【神炎竜ルベリオン|効果考察】デスフェニも出せる融合効果!ダッシュ&ディヴァイン再利用!?

本日は、2021年12月4日発売『ストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク-』に収録される新カード《神炎竜ルベリオン》に注目してみました。

《アルバスの落胤》から出せる新たな融合モンスター!闇属性モンスター+《アルバスの落胤》という驚異の緩さで相手フィールドのモンスターをロックオン!

融合が融合を呼ぶ《烙印竜アルビオン》の様な効果を持っていますが、こちらはフィールド・墓地・除外の3か所から素材を供給!光と闇、対となる関係だけあって効果も実にそれっぽいですね!

©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI
スポンサーリンク

『神炎竜ルベリオン』効果考察


▲右上の方

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
闇属性モンスター+「アルバスの落胤」
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「神炎竜ルベリオン」を除くレベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このターン、このカードは攻撃できず、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

収録:【ストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク-】

☆闇属性+アルバスの落胤という緩々素材指定
☆フィールド・墓地・除外されているモンスターを素材としてレベル8以下の融合モンスターを融合召喚!
☆素材としたモンスターはデッキに戻るので再利用も可能!

《アルバスの落胤》で出せる新たな可能性

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+光属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から、「烙印竜アルビオン」を除く
レベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加えるか自分フィールドにセットする。

《アルバスの落胤》を素材指定している融合モンスターはこれで通算6体目。汎用素材で出せるモンスターも含めると、軽く20を超えるのだから驚きです。※詳細は関連記事にて。

【アルバスの落胤|超絶強化】天球アルバスシュート更なる次元へ!ミラジェイド最強!
『ストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク』に収録される新カードにて、皆大好き【天球アルバスシュートコンボ】が更なる進化を遂げる……という事で、早速特集していきます!【天球アルバスシュートコンボ】については、以前に何度か紹介した...

今回は闇属性を指定しているだけあって、効果も光を指定している《烙印竜アルビオン》にかなり酷似したものになっています。ただし、アルビオンが手札・フィールド・墓地なのに対し、ルベリオンはフィールド・墓地・除外とハッキリとした違いがあるので要注意!

基本的には《アルビオン》の効果で《ルベリオン》を融合召喚し、《アルビオン》の効果で素材となり除外されたモンスターを使って《ルベリオン》の効果を通す形になりますが、それぞれ単独で使う事も出来る為、色んな融合モンスターが出せて楽しそうです。

《氷剣竜ミラジェイド》とかいうトンデモナイ奴も同時実装!


▲左下の方

融合・効果モンスター
星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守2500
「アルバスの落胤」+融合・S・X・リンクモンスター
(1):「氷剣竜ミラジェイド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分・相手ターンに1度、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送って発動できる。フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
次のターン、このカードはこの効果を使用できない。
(3):融合召喚したこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

《アルビオン》&《ルベリオン》を語る上で外せないのがコチラ!

  • 自分・相手ターンに「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送ってフィールドのモンスター1体を選んで除外する効果。
  • 融合召喚したこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動し、このターンのエンドフェイズに相手フィールドのモンスターを全て破壊する効果。

《烙印竜アルビオン》⇒《神炎竜ルベリオン》の動きを通すだけでこのレベルの融合モンスターを出せるってんだから、もうこれは出すっきゃないですよね!

『次のターン、このカードはこの効果を使用できない。』

―――――――――このカードが強い事はこの一文が全てを物語っていますね。

デスフェニの素材を墓地や除外から再供給可能!

レベル8以下の融合モンスターなら何でもOKって事は、墓地や除外されている「D-HERO」モンスターを使って《D-HEROデストロイフェニックス》がを出す事も可能な訳です。

……という事はですよ、《フュージョン・デステニー》で1回、《烙印竜アルビオン》で1回、《神炎竜ルベリオン》で1回って回すだけで、計3回のデスフェニチャンスがあるって訳です。

何なら《神炎竜ルベリオン》でデッキに戻る事で再び《フュージョン・デステニー》できる様になるし、EXデッキを回復できれば何度も何度もデスフェニできちゃう!?《D-HEROディバインガイ》のドロー効果を使って除外されたリソースを使って融合できるって本当にインチキ臭いですねぇw

効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻1500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの全てのモンスターの攻撃力は相手ターン終了時まで、自身のレベル×100アップする。
(2):手札・フィールドのこのカードが融合召喚の素材になり、
墓地へ送られた場合または除外された場合、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「デスピアの凶劇」以外の「デスピア」モンスターまたはレベル8以上の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

これは【デスピア】で運用した際の話になりますが、《デスピアの凶劇》《烙印劇城》等で蘇生する事も出来るので、マジでデスフェニのプロ集団染みてるなぁーって思いました(;^ω^)

アルバ・ストライクで更なる強さを手に入れる!

いやぁ、新たな融合体の追加でデッキとして一気に引き締まりましたね!

ルベリオン&ミラジェイドの追加で更に勢いを増す《アルバスの落胤》&「ドラグマストーリー」テーマ!今後も継続的に強化されていくでしょうし、これは目が離せません!

+1

コメント

  1. 同名縛り無いし、ミラジェイド素材にミラジェイド出せば2〜3連打・もしくは毎ターン撃てるんじゃないか、と思ったけど群雄割拠とかその辺の裁定的にミラジェイドが場にいる時はミラジェイドを融合先に選択出来なさそうですね・・・
    一応ミラジェイド→グラビティ・コントローラーを挟んで連打なら可能ですがEX枠的にも実用性は怪しいですかね

    +3
  2. 地味にネクロフュージョンに続いた汎用墓地融合。
    デッキリソースも回復できるしマジで面白そう!現実的なのは記事にもあるデスフェニ回収なんだろうけど。デスフェニ複数積みが当たり前の時代に…!?

    0
  3. これ本当にデスフェニ禁止になるんじゃないか。こんなに出せるようになると。今までアナコンダの方が危ないと思っていたけど。

    +1
  4. ジャドールと相性良さそう。
    ネフィリム連打で減ったデッキリソース回復できるし、エクストラ回復だってできる。

    0
  5. デスフェニのまずいところは①デッキ融合可②素材が汎用的過ぎる の2つでは……
    効果そのものはあってもおかしくないラインだと思う

    +2
タイトルとURLをコピーしました