《トライブリゲード・リボルト》で《鉄獣戦線塊撃のベアブルム》の②効果を誘発させる流れが形成できると、《リボルト》が《リボルト》を呼ぶ事態が発生します。

1枚でもとんでもない爆アドカードなのに、それが連鎖していくってとんでもない事です。

今まではサーチ手段がない事を理由にリボルトを厚く積んでいましたが、今後はリボルトを連鎖させる為にリボルトを厚く積むという考え方も生まれていきそうですね。

ベアブルムでサーチできるトライブリゲード魔法・罠一覧

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分の手札・フィールドからモンスター1体を墓地へ送って発動できる。墓地へ送ったモンスターとは元々の種族が異なる「トライブリゲード」モンスター1体をデッキから手札に加える。
(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このターン相手は攻撃宣言できない。
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下で種族が異なる獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで700アップする。
(2):自分フィールドのリンク状態の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは種族が異なる獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
(2):自分フィールドに獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターがそれぞれ1体以上存在する場合、
墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
筆頭は《鉄獣の抗戦|リボルト》になると思いますが、特殊召喚札である《鉄獣の血盟|オース》も中々に良い感じですね。結界像を守るカードとしておなじみの《邂逅|ランデブー》も打点上昇が凄いので実はサーチしても結構強かったりします。

トライブリゲードの構築に革命を起こす1枚

リボルトは意図的にサーチできない様に味付けされていると思っていたので、リンクモンスターでサーチが来るのは本当に意外でした。

今の「トライブリゲード」は、先行王神鳥からの結界像が定番になっていますが、魔法・罠にアクセスできるとなれば構築は大きく変わって来そうですね。

リボルトはマジで強いので、安定するのは流石に強いでしょうねぇ…。

コメント

  1. ファンデッカー目線だとキットとベアブルムはやりすぎに見える
    フラクトール一枚からアド稼ぎすぎでしょ・・・

    天キ筆頭に色々規制されそう

  2. 新しい編集方法、良いですね。見やすいです

  3. 除外特殊召喚は本当に強い…
    Tfspの紋章獣のアマテラスで実感してます。除外は基本墓地からコストで除外されてるんだから…それが墓地に戻るのが強いのは必然。
    しかもトライブリゲードの場合落ちた時の効果満載なんだから…これは凄い。バグってますね~

  4. ついに欲しかったものが手に入った喜び
    これは捗るわぁ

  5. 明らかにアニメテーマ強化と性能違いすぎる…
    こんなの勝負にならないだろ
    高性能な新規を毎回もらえてずるいわ

    • なりきりグッズでもあるアニメテーマと大会想定のガチテーマはもとから方向性が違うんだし戦う必要なくない?互いに立つべき土俵が違う

    • アニメテーマとの差の気持ちはすごくわかる。ただ自分の好きなテーマ(青眼とか)が規制される方が嫌なので、そこそこ強いぐらいで丁度いいとも思う。

  6. 今まではエアボーンやリボルトは素引きするしかないってのがネックだったのが解消されて嬉しい。
    天キ規制くらうと炎星組み込むのがキツくなりそう

  7. ここまでトライブリゲード縛りがあると
    純構築する理由にもなっていいね
    なんだかんだ3カテゴリぐらい混ぜてデッキ組むこと多いしな
    まぁそれはそれで同盟みたいな感じで雰囲気も悪くはないんだけども

  8. 滅茶苦茶便利なようでトライブリゲードの強みの一つである混成(シムルグ結界像や十二獣)構成はしづらくなるかは上で言われてるほどヤバくはないと思う

タイトルとURLをコピーしました