【コードブレイカーの話】単なる送り付けギミック面白集団と侮るなかれ!コードブレイク・バックファイアとバインドOCG化はよ!

新テーマ「コードブレイカー」の動かし方・テーマ性について!!

《コードブレイカー・ゼロデイ》を相手フィールドに送り付けてデバフを振りまく印象の強いテーマですが、実はこのテーマ………それだけではありません。

《ゼロデイ》を手札・デッキ・墓地から過労死させて莫大なリソースを確保するリソース集団。相互リンク・マーカー確保という難題をの乗りこなし、次世代の汎用札としての道を模索しましょう。

※ウイルスバーサーカーの効果について一部加筆修正しました。

スポンサーリンク

コードブレイカーの使い方・テーマ性について

全ては「コードブレイカー・ウイルスソードマン」を効果を成立させる所から始まる。

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻2300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を選び、リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

全ての始まりは《コードブレイカー・ウイルスソードマン》の効果を通す所から始まる

ご覧の通り、相互リンク状態になるように特殊召喚できると、広範囲から《コードブレイカー・ゼロデイ》を特殊召喚してリソースをプラス1してくれるリンク2と書いてあります。

特殊召喚対応範囲が手札・デッキ・墓地と広大で、①効果は汎用蘇生札等による特殊召喚でも条件を満たしていれば誘発できる点は柔軟で優秀ですが、如何せん相互リンクとリンクモンスターのリンク先に特殊召喚という部分が割と真面目にネックです。

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1800/守 0
(1):「コードブレイカー」リンクモンスター以外の、このカードとリンク状態のリンクモンスターの攻撃力は1000ダウンする。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、フィールドの「コードブレイカー」リンクモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動する。このカードを破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を手札に加える。

 

《ウイルスソードマン》自体が上下マーカーである事を考慮すると、メインモンスターゾーンに上向きかつ左右のどちらかを指し示すマーカーを持つリンクモンスターを展開しつつ、エクストラモンスターゾーンに《コードブレイカー・ウイルスソードマン》を特殊召喚する事を要求されている事が分かります。

例外として墓地から蘇生した左右マーカー持ちのリンク先を利用するというのがありますが、まぁそうそううまくいく話ではありません。

うまく相互出来ると「コードブレイカー・ウイルスバーサーカー」に繋がる

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2800
【リンクマーカー:上/右/下】
「コードブレイカー」モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。自分の手札・墓地から「コードブレイカー」モンスターを2体まで選び、リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。自分・相手フィールドのリンク状態の「コードブレイカー」モンスターの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

 

《ウイルスソードマン》の効果=《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》

またしても相互リンクを達成しつつ、今度はフリーになっているリンクマーカーのリンク先を2つ確保する事で、「コードブレイカー」モンスターを2体追加する事が出来ます。(バーサーカーはコードブレイカーモンスター指定なのでウイルスソードマンもいける)。

ここまで来ると何となく分かると思いますが、「コードブレイカー」の実態は、送り付けギミックも出来るリンクリソーステーマなのです。

リンク2効果で+1体追加⇒リンク3効果で+2体追加(リンク値だと3分)と考えればかなり強力な展開と言えますが、相互リンク+フリーのリンクマーカーを要求されることで、EX選択と展開ルートがかなりシビアな事になっています(これが汎用性に対するリミッターになっている)。

まぁ、相互までは全然何とかなるんですけど、リンク先ってのがぶっちゃけきついんですよね。…ここが無ければかなりの汎用カードだっただろうに…。

でも送り付けコンボもあった方が良いです

ここまで散々放置しては来ましたが、何だかんだ言っても送り付けギミックは「コードブレイカー」のアイデンティティの一つです。使うんだったらやっぱり有効活用できる構造は欲しい所。

…というか、リソース役としてだけ使うんだったら他にも色々選択肢があるよね…っていう(本音)。

何だかんだ言ってもエクストラの枠は喰うし、妨害されて理想の形が成立しないと大変な事になるしで、単純に少ないメイン出張数で展開リソース確保できるって言い切るのはちょっと難しい気がします。

やっぱり《コードブレイク・バックファイア》と《バインド》は欲しい

「コードブレイカー」が好きな人はみんな思ってる事だと思いますが、やっぱり《コードブレイク・バックファイア》と《コードブレイク・バインド》の2枚は欲しいですよね。…でもなぁ、今回はナンバー的に収録されて無さそうなんですよね(悲しみ)。

コードブレイク・バックファイア
永続罠
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドのモンスターは「コードブレイカー」モンスターとの戦闘では破壊されない。
②:自分の「コードブレイカー」モンスターが相手フィールドに特殊召喚された場合に発動する。相手に600ダメージを与える。
③:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、相手フィールドの「コードブレイカー」モンスターは攻撃できず、アドバンス召喚のためにリリースできず、特殊召喚のための素材にもできない。
コードブレイク・バインド
永続魔法
①:自分フィールドに「コードブレイカー」リンクモンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。自分エンドフェイズに、自分フィールドに「コードブレイカー」リンクモンスターが存在しない場合にこのカードは破壊される。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、「コードブレイカー」モンスターとリンク状態になっていない相手モンスターは攻撃できない。
③:「コードブレイカー」モンスターとリンク状態になるように、相手がモンスターを召喚・特殊召喚した場合にこの効果を発動できる。このターン、その相手モンスターとの戦闘でモンスターが破壊され墓地へ送られた場合、フィールドのこのカードは墓地へ送られる。その後、破壊されたモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

特に《バックファイア》は重要で、これが無いと送り付けても展開リソースに使われて終了しちゃうんですよね…(トホホ)。

「剛鬼」と混ぜるとかワンチャンあるかもしれません

戦士族テーマかつ縛りのないリソーステーマという共通点もありますし、「剛鬼」側で連撃や大パンチを選択すれば送り付けギミックも有効活用できるかも?

思い付きではありますが、意外と考えてみる価値のある組み合わせかも????

Amazon:エターニティ・コード

宣伝:遊戯王の軌跡ディスコード⇒https://discord.gg/wveV7wv
気軽に参加( `・∀・´)ノヨロシクです

コメント

  1. EXモンスターゾーンに下・左下のリンク2~3ある状態で相互ソードマン+ゼロデイでバーサーカー出して墓地のソードマンとゼロデイ蘇生するムーブが基本じゃないか?
    それならデッキにゼロデイ1枚採用でいいし、ゼロデイ3枚なんて使う必要性薄いと思うよ。

    • そうかバーサーカーはコードブレイカーモンスターだから…
      私の想像以上に有能でした 追記しておきます。

  2. 剣闘のパンサーなら簡単に理想ムーブ実現できるな
    本来はエーディトル→ドミ、ヘラするためのもので実用性は皆無に近いけど

  3. ソードマン、この素材縛りで攻撃力2300、自己蘇生持ちとか結構スペック高いですね。メインデッキの打点が弱いデッキに入るかな‥?

  4. 相手が素材にできないのはデフォで付けてくれてても良かったのでは…?
    デザインも動き方も好きなので即組みは確定

  5. 軌跡さんとオルフェゴール・ジャックナイツの話、した過ぎる。
    記事待ってます(笑)
    (あっ、DISCORD入ればいいのか…)

    • ジャックナイツ・オルフェゴールでした。
      失礼しました。

  6. 最近だと剛鬼トロイメアで見かけるようになりましたね。

タイトルとURLをコピーしました