【ダーク・コーリングの総収録回数は3回】レアリティは、ノーマル・レア・シークレットの三種類なのだ!

『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-』に新規「E-HERO」が収録される影響で、「イービル・ヒーロー」必須カードである《ダーク・コーリング》に注目が集まっているようです。

『レジェンドデュエリスト編5』で恐らく再録されるとは思いますが、されなかったら確かに困るし、デッキの核となるカードだからシークレットが欲しいと思うのは自然の摂理。

まぁ、《ダーク・コーリング》のシークレットはイラスト的にもカッコイイですしねぇ・・・(理解)。

スポンサーリンク

ダーク・コーリング 効果

《ダーク・コーリング/Dark Calling》 
通常魔法
自分の手札・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できるその融合モンスター1体を「ダーク・フュージョン」による融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 

《ダーク・フュージョン/Dark Fusion》
通常魔法
手札・自分フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、悪魔族のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手のカードの効果の対象にならない。

 

「ダーク・フュージョン」が悪魔族融合カードなので、「E-HERO」以外の融合モンスターも色々出せるのが特徴。

テーマ別に見ると、「E-HERO」「DDD」「デストーイ」。テーマ外でも意外な所に該当融合モンスターがいたりします。

ダーク・コーリング の収録・再録情報

  • デュエリストパック-十代編3-(2007年10月20日発売)
    レアカードでの初収録。ウルトラのマリシャスデビルがやたら恰好良かった思い出。
  • トーナメントパック2009 Vol.3 
    これを再録に含めるのは如何なものか?ノーパラのマリシャスデビルが以下略。
  • デュエリストエディション2(2012年5月12日発売)
    シークレットレアでの収録。六武の師範とアドバンスドダークが他のシク枠だったかな?

 

TP抜きで考えるなら実質1度しか再録されていない事になります。ちなみに管理人はシークレットでは一枚も持っていません・・・(師範は3枚位ある)。

マリシャス・エッジのスーパーとかも良いよね

古い上に再録回数も少ないので、レアリティにこだわりだすと結構大変そう。

これ位の時代のカードって数年前までは結構お店でも沢山見かけてたんだけど、いつの間にか数が急激に減った印象があるんだよね・・・(レリーフとか特に)。

9期以降は過去テーマにフォーカスが当たる事も増えたし、そういう関係で価値が見直されたのかもしれませんね。

高レアリティの「E-HERO」か・・・さぞ、恰好良かろう・・・。

コメント

  1. 《ダーク・コーリング》はぼろくなったのを見つけて何とか買えましたが、《E-HERO ヘル・ブラット》も再録がないので、是非してほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました