【新規を追加したシャドール展開】アプカローネと影光の聖選士を少し過小評価し過ぎていたようです(反省)

新規シャドールカードを絡めた初動ムーブが思いの外美しかったのでご紹介します。

リザードで《影光の聖選士》を墓地に落とすのは優先的にそうでもないかな?って思っていましたが、これなら確かに悪くないっすね!

スポンサーリンク

アプカローネ,影光の聖選士ムーブ

アプカローネを交えた初動ムーブに必要なのは以下の3枚。3枚初動というだけで少し微妙に見えるかもしれませんが、後攻なら《影依融合》を使う事で消費を抑える事もできそうです。

  • 融合札
  • シャドール・リザード
  • 影霊の翼ウェンディ

手順1:ウェンディ,リザードでアプカローネを立てる

《影霊の翼 ウェンディ/Reeshaddoll Wendi》 
リバース・効果モンスター
星3/風属性/サイキック族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

 

《シャドール・リザード/Shaddoll Squamata》 
リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「シャドール・リザード」以外の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。

 

《エルシャドール・アプカローネ/El Shaddoll Apkallone》 
融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果を無効にする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。その後、手札を1枚選んで捨てる。

 

ウェンディ+リザードを素材に《エルシャドール・アプカローネ》を融合召喚。効果によってウェンディ,リザードが墓地に送られることで、それぞれの効果が誘発します。

ウェンディで任意の「シャドール」モンスターを裏側守備表示で特殊召喚し、リザードで《影光の聖選士》を墓地に送れば準備完了!任意の「シャドール」モンスターのリバース効果を狙う事が出来ます。ここでは新規カードを絡める為に《影依の巫女 エリアル》をリクルートします。

手順2: 影光の聖選士でエリアルをリバースさせる

《影光の聖選士/Resh Shaddoll Incarnation》 
通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと「シャドール」カード1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの裏側表示モンスター1体を選んで表側守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

 

《影依の巫女 エリアル/Naelshaddoll Ariel》 
リバース・効果モンスター
星4/水属性/サイキック族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、除外されている自分の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。そのカードを除外する。

 

墓地の《影光の聖選士》によって《影依の巫女エリアル》をリバースさせます。この時、墓地の「シャドール」モンスターを除外する事でエリアルの①効果に必要な除外されている「シャドール」モンスターを確保できる流れになってます。

手順3:アプカローネを素材にリンク召喚

《シャドール・ヘッジホッグ/Shaddoll Hedgehog》 
リバース・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 800/守 200
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「シャドール」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「シャドール・ヘッジホッグ」以外の「シャドール」モンスター1体を手札に加える。

 

フィールドのアプカローネを素材にリンク召喚する事でアプカローネの③効果に繋げます。

この時、《シャドール・ヘッジホッグ》をサーチして手札から捨てる事で、即座に「シャドール」モンスターサーチに繋げる事が出来ます。

リンク召喚するモンスターは任意ですが、流れ的に《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》をその後立てる事になると思うので、ケア用の《IP:マスカレーナ》を立てるのが一番丸いのではないでしょうか?

仮に《IP:マスカレーナ》を立てた場合、盤面リソースは《IP:マスカレーナ》+1体,更にサーチしてきた「シャドール」モンスターを通常召喚して合計3体となるので、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》を立てて効果を使い、その後相手ターンリンクまで繋がる寸法になってます。

ちょっと影光の聖選士を過少評価し過ぎていたようです

リザードから優先的に落とす事に対して少し抵抗があったのですが、これなら確かに優先的に落としても全然美味しそうですよね!

ちょっと《影光の聖選士》を過小評価している部分があったのでそれを反省しつつ、自分なりの「シャドール」デッキを更に突き詰めていこうと思います。

…やっぱりいじってみないと見えてこないものが沢山ありますね…(だからカードは楽しい…)。

Amazon:シャドールストラク

コメント

  1. ケイウス「俺もいるぞぉ!」

  2. 新規の少なさはやっぱり疑問だけど、新規の性能が想定外に今に刺さってますね
    ウェンディで回転率が上がるのは言わずもがな、エリアルも2は強烈だし1効果使う時さえ出てくる、聖選士は手札でも腐らなければ割られても痛くない
    シャドールミラーだと効果消されたネフィリムを裏にして効果再生とか小手先も効きました

  3. ご存知かもですが、融合・リザードかウェンディ・カグヤの3枚で効果耐性持ちアストラムとネフィリム(エルシャドールとリザードなら追加でミドラ)が出来ますよ!

    カグヤns、efシラユキサーチ、融合シラユキ・リザード素材ネフィリムss、ネフィefインカネ墓地・リザードefウェンディ墓地、ウェンディefエリアル裏側ss、ネフィカグヤでクロシープss、ネフィef融合回収、インカネefネフィ除外エリアルリバース、エリアルefネフィss、クロシープefリザードss(*)・ネフィefインカネ墓地、ネフィエリアルでマスカレーナss、ネフィefインカネ回収、融合・インカネセットエンド。相手ターンインカネでネフィss、クロシープefでエリアル(*)、融合リザードエリアル素材でミドラ(アプカローネ・アノマ選択)、リザードef好きなシャドール墓地(ssは無理なのでファルコンウェンディは優先度低め、ビーストかヘッジホッグあたりが便利)。

    *のss対象はカグヤ・シラユキも優秀なので相手デッキに応じて。その場合でも手札にシャドールがあれば、相手ターンに手札と*で出たモンスター素材にミドラ・アプカローネ・ネフィ(アノマも)が出せるので、相手の動きを妨害しつつ展開可能。

    余談ですが、純でアナコンダ出さないといけない場合は超融合したいか融合引けてない(寝フィの方が次以降強いと思うのだけれど)場合だと思うので、初手アナコンダに頼る動きをするよりもメインの融合引ける確率をあげた方が良い気がしますね(トリスタシャドールは分からないけれどトリスタに召喚権欲しいだろうから別)。

    • 最終盤面にアストラムいないじゃん!他にも後半がぐだぐだしてる…◯刀乙
      相手ターン以降は柔軟に対応した方が強いとは思うのですが…と言い訳しつつ一応。

      自分ターンは上のまま。相手ターンから開始。インカネefネフィss、ネフィefシャドールカード任意(ヘッジかビーストかシャドールフュージョンおススメ。今回はヘッジルートで)墓地・クロシープefエリアルss(*)、ヘッジホッグefビーストサーチ、マスカレーナefクロシープと自身素材でアストラムss、現し身融合エリアルビースト素材でミドラss(アプカローネ・アノマと選択)、エリアルefで任意除外・ビーストef1枚ドロー。

      初手 :現し身、リザード、カグヤ
      最終盤面 :効果破壊耐性アストラム、ネフィリム、ミドラ、*で釣り上げたモンスター(カグヤおススメ)と1枚ドロー

タイトルとURLをコピーしました